武闘拳 猛虎激殺!のクチコミ・レビュー

クチコミ・レビューFilmarks

3.3

観た人
34

観たい人
20

投稿者:J四郎 2020年10月28日

倉田保昭がベンガル虎と戦うアクション映画。阪神ファンを敵に回しそうなタイトルがちょっぴり心配。

倉田保昭はメキシコ帰りの格闘家。最初はマスクをしてアイアンドラゴンとか恥ずかしい名前で出てきます。彼は八百長試合を持ち掛けられてるんですが、そんなのクソ食らえと勝ってしまいます。この手の話にはありがちですよね。

彼には復讐というこのジャンルでは定番の目的を持っております。もう復讐は空手家の義務というか三度の飯より好きなんでしょう。敵の悪党はなんとお城に住んでおりまして、それぞれの主旨を間違った格闘家を子飼いにしている。

その城では死亡遊戯のように敵を倒して上の階へ進む戦いになる。作られた年代からパクってるのかも知れませんな。勝ち進んで行くといよいよトラとのドリームマッチが待っておりました。着ぐるみや置物じゃなくモノホンのトラなんです!それもちゃんと戦ってるように見えます。

あと石橋雅史も鉄の爪を装備して襲ってくるのも見どころ。或いはこの人の方がトラより強そうに見えますがこの映画では・・。
むっちゃヘンな映画ですが倉田保昭の本格的アクションは素晴らしい。

投稿者:ロドリゲス 2020年10月27日

臓器に深刻なダメージを負ってそうな色の体液を吐出している人を見ると例え悪人であってもむごいと感じるという学びを得た。
喉元に刃物を固定して頭に水流を浴びせ続けるという独特な拷問様式がステキ。

投稿者:上海十月 2020年07月25日

なんかもう「お笑いウルトラクイズ」のような感じで虎が出てきますね。倉田保明は、千葉真一より切れがいい。そして、本場香港映画を体現しているだけあって見事なアクションシーン満載だ。なんで倉田保昭で主演映画続々撮らなかったのか不思議だ。和製ドラゴンは、ドはまりですね。話は、完全に「燃えよドラゴン」のまんま。千葉真一のようなお茶目さがないのがちと辛いのかもしれない。

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA DISCAS

武闘拳 猛虎激殺!

投稿者:片山刑事 2014年10月11日

 いきなりメキシコには見えない黒塗りした日本人にしか見えないメキシコ人相手に大道芸みたいなことをしている主人公。

 日本に帰国して家族を殺した相手に復讐するというストーリーですが、とにかくいろんな要素がてんこ盛りでひたすら楽しさを追求した内容で最高の空手映画でした。

 展開が急で、さっきまで笑顔で笑っていたのに次のシーンでは敵に捕まって拷問されてたり。一体いつ誘拐されたんだと。
 【地獄拳】シリーズのようなカタキ役たちの訓練がありそれに字幕が出て謎の武術家たちの修行が描かれたりするのが燃えます。

 主人公に敗れてアル中みたくなってた格闘家が、これまた急に主人公の弟子になってたりするのも凄い展開です。しかもリゾートホテルのプールみたいなところで修行してますが、奥で普通に一般人が泳いでるのが映ってたりします。

 突っ込みどころを挙げたらきりがないですが、そんなこと関係ないです。だってカタキ役は城を持ってるし、虎飼ってるし。警察いっさい出てこないし。

 そして何といっても虎と戦う映像は凄くて死人が出てもおかしくない迫力でした。人間VS虎。

 東映の勢いと楽しさがてんこ盛りの映画で楽しかったです。

虎の穴

投稿者:ムンバ 2013年03月11日

なぜかメキシコ。

倉田先生とお弟子さんの演武もナイスです。
ラスト近くの虎と死闘は今では無理なシーンかも!!
楽しめると思います!

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA

レビューを書いてみませんか?

レビューをもっと見る・投稿する