捜査官Xのクチコミ・レビュー

クチコミ・レビューFilmarks

3.6

観た人
1251

観たい人
506

投稿者:もー 2019年04月02日

強盗に遭遇してもみあってたら事故死してしまった話。

全体的に静かな感じだけど、アクションもあり面白かった。

なにかと歌で訴えてくる村人が印象的。(そういう文化なのか?)

気次第で性格も変わるという。
気についてもっと知りたくなった!

ラストも好き。

投稿者:こま 2019年03月31日

「捜査官X」という邦題により、どっちかというと現代に近い時代設定かと思ったら全然違いました…
W主演のうちの一人が金城武で、捜査官役だからといってこの邦題はありえないでしょう…
どちらかというと、ドニー・イェンの方がX役なんじゃないでしょうか

なかなかの重厚なストーリー設定と、見応え充分なアクションとでかなり楽しめました❗️

「レッドクリフ」での諸葛亮孔明役の金城武を好きな方は、是非ともこの作品を

ドニー様の本領発揮シーンは、鳥肌モノですよー

投稿者:blacknessfall 2019年03月18日

20世紀初頭、中国の田舎で血みどろの過去を隠して、嫁さんと子供と平穏な日々を送っていたドニーさん。そんなある日行き掛り上、悪党二人を退治することになる。
その見事すぎる殺傷能力から事件の捜査をする金城武に指名手配中の凶悪犯だと疑われ、その過去が暴かれることに。

極道だった過去が暴かれて平穏だった日常に亀裂が入ってくるこの展開。
ヒストリー・オブ・バイオレンスとまったく同じだよ。

このドニーさん版ヒストリー・オブ・バイオレンス、話はミステリーをメインにどっしり据えてドニーさんと過去と現在でドニーさんに関わりのある人のドラマを画きつつ、捜査官の金城武との刑事コロンボ的な駆引きが主軸となって進む。
かなり王道のミステリーと言えなくもない。

でも、そこはドニーさん主演だからしっかりカンフー・アクションもある。このアクションとミステリーのトーンの食い合わせがとても悪い笑
それと、金城武のドニーさんが暴力の修羅であるって見立てていく推理に、北斗の拳ばりのツボ理論(ここのツボを突いて〇〇の神経を切断して~みたいな)を根拠にしたりかなりトリッキー。しかも親切なことに体内で神経が切断されるとこをちゃんと映像化するシーンが出てくる笑
針灸のステイタスが日本より高いのか、"針であるツボを刺すことで性格を変えて人畜無害なふりをしてる"みたいな斬新な推理に強い確信を持ったり、画的にどうってことはないんだけど地味にビックリするセリフや展開が頻発する。

つまり、バランスが悪く掴み所がない変な映画なんだよ。
ミステリーとしてもカンフーとしても異色作と言っていいと思う。
おれはこのヘンテコリンなバランスと読めない展開にハマり楽しめたけど、どっちつかずの駄作としか感じられない人もいると思う。

あと、ドニーさんアクションしないと穏やかなロバみたいな顔で本当に平凡な人にしか見えないんだよな。だから、人畜無害なおじさんにしか見えなくて、過去が血みどろって感じがしないのがよかった。
ヒストリー・オブ・バイオレンスのヴィゴ・モーテンセンはアクの強い顔相だから普通の人畜無害なおっさんて設定に無理があって昔悪党でしたって過去の意外性が弱くなってたんだよね。
つまりハナやアクのなさすら映画のプラス要因にしてしまうドニーさんはすげぇってことです

カラ・ワイにジミー・ウォングという、往年のカンフー・スターが出てたから何となく好意的な評価になったのかも?

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA DISCAS

別に

投稿者:塩胡椒 2019年03月15日

ドニー・イェンのファンじゃないけど、まぁ面白かった

カンフーは使えないけれども、捜査官Xやっぱりカッコイイ。

投稿者:ザマミー 2018年10月18日

カンフーは使えないけれども、捜査官Xやっぱりカッコイイ。住人の夫のせいで、地域がメチャメチャに成ったのに、責めもしないのは驚き。いつもこんな目にあって覚悟しているのか。親子関係は微妙。

清流汚し

投稿者:ビンス 2018年05月13日

一言でいえば
好みではない
このドニーも
この金城くんも
好みではない
そしてストーリーも
好みではない
このドニーでは
ドニーの魅力がちゃんと伝わってこない
アクションもイマイチだし
というかアクションが
イマイチならもはや
ドニーの魅力の半分以上が失われているということだ
そして金城くん演じる捜査官
彼の捜査方法に
説得力が付いてきてない
疑わしすぎてイラっとする
さらにこの捜査官
彼のしてることって本当に正義?
しなければいけなかったこと?
どうしてもなこと?
澄みわたるきれいな清流に
土足でバシャバシャ侵入してきて
いくつもの波紋を生みながら
清流をあっちらこっちら行き来して
その一歩一歩で底の土を踏み荒げ
清流を濁してしまっているようだった
汚してしまっているようだった
つつかなくてもいいとこつついて
解決したって気になってるけど
解決とはこれいかに?
確かにそこにあった信頼と平和を崩して
片腕を失わせて
それが果たして本当に果たさなければいけないことだったのか
正義と書いて「自己満足」と読ませる
最近流行りのキラキラネーム的なや~つではなかったのか
その疑問が拭えない
ゆえに好みではない

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA

武侠

投稿者:keputren 2015年01月09日

原題:『武侠』
1917年雲南省を舞台に展開する謎解き&アクションもの。
とある村の事件を機に、住民・劉金喜に注目する捜査官・徐百九。。
そして、事態は思わぬ方向へ。
徐百九役金城武、阿玉役湯唯、劉金喜=唐龍役甄子丹は素晴らしすぎる。
地味ながらコスチュームも好く、納得の中国映画だ。

おもしろい!!

投稿者:ねこ 2013年10月04日

最後まで楽しめましたよ〜!(o^-^o)

ツボって凄いんですね…

以外に☆

投稿者:アフタヌーン 2013年05月06日

面白かったです♪

金城武が観たくて借りたんですけど、ドニーの強さに惚れました♪
ミステリーとアクションで最後まで飽きない作品だと思います!

レビューをもっと見る・投稿する