ドラマW 誘拐のクチコミ・レビュー

クチコミ・レビューTSUTAYA DISCAS

面白いです

投稿者:まるごん 2013年02月20日

こういう作品は好きです。
ツッコミどころは多々ありますが、
短い時間の中で、様々な人間模様が過不足なくきちんと描かれています。
また、万全な警備態勢が取れない中でどうやって犯人と戦うのか、
どうやって身代金を受け取るのかなど三上さんと西島さんの知恵比べも
きちんと描かれています。


誘拐犯と誘拐された孫娘が組んでいるであろうことは、最初にわかってしまいます。
営利目的の誘拐ではないであろうこともわかってしまいます。
(一緒に見ていた友人は全くわかっていなかった・・・)
でも、それをわかった上でも楽しめる作品です。
ドラマとしての完成度は高いと思います。
性別・年齢問わず、楽しめるのではないでしょうか。





かっこいい

投稿者:モモジ 2012年12月24日

西島さん目当てで借りました。とってもかっこよかったです。
三上博もかなり素敵でした。
ストーリーも楽しめました。
しつこいですが、西島さん素敵すぎです。

一本の電話が

投稿者:こうさま 2012年11月24日

評価76点(100点満点)
概ねTVドラマの2時間単発モノでクライム・サスペンスではあまり面白いと納得できる作品は少ないのだが本作はなかなかいけている。
原作と脚本が優れているというのが条件なんだろうが、普通に誘拐という犯罪が行われて、犯人と警察との知恵比べがあって、優秀な警察官が謎解きや背景にあるものを明らかにして事件を解決するという流れとは少し違うところがミソ。
主人公の秋月、会社でリストラを実施するという過酷な仕事を与えられ、その結果として悲劇が起こる。娘を亡くし妻に去られて全てを失い、絶望のどん底にある彼にかかってきた一本の電話が伏線になっている。警視庁内部での人間関係、よくあるキャリア組とノンキャリアの確執、首相という最高権力者も絡む誘拐事件に関与する人たちのいろんな人間模様が語られている。
誘拐事件を担当する警部と犯人秋月との知恵比べ、視聴者にちよっと普通の犯罪とは違うという違和感を抱かせながらもストーリーは進み、どんな手段で身代金を手に入れるのかという興味を抱かせてくれる。
そして事件が解決した時からもう一山あるという展開と全ての謎解きが用意されている。勿論多少の不自然さは否めないが概ね納得できるというドラマ。

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA

レビューを書いてみませんか?

レビューを投稿する