ロマンティックヘブンのクチコミ・レビュー

クチコミ・レビューFilmarks

3.0

観た人
8

観たい人
33

レビューを書いてみませんか?

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA DISCAS

なぜ、ファンタジーに?

投稿者:レビュアー名未入力 2014年02月02日

母のドナーを見つけようとする娘の話、妻を亡くした男の話、祖父の初恋の話、
それぞれのストーリーが微妙に絡み合いながら、最後にヘブンへとたどり着く。

なんだろう、見終わって思うのは、
ヘブンが必要だったのか。
ファンタジーにする必要があったのかということ。
ファンタジーにした割には、出来事や結果はリアルな結末を迎えるから。
そして、それぞれの話がファンタジーにしなくても成り立つと思えるからなおさら。

初恋の話は泣きました。

最後のプレゼント

投稿者:マオ 2012年12月25日

この映画を見た時 『ハローゴースト』 を彷彿しました。
最後に奇襲をかけてくる だからリタイアは厳禁!!

母  妻  少女  そして  ロマンティックへブン  

ハローゴーストは1人の主人公に纏わる話だが こちらは、複数で絡み合っている。
その分 分かりづらさや中途半端も感じた部分があった。

ロマンティックヘブン タイトルどおり とてもロマンティックな演出が光った
愛する人へ贈る最後のプレゼント 
それは天国に行けた人にだけ与えられた奇跡
私は少女の話が一番泣けましたTT

心が温まる

投稿者:カプチーノ 2012年11月12日

映画ではたまに取り扱われる、現世と天国に関わる物語。
天国があるのかどうかは死んでみないとわからないのですが、希望的には、穏やかな世界がそこにあって欲しいと思います。
本作では、死んだ人、死にかかっている人と残された者、残されつつある者との物語が群像劇として描かれています。
大勢の登場人物たちがお互いに関わりあってくるのですが、その関わり方が絶妙です。
また、コメディタッチでベタベタした流れにしない脚本がうまい。
母、妻、忘れられない初恋の人。かけがえのない人、たいせつな人との別れをロマンッチックに描いていて、後半は涙がポロポロでした。
現実を直視し現実の厳しさを見つめる映画があることも重要ですが、
穏やかな気持ち、優しい心もたいせつで、そんな気持ちにさせてくれる映画も必要です。
夢を与えてくれるということも映画の大きな役割だなあと、この映画を観て感じました。
心が温まります。

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA

レビューを書いてみませんか?

レビューをもっと見る・投稿する