フロントミッション 革命の反逆者たちのクチコミ・レビュー

クチコミ・レビューFilmarks

3.4

観た人
15

観たい人
111

投稿者:犬 2021年05月04日

祈り

スペイン内戦の中、真逆の人生を歩む親友同士の皮肉な運命を描く伝記ドラマ

過去
はじめに戻るパターン

長い年月
淡々と描かれます

それぞれのドラマ
なんとも言えない

アクションは良い

雰囲気ありました

投稿者:おけい 2020年10月15日

ロドリゴサントロ目的。

TSUTAYAのレンタルに無かったので、だいぶ前にメルカリで500円で買ったコレクション✨

ロドリゴサントロはマジでいい男だな〜と改めて感じました。あの色気はどこからくるのかしら

映画の内容は戦争映画と思いきや、スペイン内戦下の人間ドラマに主軸を置いています。邦題とジャケ写があまりいけてないせいもありかなり損してるかも …

ローランドジョフィの『キリングフィールド』が感動したのでかなり期待して観たのですが、若干肩透かしにあった感じも。

オルガキュリレンコも出演してるのでファンの方は見る価値あるかもしれません。自分はロドリゴサントロ目的だったので満足です☺️

投稿者:ジャイロ 2019年05月15日

1936年。激動のマドリード。スペイン内戦を舞台にした映画ってあんまり観たことがないので結構期待してた。オプスデイの創立者にして聖人のホセマリアエスクリバーを描きながら、もう一人の男の苦悩の人生を描く。

欲張りすぎ。どうせならどっちかにした方がいいと思う。だって序盤から突き放してくる。バンバン置いてかれそうになる。もうちょっとじっくり進めても良かったんじゃないかな?展開速すぎるからついてくのがやっと。ひとつひとつのエピソードは良かったけど、せっかくのスペイン内戦が、おぼろげにしか伝わってこないもんだからもったいなくって。

更にその恋は無理ゲー。あまりにも切ない。だけど、せまるほど感情移入できないのは何故だろう。できないのか、させないようにしているのか、私にはよく分かりませんでした。だけど浴びるようにドラマでした。

ものすごく金かけて作ってるのは伝わってくる。人もそうだけどセットもすごい。好きです。でもセリフは英語だし、所々アメリカっぽい演技が目についてしまうので雰囲気が…。せめてスペイン語なら良かったのに。あとエピローグの日本語訳、年代間違えてるから二度見しちゃった。ここは間違えないで欲しいです。

ジャケットの躍動感は誇大広告。原題殺しの邦題は絶対に違う。だってスーファミのフロントミッションのノリで観ちゃったから、肩すかしされてつんのめって転んで一回転して受け身とってケガなし。

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA DISCAS

最高でした。

投稿者:ともこさん 2014年01月13日

カトリック教徒ではないので、聖人ホセマリアの存在は知りませんでしたが、
この作品で初めて知り、そして、とても感動しました。

ちょっとハリウッドの調子から外れた懐かしい感じの古き良きヨーロッパ映画という
雰囲気、音楽、描写、構成すべて◎。掘り出し物です。

オルガ・キュリレンコとリリーコール。美しくて魅力的でみとれちゃった・・・

ウェス・ベントリーも「アメリカンビューティ」以来、少し落ち目?とおもっていたけど
これで見事にスターにカムバックした感がありました。いい存在感だった。

邦題で失敗している。これじゃぁまるでうっとおしくてやかましい戦争映画みたい
原題どおりTHERE BE DRAGONS のニュアンスを出してほしかった。

Oscar Wilde said: Every saint has a past and every sinner has a future.

It's remarkably easy to join a war.

First before trying to change the world, think about changing yourselves.

いいセリフもいっぱい。

アクション映画や戦争アクション映画が好きなので!

投稿者:Frre Man 2013年09月04日

なかなか面白かったですよ戦争映画は好きなので良く見ますけどやはりたまに考えさせられますね
この映画は主人公が過去の自分のしたことに死ぬまでひきずり自分をせめつづけていたように思いましたが
戦争と言うものはそのような犠牲者をたくさん出したと思いますね!

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA

レビューを書いてみませんか?

レビューを投稿する