ヴァルハラ・ライジングのクチコミ・レビュー

クチコミ・レビューFilmarks

2.9

観た人
1236

観たい人
1079

投稿者:とし 2021年04月09日

90分ぐらいの短い映画だったけど神話をベースにしてるだけあってあまりにも難解すぎてよくわからなかった。 カルト臭満載のレフンらしいといったらレフンらしい映画ではあるもののもう少し説明増やしてほしかった。

投稿者:もぐもぐ 2021年03月02日

主演の俳優マッツ・ミケルセンは一言も話しません。
なので、本当目力だったり、
雰囲気、演技が上手いなぁと思いました。

暗く重い雰囲気。

北欧神話を、ちゃんと知ってたら
もっと楽しめたなと思いました。

投稿者:ガルベス 2021年02月26日

レフン映画は基本的に好きなんだけど、この作品は「オンリー・ゴッド」並みにハマれなかった。
やり過ぎなバイオレンスモノは好物なはずなんだけど…。

北欧神話とかに関する知識が全くない自分に問題があるのかも。

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA DISCAS

この映画を最後まで見ることができるなんて

投稿者:rudorufu. 2015年03月10日

全体的に重苦しい雰囲気の続く映画。途中で何度も寝てしまった 3回目でやっと全部見れた。内容を理解するのはかなり難しい。時間の浪費に他ならないが、見たかいはあった。ほかの映画が面白く感じるから。

傑作だ。

投稿者:good viewer #1 2013年10月19日

わかったこと

① レビューのタイトルをこれは地獄の黙示録だ、にしようと思っていたらすでに書いてる人がいた。まったく同感だ。

② とにかく映像が美しい。フィヨルドやケルト地方のような森林や台地はけして住みたいとは思わないが映画的にはなんとも言い難い魅力があるとつねづね感じていたが、これはまさにその頂点というべき美しさだ。

③ 北欧やイギリス映画はやはりいい作品が多い。

④ スカンジナビア系の少年少女はほんとうにかわいい顔立ちだ。見飽きない。

⑤ セリフがないとか、あらすじがどうとかいうことを言ってはいけない。 映画はテレビドラマとは違う。 

よかったところ

① 少年アーの髪の色が濃ゆい森や画面の色にじつによく映える。

② 光の当て方が素晴らしい。とくに顔の照らしかたがいい。ときどきわざとらしいが許容範囲だ。

③ 音楽が超カッコイイ。とくにラスト近くのやつは最高だ。 TOOLやパーフェクトサークル(要するにメイナード)が好きなら間違いなくハマる。ドラゴン・タトゥーの女だったらトレントレズナーでハマるがこっちならやはりメイナードっぽいほうがハマる。このあたりも地獄の黙示録のドアーズ(ジムモリソン)と似ている

④ 最もキリスト教的でないものが最もキリスト教的なこと(自己犠牲)をするというこの皮肉。

⑤ 死とハエ。 ありきたりな組合せでもまだまだこういう演出もできる。

映画のよしあしは、その見せ方にかかっています。


ぱらいそさいぐだ

投稿者:恋次郎 2013年05月24日

まぁ、解釈はみなさんお好きにどうぞって感じで観念的というかスタイリッシュというか

最初は多神教対一神教の対立的構図から新興宗教として拡大を拡げるキリスト教のあり方についてかと思いましたが
十字軍のエルサレム奪還への様相から文明・文化論としての宗教侵略になるのかと思ったら航海の様子がパイの話しみたくなりそうで
食べることの人間の業を暗示するようでいて陸地についたら神の子の話しが無敵の強さを誇る主人公に集約されてきて
アフリカの原住民のような方々に自らのパンとワインを差し出すさまは農耕民族の日本人には、ちょっと合点がいきませんでした。

漫画家の諸星大二郎さんの作品に知恵をもたないものが衆生の救済をする「おらといっしょにパライソさ、いぐだ」のほうがキリスト教的なものへの理解はしやすいですね。言語をもたないものが知恵のないものかもしれませんが、

アクション重視で選ぶとキツイ作品です。

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA

んー

投稿者:えすまる 2013年05月05日

私には難しすぎた…

レビューをもっと見る・投稿する