最強のふたりのクチコミ・レビュー

クチコミ・レビューFilmarks

4.1

観た人
136126

観たい人
56960

投稿者:あいふ 2019年05月20日

観たことあるものだった、
良かったけど内容忘れてたのかなと思うと、それほど響いたわけじゃなかったのかなとも。

投稿者:naococo 2019年05月20日

爽やかに、楽しく2人の友情を描いた作品。
Less is more.
思い知らされた。
言葉以上に雄弁なこのストーリーから持ち帰る感情は人それぞれ違って、それがいい。

投稿者:Satsuki 2019年05月20日

人と、対等に向き合うことでしか、関係は深まらないのだということがよく分かる映画だった。

何のカードを持っているか、よりも、どんな心と姿勢を持って生きるか。

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA DISCAS

ただただ、ドリスが美しすぎる。

投稿者:610 2018年10月18日

実話を基にした、、と言われたら飛び付く人とどーせ感動ものでしょ、とわかれるかもしれませんが私は前者。

何となく空いた時間に心を満足させられないかと見つけたのがこの作品でした。まず、タイトルが結構好きなのと、ジャケ買いというんでしょうか?車イスで失踪する楽しそうなふたり。

ふむ、見てみようかなと面白くなければやめたらいいし。と気軽に見始めたら映像が綺麗でなかなかテンポ良くするする見続けられました。

そして引き込まれたのはドリスの美しさ故でもありましょう!
なんて、絵になるお方なのですか~。
窓の外を見ているだけ、後ろ姿だけ、それだけで写真のように美しい。

ストーリーも、きっちり起!承!転!結!てわけじゃないのにわかりやすく(これって大事じゃないかな?)じわっと染み込んでくる感じでした。

人の優しさとか、逆に当たり前にしている失礼なこと、マナー、人と人の関わり方をふんわり再認識しました。
最後まで美しい映像と素敵な音楽で彩られていて満足でした!

合う合わないはあると思いますが、まず出だしを試してみてはいかがかな?と思います。

私は今年見た中で一番好きな映画でした。

レビュー書かないと☆つけられなくなったので

投稿者:ああああ 2018年07月04日

レビュー書かないと☆つけられなくなったので 

なんていい奴なんだ!

投稿者:趣味は洋画 2018年06月17日

なんていい奴なんだ!
勿論、ドリス(オマール・シー)です。
健常者と障がい者という重いテーマに切り込んでいますが、楽しい気分にさせてくれる映画ですね。

こういう映画に対しては、往々にして、利口ぶって映画を斜め目線でみたり、‘裏側から観て評するとこうなんだよ’...などと感想を述べるフェイク評論家がいますが、残念に思います。まあ、人それぞれでいいんですけど、こういう映画は素直な気持ちで観たい...そう感じました。

そして気持ちを新たにさせられました。(内容は多くのレビュアーの方々が書かれていることです)

フィリップ(フランソワ・クリュゼ)が外出する際、車椅子ごと後部へ乗せようとするのを見たドリスは、助手席に乗せます。ドリスにとってはこれが当たり前で、普通の人と同じように接する一端です。

そもそも介護者の仕事の面接に来た段階で、フィリップはドリスの飾らない性格を見抜いていた(そして賛同していた)のでしょう。他の応募者の、ありきたりの自己PRにはウンザリで、自分に対し、腫れ物にさわるような気づかいに辟易していたのでしょう。
実際、採用されたドリスはフィリップにだけでなく、イヴォンヌ(アンヌ・ル・ニ)やマガリー(オドレイ・フルーロ)等、周囲の人たちへも同じように本音で接します。それをフィリップは見ています。
勿論、ちょっとやり過ぎで脱線するところもありますが、フィリップにとってドリスの生き方は、ある意味新鮮に映ったのかもしれません。

そのドリスも、身体に障がいこそ抱えていないものの、スラム街の貧しい家の出身で移民系です。
差別意識の激しいフランスで、まともに仕事を得て従事するというのはなかなか厳しいことだったのかもしれません。ドリスは自分の複雑な家族構成を、フィリップに明らかにします。
しかも多人数、お金に困って失業手当を継続的に得るため考動も理解できます。
映画はそういった、フランスの暗部にも目を向けています。

前半、フィリップが知人から、ドリスの過去を調べた内容をもとに忠告されるシーンがありますが、フィリップは言います。‘(ドリスは)障がい者に同情していない。相手の過去などどうでもいいことだ’ まさにこれです、納得感がありました。

障がい者に対して特別扱いや、特別視をしない...果たして自分に出来るかといえばまったく自信はありません。でも考え方として、そういう気持ちを持つことも時には必要なんだ...そういう新たな気持ちにもさせられました。

でもコメディ調のドラマ、笑えるところは思い切り笑えました。
そして、高所恐怖症の私、パラグライダーなんてムリ! 絶対ムリ!

イヴォンヌを演じた、アンヌ・ル・ニという女優さん、ユーモアがあってなかなか良かったです。

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA

フィリップの笑った顔

投稿者:jin 2013年10月02日

専門知識や経験がない分、対等な接し方ができて自然と親友に。よだれを垂れ流して身障者の発作のフリをする身障者、楽しいです。フィリップの笑った顔がすごくいい顔。観てて音楽が最高に気持ちよかった。とくに飛んでるシーン。彼はダスティンホフマンに激似です。

人との出逢い

投稿者:遥 2013年06月12日

息子と一緒に観ました。人との出逢いの大切さ・・その後の人生への影響を話す事ができました。

楽しくなるけど。。。

投稿者:あんじぇら 2013年05月29日

全体的に、見終わった後、気分がよく楽しくなれる映画だと思います。

エンドロールの直前に、この映画のモデルとなった人たちのその後が出てくるのも良し!

でも、少し感情移入はできない。

でも、見て損はない!

見てない人は、ほっこりしたときに見るべし。

レビューをもっと見る・投稿する