ヘルプ~心がつなぐストーリー~のクチコミ・レビュー

クチコミ・レビューFilmarks

4.0

観た人
17854

観たい人
16110

投稿者:ちぃ 2019年05月22日

60年代のアメリカ南部。
そこは黒人差別の激しい地域で、1人の白人のライターの女の子が、メイドと雇い主の事を世間に公開しようと尽力する。
もし語った事が知れたら職も失い、命さえも危険に晒される為、なかなか協力して貰えないのだが、1人の勇気ある女性が立ち上がり、多くの共感を得る事となる。
今まで誰も語る事のなかったメイド目線での様々なエピソードは、とてもスキャンダラスな内容だった…

この時代のお話は本当に観ていて辛くなりますね…
同じ食卓にはついてはいけない。
同じ食器もトイレも使わせない。
車もレストランも白人専用とか…
黒人をバイ菌扱いするのに、自分の子供を育てさせるのはどんな理屈なのだろう。
幼い子供はいつも一緒にいてくれる、メイドの事を母親の様に慕っている。
それなのに大きくなったら親と同じ様に差別するようになっちゃうのね…悲しくなった
ライターの女の子も同じ様に育てられたのに、ちゃんと人として接してるのにホッコリした。

世間を変えようとする人達はいつの時代も本当に勇気がある
メイド達の話は辛くもあるけど、面白い話もあって引き込まれるお話でした。
勇気ある女性達に改めて拍手

投稿者:m900 2019年05月22日

厳しい時代背景だけど、好きだったなー。

グリーンブックも似た印象だったけど、
こういう伝えられ方って、自然に引き込まれる。。✨

二時間半くらいかな、あっという間だった。

作中の本を作るために時間をかけて(かかってしまってる、ていうのが正しいのかな?)丁寧に気持ちを込めてるところを見ると、やっぱりもの作りて素敵だな、て思った。

白でも黒でもない自分にはきっと理解しきれないところもあるとは思うけど。。
大事な事は目には見えづらい事が多いはず、気をつけて生きなきゃと、映画のメッセージとはずれちゃってるかもだけど、

そんな風に思った平日の夜。

サイコーだ

投稿者:紫苑 2019年05月21日

それでも夜は明ける、の後にみたから尚更辛くて号泣。。
コメディチックに描いてたから、まだよかったけど。

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA DISCAS

感動しました。

投稿者:benjamin 2019年01月28日

人種問題を扱った映画は、なんとなく暗くなる印象でしたが、これはそんなことはなく、とても感動的でした。

とても良い映画

投稿者:サラダ 2018年03月14日

久々に良い映画を見たなぁ、と思える作品でした。
つらい悲しいだけじゃなく、ちゃんといい人も出てくるので見ていて疲れない。
見た後に色々と考えるさせられる映画だった。すっごく良い映画です。

ヴィオラ・ディヴィスの好演・・堂々の主役

投稿者:カマンベール 2016年12月31日

感動しましたね。
しかし原作者が白人女性で、監督・脚本のテイト・テイラーも白人の男性です。
この題材を書こうと思い付かない「アメリカの黒人」に歯痒さを覚えます。
だからトンビに油揚さらわれて、あなたたちは「おこぼれのわずか」しか、手に出来ないのだと・・・。

この映画の原作が2009年のベストセラーで、2011年には速攻で映画化され、ヒットするのですが、
描かれる時代は1960年代。わずか50年前なのです。
その黒人を取り巻く南部ミシシッピ州の白人女性の横暴と偏見に
額然とします。
黒人と同じトイレを使えない!!
黒人は汚ない!!自分の子供達を育てさせながら・・・
新聞社のアルバイト記者のエマ・ワトソンが、
黒人メイド(ヘルプと呼ばれている・・ここから題名がきているのですが)の告発を本にする。
そういう企画をスタートするわけです。
黒人メイドに取って、それは職を失うこと、命の危険さえ意味する行為なのです。
このあたり、あまり悲劇的に描かず、ユーモアある表現で
救われますし、後味もいいです。
アカデミー賞助演女優賞を受賞したミニー役のオクタヴィア・スペンサーの捨て身の好演も光りましたが、何と言っても、怒りを押し殺したヴィオラ・ディヴィスの存在感は圧巻でした。
娘に介護施設に強制入院させられた認知症の母親役の
シシー・スペイセク・・彼女らしい芯のある演技で
光りました。
それにしても2010年代にベストセラーになること事態が、
アメリカの人種差別の根の深さと、後進性を感じました。

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA

めっちゃ泣いた・・・

投稿者:はねゆう 2016年06月11日

「アメリカ南部の、限りなく奴隷に近い黒人メイドと、彼女らに育てられた白人の娘の間に生まれた信頼から始まる物語」という点では「フライドグリーントマト」に通じるところがあります。あちらよりさらにアフリカン系目線で公民権運動時代を描きつつも、登場する女性たちを取り巻く状況ががだんだん変わっていく様子が爽快でした。終盤はめっちゃ泣きました・・・

考えさせられる

投稿者:とら 2013年07月04日

泣くほど感動するわけではないが、人種差別について描かれた作品。
おもしろかったです。

期待し過ぎた

投稿者:大人アレルキ゛ー 2013年06月24日

悪くは無いけど、そこまで傑作ではない。

終わり方はちょっと意外だったけど、だいたいは予想通りの内容でした。

ただ、女優は若手からヘ゛テランまで良いキャスティンク゛だった。

一番の見所はシ゛ェシカ・チャスティンの胸ですね。

レビューをもっと見る・投稿する