エアポート2013のクチコミ・レビュー

クチコミ・レビューFilmarks

2.2

観た人
123

観たい人
17

投稿者:勝沼悠 2020年09月16日

 太陽光フレアで世界中の電子機器が停止。世界中の飛行機に脅威が迫る!

 これ、航空機全滅とかサブタイトルがついてるのですが、一機の飛行機に焦点を絞ってしまっているので、世界中が大混乱な感じが台無し。それなら太陽フレアいらないじゃん。。。

投稿者:かーくんUPDATE 2020年05月29日

ストーリー★1.7
吹替え度★2.6
リアリティ度★0.5
エアパニック度★2.7
総合度★2.0


アルバトロス、エアポートシリーズ♪

※ジャケ写詐欺はこれから触れない事にします♪

さて今回は太陽フレアが飛行機に直撃!機器中途半端にぶっ壊れる!機長感電死!副操縦士重症!果たして無事着陸出来るのか!!!のお話ですw♪♪


感想は、終始残念な仕上がりで御座います…。
この作品は基本的に観なくて良いですよ。。
エアパニック映画研究家の方は是非鑑賞して下さいw♪♪

#エアパニックとんでも設定シリーズ

投稿者:すくいど 2020年02月15日

太陽フレアで上空7000機の制御が不能になるそうなんですが、あんまり飛行機は出てきません。
悪くはないです

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA DISCAS

マジメなのか不真面目なのか、よく分からない

投稿者:みなさん(退会) 2017年04月24日

滅茶苦茶なデザスター映画ライクなTVM。だんだん馬鹿馬鹿しくなって来たが、この路線はキライじゃない。(笑) その内、“壁”を突き抜けて、とんでもない怪作が登場するのではないかと期待するからだ。(そんなワケないか……)

――巨大な太陽フレアの影響で電磁パルスが地球を襲う。地上では送電網がダウンし、大規模な停電が発生する。現代では、ほとんどの機械に電子機器が使われているが、それらが全て動かなくなる。
飛行中の旅客機も例外ではない。無線が使えなくなり、管制室との連絡も途絶する。
シカゴ発ロングアイランド行きのコンテック 108便は、自動操縦のシステムが故障。機長は死亡し、副機長も重傷で意識不明。徐々に降下を続けながら飛行していた。
事態に気づいた運航部の副部長で客室乗務員として乗務訓練中のジェイク・ロスと作家のケイト・パークスが、旅客機を着陸させることになる。
……というお話し。

滅茶苦茶な設定のわりには、中盤にヒューマンドラマを盛り込み、終盤はコミカルな演出が目立つ。マジメなのか不真面目なのか、さっぱり分からない。こういう節操のなさは、C級映画を連発しているフレッド・オーレン・レイ監督らしい。(笑)

作家のケイト・パークスを演じるのは、ティア・カレル。お世辞にも美人とは言い難いが、独特な面立ちには迫力がある。

運行部の副部長ジェイク・ロスには、デビッド・チョカッチ。知らない役者さんだが、何と言うか、“茹で上がった”マイケル・ビーンみたい。(笑)

ケイトの母親役には、ディー・ウォレス。『E.T.』で主人公の母親を演じていた。(ナツカシイー!) 当時は、“普通のおかあさん”役をやらせたら、この人以外にはいないってくらいハマる女優さんだった。いまは“普通のおばあちゃん”か……。(苦笑)

出番も少ないし見せ場もないけれど、ケイトの娘サマンサを演じたジャニス・ピーブルズ(ジャニス・バルデス)がキレイだった。濃いめのメイクはいただけないが、普通にしてくれたら、ディ○ニーChのドラマにキャスティングされそうなくらい良い雰囲気を持っている。是非とも作品を選んで良い女優さんになっていただきたい。

カメラはそこそこ良かった。カット数も多い。比較的よく動いているし、2台のカメラの配置も的確だった。
ただ、管制室のセットは、いただけない。あちこちの作品で使われており、見覚えがある。デコレーションが安っぽい上に、人員が2人だけって……。(笑) 安く仕上げたい気持ちは分かるけど、もうちょっと頑張って欲しかった。(苦笑)

正直、「何でいつも貨物室なんだよ!」とか、「犬は暴れないのかよっ!」とか、「電子機器がダメになったのに、どうして旅客機のエンジンが動いているんだ?」とか、ツッコミどころには事欠かない。でも、それに目くじらを立ててしまうと人生はつまらなくなるので、役者さんたちの“ゴッコ遊び”を親になった気分でおおらかに見守りましょう。(笑)

だからって、オススメは出来かねますので、好事家の方だけどうぞ!(笑)

BからCの間ですが・・・

投稿者:okeihan 2013年07月28日

子供のころに見たエアポート○○?を思い出して借りてみました。
確かにB級からC級の間ですが、それなりに楽しく見れました。

予告編につられて・・・

投稿者:おたまちゃん 2013年04月13日

ものすごーい期待大の予告案内に、騙されたつもりで、観たくなりました(笑
だいたいが・・・B級作品の映画の新作案内でしたから・・・
案の定な出来でございましたね

いや・・役者はいいんですよ
芝居もいいし、それなりに、キャラが描かれてる

ていうか・・・エアポートシリーズの最新映画ではなくて、どうも、あちらのテレビドラマ的な作りでしたねぇ
なんかのスペシャルドラマだったのでしょうね
所々の、画面の切れ方は、CMが入ってたと思えば、納得出来ますし

壮大なパニックが起きてるというのに、管制官がたった二人ていうのも、あり得ないし
確か・・60人以上の乗客がいるはずなのに、客室乗務員はあの人だけ?
機長は亡くなり、副操縦士も重体でどうにもならんというのに、騒いでるお客さんは たったの数人とかw
つつきだしたら、幾らでもでてきますがwww

低予算のテレビ制作なら(それでもなぁ・・・もう少し手、入れられるだろうに・・・)
こんなものかもしれませんけど、それでも、最後まで、あり得ないけど、それなりに楽しめたのは
彼女と彼の演技が良かったかもしれません

まぁ・・お気楽に観るには丁度いい具合です
吹き替えもちゃーんと、ついてますしね(笑

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA

レビューを書いてみませんか?

レビューをもっと見る・投稿する