コロンビアーナのクチコミ・レビュー

クチコミ・レビューFilmarks

3.4

観た人
4493

観たい人
1138

投稿者:イチロー51 2019年04月08日

アクション映画です。
ゾーイ・サルダナ主演!

ストーリーは単純ですが展開が早く飽きずに観れますね。
アクションシーンは非常にカッコよかった!
予備知識もなく観ましたが面白かったです!

投稿者:ぽいど 2019年03月14日

リュックベッソンの「いつもの」アクション映画。ニキータと本作は対比されてるようだが、どちらかと言えば96時間のようなテンポ重視でシリアスなアクションものという印象。にしても雑な映画である。ニキータのような日常との対比描写が上手いわけでもなく、淡々と復讐を遂げるだけ。殺しの訓練や師匠との別れなど、じっくり見たいドラマ部分がアッサリしすぎてる。アクションで爆発させるための火薬が圧倒的に足りてない。ゾーイサルダナはカッコよかった。以上。

投稿者:Uzuki 2019年03月14日

アッサリと復讐を終えてしまう脚本や予想がつく展開など浅い描写はあったが、アクションは見応えあってよかった

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA DISCAS

戦う歯ブラシ

投稿者:みなさん 2016年08月10日

良くも悪くも“リュック・ベッソン印”。(笑) アクション・シーンは滅法面白かったけど、それ以外は特にどうと言うことのない作品。



――いやいや、正直に言えば、ノレない作品だった。(苦笑)
何だか、自業自得って感じなクセに復讐を果たして涙ながらに恋人と別れるラストシーンに至っては「勝手にしてくれ!」と思ってしまった。(苦笑)

――南米コロンビア。マフィアの幹部だった父親と母親を殺されたカトレア。彼女は、何とか殺し屋の手を逃れ、アメリカ大使館に助けを求める。9歳の彼女に出来ることは限られていた。
CIAに警護されて米国に上陸した彼女は、スキをみて逃げ出す。そして、シカゴの叔父の許に身を寄せることになる。しかし、叔父もまた、裏社会で生きる1人だった。
カトレアは、両親の復讐を果たすために殺し屋になることを誓う。
14年後、殺し屋としてのスキルを積んだカトレアの復讐が始まる。
……というお話し。

言ってみれば、ヤクザがオトシマエをつけるお話しだ。ヤクザ映画がキライな私は、のっけから不満たらたら。ついつい画面に向かって呟いてしまった。
「……何だそれ?」

9歳の女の子が殺し屋の手にナイフを突き立てるシーンから始まって、“ジェイソン・ボーン”のような超人的な身体能力を発揮してマフィアから逃げるシーンでは「何者なんだよ、オマエは!」と思わずツッコんでしまった。(笑)

叔父もまたヒドイもので、白昼堂々と通りすがりの車を銃撃して9歳の女の子に説教する。
「バカじゃないの、コイツ」
ま、バカじゃないと裏社会なんかで生きては行けないだろうから、これはこれで正しいのかも知れない。(苦笑)
でも、「カタギには手を出さねぇ」という古い日本のヤクザ屋さんの口上を見て来た身としては、「こんなヤツ、とっとと殺された方がいいんじゃない」と思わざるを得ない。

“カトレア”というキャラクタに共感できるように、ストーリーに恋人との生活や別れを盛り込んだのだろうけど、写真撮影はNG、Hしたい時に来て、数時間で帰って行く……。
それって「風俗嬢じゃん!」と思ったのは、私だけではあるまい。(笑)

カトレアは、黒幕をあぶり出すために殺しの現場に痕跡を残す。猟奇殺人鬼のようなマネをして、「おまえ、本当に学校行ったのかよ」とツッコミたくなる幼稚さ。
善悪の区別がつかない社会病質者は9歳児と同じだと言うが、まさにそんなカンジ。

挙げ句、叔父やおばあちゃんや仲間を殺されてしまう。
「おまえが変な痕跡を残すからだろ。バカじゃないの?」
そんなんで泣かれても同情できない。
「だから言わんこっちゃない」としか言えない。(笑)

クライマックスの屋敷への襲撃シーンは、往年の名作『男たちの挽歌2』みたいで面白かったが、黒幕への復讐を番犬まかせにしたのはいただけない。
「こんなことして、動物愛護団体から抗議されるぞ」
――と言うか、クズみたいな人間を殺すハメになったイヌ君たちが可哀想だ。(笑)

一番笑えたのが、カトレアが歯ブラシ2本で戦う場面。戦う歯ブラシを見たのは初めてだ。
ここだけは、爆笑したけど、感心してしまった。(笑)

いずれにしたところで、1ミリも共感できなかったのは確か。オススメ致しません!(ヤクザ映画は嫌いだしね)

[追記]

ゾーイ・サルダナの素晴らしいプロポーションは見応えがあった。それに、9歳のカトレアを演じた女の子の目が印象的だった。その2点だけは、観るに値します。(笑)

悪党を転がすヒロインの技が見所

投稿者:ムービードリンク 2015年10月09日

コロンビアーナ

幼少時、親が目の前で殺され、何とか逃げた娘が頼った父の親友の元で、大人になり殺し屋の腕を磨き、単独で復讐行動をしてたが、FBIが徐々に迫ってきていた。凄腕の殺し屋のスキルで復讐は出来るのか?
星3.7 期待しないで見た分更に良かった。

殺し屋のどの様に殺すのかが見所で、身近な物を使う、身のこなし、全て彼女の想定通りになる所がカッコイイ。オススメ!


ニキータとは違う

投稿者:ヒイロフィッシュ 2015年06月28日

全体的にうまくまとまっていたが、不要なアクションを無理やり入れたり、
主人公の頭がかなり悪い気がします。
結局、目的のためなら他はどうなってもよいという工作員のような冷徹なわけでもなく、
無茶苦茶やってるわけでもなく。
殺し屋か、普通の生活かという選択の部分ももう少し丁寧な演出をすればいいのに。
駄目な点が多く見えましたね。いい点もあるんですが、言葉足らずというか、演出足らずというか。

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA

自己中な暗殺者

投稿者:うっちぃ 2014年07月23日

ファミリーを重んじることなく、個人的な復讐に燃えるあたりや、手掛かりを残したり、ロマンスも楽しむなんてお馬鹿さんな暗殺者。

展開は簡単に読めるし、派手なアクションでカバーするしかない。
突っ込まずに見れば、それなりに楽しめるかも。

残念・・・

投稿者:ニューヨーカー 2013年08月16日

前半部分の緊張感に比べ、後半部分は大味。あれだけの力を身につけたのなら、最初から復讐すればよかったじゃない、と突っ込みたくなる作品。レオン、ニキータを比べようもなく残念。

ぼちぼち。

投稿者:ミニ評論家 2013年03月14日

冒頭の少女時代のシーンは良かった。これから始まるつかみとしては最高!(^^)!しかし、尻つぼみでした。この手の作品はどうしても、レオンやニキータと比べてしまうので判断が難しい。

レビューをもっと見る・投稿する