NHK VIDEO 負けて、勝つ~戦後を創った男・吉田 茂~のクチコミ・レビュー

クチコミ・レビューTSUTAYA DISCAS

感動作です

投稿者:ありす 2017年01月25日

戦後、日本がどう復興していったのか、分かりやすくドラマ化していると思います。「戦争には負けたが、今度は外交で勝つ」とおっしゃっていた、吉田総理の思いや、実行力は今も勉強になります。単純に面白いドラマとしても楽しめますけどね!

雰囲気がいい

投稿者:レビュアー名未入力 2016年02月09日


渡辺謙さんを目当てに借りてみました。
政治的なことは全く分かりませんが、戦後間もなくの政界の雰囲気とか、謙さんと松雪泰子さんの大人な関係にどきどきしました。
ロケに使われている和洋折衷な建物にも興奮。笑

有名な歴史的場面が一瞬で終わってしまうところにはびっくりしました。

かっこよくて大人な謙さんを見たい方におすすめです。

近代史のお勉強で

投稿者:ちょ 2013年11月08日

今の世の中を吉田さんが見たら、なんて言うだろうか?
バカヤローって言ってくれるだろうか?

戦後すぐの日本、そして独立までの立役者の吉田茂の半生です。
テレビで放送されたとき、運悪く1話目を見逃し、DVDになるのを待っていました!!

あの政治家のおじいちゃんがこの人なの?という発見が多くて驚き。
「誰もが知っているすごいおじいちゃんがいたのに、孫はこれでいいの?」って。
売国奴に成り下がった孫もいますからね。
友愛とか、ふざけてるの、マジで??
どーなの、ホント!?

戦後の日本史は、ほとんどタブーみたいな感じで、中学時代の教師は教えなかった。
「テストには出さないから、あとは興味のある人は読んでいおいて」と強制自習でした。
それでいいのか??

内容ですが、もうね、器が違います、器が。
当然、昔にも私利私欲の塊みたいな人がいたでしょう。
でもね、本当に国のこと、国民のことを思って行動している人(特に政治家)って、どんだけいるんでしょうか。
政治屋ばかりじゃないでしょうかね?
あの頃活躍した政治家の孫やひ孫の代になった今、なんかこう、どうなの?って感じですね。
なんでこんな人が政治家なんだ?っていうのは、日常茶飯事になりました。
でも、結局、そういう人を選挙での甘言とかに釣られて投票しちゃう私たちにも問題があるんじゃないだろうか?とか。
もし仮に、吉田茂みたいな人が今の日本に出てきたら、きっと有権者たちは選んだり、支持しないんじゃないだろうか?
こんなに頑張った人がいる。
私たちも、本当はもっと頑張らなきゃいけないのでは?

GHQ→Go Home Quickly・・・これ、ホントの逸話なの?

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA

レビューを書いてみませんか?

レビューをもっと見る・投稿する