沈黙の魂 TRUE JUSTICE2 PART6のクチコミ・レビュー

クチコミ・レビューFilmarks

2.1

観た人
66

観たい人
18

投稿者:ToruHashimoto 2020年06月29日

#沈黙シリーズ
「沈黙の魂」

シリーズ最後の6作目。
それにしても終わり方はひどい。
どういう事なのか?

投稿者:R 2020年03月30日

ついにtrue justiceシリーズもラストか。
て、まさかの完結せんパターンw
アナとジョニーは捕まるし、サラとシムズは結構重傷を負いながらも逃げてるし、カストロは救急搬送されるし、セガールは姿を消すしで一体どうなるんこのチーム。
true justice3シリーズ頼むわー!

投稿者:NobuyukiIshii 2020年03月26日

うわー、これは完璧な打ち切りENDじゃないですか!黒幕を仕留められず、チームは離散。続編を作る気満々だったのでしょうけれど、8年経った今、続編が作られないということは!セガール隊長、頼みますよ。

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA DISCAS

セガール、裏切る

投稿者:みなさん(退会) 2016年04月04日

最初に言いたい。


――えー、マジかよ!?


スティーブン・セガール製作によるTVシリーズ第2シーズンの第6弾。最終話。ふざけんなよ、と言いたい。(汗)

――最近、カナダからシアトルにかけて多数の死体が見つかっていることから、FBIが捜査に乗り出す。ほとんどが犯罪者だったが、リストにはCIAのマーカスの名前もあった。
一方、核爆弾を奪取したケインたちだったが、犯罪組織“ゴースト”が放った刺客に襲撃され、活動拠点である“パシフィック・イエローフィン”号を失ってしまう。
……というお話し。

この後、ケインたちは、“ゴースト”=アイドランに繋がる情報を得ようと、核爆弾をエサに取り引きを持ち掛ける。そして、まんまと情報が書き込まれたSDカードを手に入れる。
ケインは、このSDカードを使ってアイドランを誘き出すことに成功する。それは、カナダとの国境近く。チャンスは一度きりの長距離狙撃だった。物語は、この一点に収斂して行くことになる。

チームは満身創痍で、ワケが分からないながらも、手に汗握って観てしまった。(笑)

そこまでは、いい。

でも、あのエンディングは、何?
アイドランは取り逃がし、ジェシーはFBIに逮捕され、サラとシムズは逃げおおせたものの怪我を負っている。
なのに、ケインは、
「マズいことになった。全員地下に潜れ。必ず捜し出す!」
と言って逃げてしまう。さっさと……。(溜息)

おいおい、いいのかよ! アイドランの正体も明かされないままじゃん!
『TRUE JUSTICE 3』があるならまだしも、ここで終わるなんて、視聴者の期待を裏切る行為だ。いつか必ず完結してくれることを切に願う。(「バカヤロウ!」「ふざけんじゃねぇ!」と啖呵を切れないのは、ビビっているからです)

イライジャ・ケインを演じるのは、S.セガール御大。本ディスクに収録されたメイキングの方が見応えがあるかも知れない。それくらい本作品は動かなかった。

サラ・モンゴメリを演じるのは、サラ・リンド。いかつい男どもの中で、1人で頑張っていた。このシリーズ、第1話から最終話まで“完走”したのは、彼女だけだった。

マーク・シムズを演じるのは、ロックリン・マンロー。大根役者だったなぁ。(笑)
ジェシー・ガルシアを演じるのは、ジェシー・ハッチ。“スポッター”役を機にして、沈着冷静なキャラクタを作り上げて来た。それがカタチになりつつあっただけに、ここで終わってしまうのは、残念だ。

監督は、ウェイン・ローズ。そこそこまとまりのある作品に仕上げている。

映像特典として、メイキングとキャスト&スタッフのインタビューが収録されている。

スティーブン・セガール出演作品も、ここまで49本。よく観て来たなぁと自分で感心してしまった。B級映画を楽しむには、忍耐とおおらかさが必要だと教えてくれた。
現代では得難いキャラクタなだけに、ますます盛んにB級映画を撮って欲しいと思う。(たまに、出来映えのいい作品に出て下さい。ツラいので……)

だから、「セガール御大のためにシリーズ全部観なければ!」と、使命感に燃えている方にだけ、オススメ!(笑)

欲求不満爆発

投稿者:ひとこと言いたい 2015年12月30日

なんじゃこりゃ~~~!!! 

なんでここで終わる?!
最終章も早く出してください!!

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA

レビューを書いてみませんか?

レビューをもっと見る・投稿する