強奪のトライアングルのクチコミ・レビュー

クチコミ・レビューFilmarks

3.4

観た人
180

観たい人
93

投稿者:アノ 2020年11月15日

ツイ・ハークもリンゴ・ラムも抜群に良い(特にリンゴ・ラムのパートのイカれた三角関係の描き方!黒沢清みたいな廃墟と映像が印象深い)がジョニー・トーのコメディ仕立てのアクションパートが図抜けている。
照明が落ちた途端に床の銃を拾おうと駆け寄る男たちで爆笑した。

投稿者:伏見ヨシオさん 2020年09月17日

金に困ってる三人が怪しいハットオヤジから突然宝の地図(WEB版)を貰いグーニーズ並みに宝探しするが、お宝を巡って点灯・消灯だるまさんが転んだ大会が開催される

徐ハーク監督、リンゴラム監督はお互い寄せてきてる感はあったけどJトー監督、作風全く空気読んでなくて宜しかった

投稿者:G行為 2020年05月07日

香港のベテラン監督3人によるリレー監督作品。
監督別にシーンが判別できるか意識して鑑賞してましたけど、明確にここから区切りというのは分からなかったですね。

終盤にそれまでの登場人物が終結してのドタバタ劇はジョニー・トーぽいと言われればそうなのかな。
でもトー監督のあまり好きではない作風パターンのやつでしたね。

結論としては、面白い試みだけど作品にそれが良い作用をもたらしているとは言い難かった。。。

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA DISCAS

おもろーい!

投稿者:とらを 2014年04月23日

いやいやホンマおもろかったですわ!
しかし、あの女何なん?病んではんのん?
アッサリ騙される奴も騙される奴やけどさ~
ヤクザに警察官に?な関係の三人いい味出してたよ~
最後に得た物は友情。
いい話でした★

案山子の袋小路

投稿者:レビュアー名未入力 2013年07月15日

ほとんどデン助と化した フランシスベーコンなラムシュー登場で爆笑は よふかしさんやまりこさんがおっしゃるとおりですね 
なんとも楽しい香港活劇でした

特にジョニートーはそうなんですが 日活映画の荒唐無稽さをリスペクトしてますね あのヴィニール袋の馬鹿馬鹿しさ 
また日活映画の凝った照明なども学んでいて 嬉しいですね

今日は信州も久しぶり涼風の夜で すっかり怠っているレヴューを書く努力をしました ははは 
この映画の様に短くてもつなげていかないとね

ふっふっふっふっ♪

投稿者:まりこ 2013年03月12日

原題は『鐵三角』。
「香港映画界が世界に誇る巨匠、ツイ・ハーク、リンゴ・ラム、ジョニー・トーの3人が、独自のルールのもと、それぞれバトンリレー方式で各30分を撮影し、1本に繋げたクライム・サスペンス」(作品資料より)とは前代未聞。
その上(案の定と言うべきか)打ち合わせも脚本も無いってんですから、期待しないではいられません♪

ツイ・ハークとリンゴ・ラム監督はそんなに詳しくないもので、境目がよく分からず。
サスペンスがいつの間にやらドロドロ不倫ドラマと化し……なんなのコレ♪
で、待望のトーさんパート(何故か「さん」付け…笑)、ラム・シュー登場に嬉しくなってしまって♪
辻褄合わせようなんて考えない、スタイル爆発の展開には……もぉ駄目♪
「こんなの有り?」
ひっくり返るコト請け合いのこの結末……遊びますねぇ、香港映画♪
監督がトライアングルなら、主役もサイモン・ヤム、ルイス・クー、スン・ホンレイの揃い踏み。
サイモン・ヤムとルイス・クーは言うに及ばず。
スン・ホンレイは『女と銃と荒野の麺屋』で気になってたんですが、何なんでしょう、普通のおっさんでありながらこの特別感。
ご常連、ラム・カートンもラム・シューもいいですねぇ。

香港映画ファンの皆様に、是非々々にとお勧めしたい。
ふっふっふっふっ……笑いがこみ上げる一本です♪(特にトーさんパート!)

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA

レビューを書いてみませんか?

レビューをもっと見る・投稿する