ナイトホークスのクチコミ・レビュー

クチコミ・レビューFilmarks

3.3

観た人
299

観たい人
139

投稿者:ippo 2019年05月01日

そもそもスタローンのアクション映画でメッセージ性というかストーリー求めている人はほとんどいないだろうけど、この作品はその中でもダントツでメッセージ性が薄いというか無味なので逆にすげーなーと。

スタローン演じる敏腕刑事が相棒と一緒にテロリスト対策チームに配属されてテロリストをやっつける話、で全部終了。他はラスト展開の伏線だったりそういう感じの描写で終わり。

軽く調べてみると真偽は不明だけど実際はもっとキャラクターの描写に踏み込む場面を撮ってたらしいけど最終的に配給の指示で全てカットされてしまったようで、それを見てこの薄味さに全て納得出来た。

内容的には役者陣の演技が良くてテロリスト役のルドガー・ハウアーの風格は中々のもの。スタローンの眼力も満足感アリ。
カットされまくっただけあって90分ほどで終わるのであっさりとした映画を見たい時にちょうどいいかもしれない。

投稿者:りょーこ 2019年03月16日

1981年製作
あまりアクションないけどアクションコーナーにいましたw

ヒゲもじゃシルヴェスター・スタローン
vs
イケメンなルドガー・ハウアー

ガン・アクションや素手喧嘩は少ないものの、爆発シーンは迫力あり!



残忍過ぎて組織からも愛想を尽かされたテロリスト、ウルフガー。
顔もバレてしまったので、整形してルドガー・ハウアーになり、ニューヨークへ。

一方、特捜班に配属されたディーク(シルヴェスター・スタローン)と、相棒マット。
長々と対テロリスト講義を聞かされ、ぶーたれる。

で、街に出ると、割りとすぐにウルフガー発見。
追いかけるが、キレたウルフガーは更なる事件を起こし………



女装スタローン( ´∀`)

初っぱなから、なんかおかしいなぁ…でも脚キレイ…
と思ってたら、スタローンでした(笑)

男性って脚キレイな方、多いですよね~
笑ってはいけない時の浜ちゃんとかw
タイツを履くとなお良し!

古さもあり、展開に真新しさはありません。
対テロリスト講義は、少しプロファイリングぽくて楽しいかった♪

古き良きクライム・サスペンスですね~☆

投稿者:映画JP 2018年12月23日

シルヴェスタースタローンを観るために鑑賞。連続爆弾魔を追う刑事。整形し逃げる犯人。動く電車に飛び乗る。

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA DISCAS

80年代初頭の対テロ作戦

投稿者:さっちゃん 2015年12月20日

 公開が1981年ということで、70年代末に欧州で吹き荒れたドイツ赤軍や赤い旅団など極左過激派(これも今じゃ私語だけど)のテロを背景にした刑事アクションといった作品です。
 これは多分、ビデオで観たと思いますが、まだ若いスタローンが冷酷なテロリスト、ルトガー・ハウアーと対決するという娯楽アクションです。ですから、肩のこらない作品で、ハラハラドキドキして観るのに向いております。
 俳優陣も、主役の刑事ダシルバにスタローン、その相棒にビリー・ディー・ウィリアムズ(『スター・ウォーズ』のカルリシアン男爵)、敵のテロリスト、ウルフガーにルトガー・ハウアー(『ブレイドランナー』のレプリカントのリーダー)、対テロ部隊の指揮官ハートマンにナイジェル・ダヴェンポート(『ファイズⅣ』のマッドサイエンティストっても一般的ではありませんが。)、スタローンの元妻にリンゼイ・ワグナー、ウルフガーの仲間の女性テロリストにパーシス・カンバータ(どっかで見た名前だと思ったら『スタートレック』の劇場版第1作に出てました。このときは頭をすっかり剃り上げてて、おつむの形がいいなと思った記憶があります。)、それに音楽がキース・エマーソンだから、結構、贅沢なキャスト、スタッフですよね。
 でもって、イギリスで爆破テロを実行したけれど組織ともめて雇用主のいなくなったウルフガーが顔を整形してアメリカにもぐりこみ、大々的にテロを仕掛けて、再就職を企てるという傍迷惑な計画に、そんなこと許さないぞと立ちはだかるダシルバという構図な訳です。対テロったって80年代の頭だから今みたいに電子的な盗聴とかなくて、もっぱらヒューミントに頼った情報収集と足で追っかけるという図ですな。
 追うほうも、今ならアサルトライフルか、少なくともサブマシンガンくらい携帯しているものだけど、ダシルバも相棒も拳銃だけ。もっともウルフガーに至っては拳銃だけで予備弾倉も持っていないという、ある意味おおらかな時代だったんですね。まぁ、その分、身体を張ったアクションが楽しめるといえば言えますが。
 クライマックスのケーブルカーの場面ではウルフガーと女性テロリストがイングラムMAC11(『マックQ』でジョン・ウェインが使った45口径のMAC10の弟分で380ACPという中型護身拳銃に使われる弾を使います。)を使い、警察のSWAT(だと思う。)がM16を構えている場面があります。主人公はS&Wの357マグナムとコルト・ガバメントを使います。
 ラストの、あのオチは初めて観たときは、やられたと思ったものでした。今回、改めて観て、スリルを盛り上げる演出がうまいなと思いました。
 最後に余談ですが、ルトガー・ハウアーもこの後、怖い役が多かったのに、年をとるに連れて太ってきて、『ファーザーランド』あたりでは別人かと思いました。最近、見かけないようですが、どうしているんでしょうね。

ただ星つけたいだけ

投稿者:\(^o^)/\(^o^)/ 2014年12月25日

なんども見ようとは思わないが、なかなか面白かったので星3つ。

7点満点中

投稿者:ビリケン 2010年04月01日

1点

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA

乗りに乗った80年代スタローン

投稿者:よすたかず 2012年10月14日

 スタローンの刑事物は数編あるが、当時「帝国の逆襲」で顔の売れたB・D・ウィリアムスと組んだこちらが硬派色が強く一番。顧みるとB・マルムース監督はこれ一本で終わった感があるが、恋人L・ワグナーと本筋の絡みや女装の伏線などドラマ演出は飽きさせず、スラム街の小悪人捕り物、一匹狼の悪役L・ハウアとの地下鉄追っかけや街中ロープウェイジャックなど生身アクションもあり、しっかり見ていられる。冒頭から始まるK・エマーソンの躍動感ある音楽も最後まで調子良い。一方、ロープウエイなど各々のアクション素材は面白そうなのに、あらもう終わり、と感じてしまう点や、主人公の服装・髭などで画面が小ぎれいでない印象があるのが惜しいところ。乗りに乗った80年代スタローン刑事を見るのが最大のポイントだ。

ヒゲ

投稿者:ヒロ 2012年05月31日

スタローンも髭姿が珍しくて良かったです。ストーリーは普通でしたがいい感じでした

待っていましたDVD

投稿者:ばいおにっくまん 2002年08月14日

けして大ヒット作品というわけでは、
ないのにわりと人気のあるB級映画。
髭ずらのスタローンは新鮮だし、
これでルトガー・ハウアーを知った人も多い。そして私のようにリンゼイ・ワグナーがめあての人もいて、待っていた人も多いのではないかと思う。

レビューをもっと見る・投稿する