マッドマックスのクチコミ・レビュー

クチコミ・レビューTSUTAYA DISCAS

アホ過ぎる

投稿者:プロムナード 2020年09月19日

評価が高いので借りてみたが、マックスとその妻の危機感の薄さと対処の間抜けさがミエミエで展開がわかってしまうのが最大の欠点。

淡々とすすむ復讐劇、余計に恐ろしいかも。

投稿者:伝衛門 2018年10月18日

『MAD MAX』

相棒だけでなく最愛の妻子を暴走族グループに殺されてしまった
メル・ギブソンさん演じるマックスの壮絶な復讐劇。

本物の暴走族を採用しただけあって凶悪さ、荒々しさがすさまじく、
スタントマン2名死亡説がまことしやかに流れるのも納得のカーアクションで、
数十年ぶりに鑑賞した今現代においても初見時の感動が蘇ってきます。

ただ、相棒が殺された時点で改めて暴走族の危険性は認識していただろうし、
もう少し家族に対するリスク配慮があってもいいのではないかと…

再見してみると、中盤が少し間延びしたような印象もありますが(結末を知っているからなのか?)、
序盤と終盤をつなぎ合わせてみるだけでもヒーロー誕生の興奮を感じられるのではないかと!

ストイックな23歳のメル・ギブソン

投稿者:趣味は洋画 2018年03月12日

マッドマックス(1979年オーストラリア、カラー93分)

暴走族に妻子を殺された警察官が復讐のために戦いを挑む姿を、ハードなカー・アクションとショッキングな残酷描写で見せるアクション。既に伝説的な作品になりつつあります。

追跡専門のパトカーに乗る警官のマックス(メル・ギブソン)が、暴走族を追跡していた途中、彼らのうちの一人が事故死した。トッカーター(ヒュー・キース=バーン)を筆頭にした暴走族は復讐を開始、街をわがもの顔で走り回り、マックスの相棒のグース(スティーヴ・ビズレー)を焼き殺す。仕事に嫌気がさして辞職したマックスは、妻のジェシー(ジョアンヌ・サミュエル)と息子を連れて旅に出るが、マックスを逆恨みする暴走族は、彼らを追いかけ、マックスの妻子を轢き殺した...。

マックスに扮したメル・ギブソンのストイックな表情と、激しいカーチェイス・シーンが鮮烈な印象を残しています。私も含めて、本作のレビューを書く人の大半は、二度三度と観ているでしょう。
2015年「マッドマックス 怒りのデス・ロード」が公開されて、あらためて本作の良さが見直された経緯がありますね。ただ2015年版は監督こそ同じジョージ・ミラーですが、主演はトム・ハーディで、まったく別物のような印象がありました。

低予算で無名のキャスト・スタッフにもかかわらず、このオーストラリア映画を世界的に知らしめたのは、やはりワーナー・ブラザースの配給権獲得と公開戦略がモノを云ったのでしょう。
本作1本で監督のジョージ・ミラー、主演のメル・ギブソンは世界的に有名となり、後の両者の活躍は云うまでもありません。

完全武装したメル・ギブソンのカッコよさは、当時の映画ファンを釘付けにしました。
黒皮の上下服、肩にはマグナム44、足にはショットガンをしのばせている。それでインターセプターに乗る警官...近未来の設定にも合致して、当時はホントにシビレました!

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA

クルマとバイクは魅力的

投稿者:マティーニはシェイクで 2013年08月31日

オセアニア限定モデルのフォードやホールデンのクルマ、それにカワサキやホンダのバイクが出てくるのは、とても良かった。目を凝らして観ていた。さすが、制作費のほとんどを「マシン」にかけた映画である。クルマやバイクが好きなら、それなりに楽しめると思う。

男の映画

投稿者:砂くじら 2012年04月29日

妻子を殺された若き警官がブチキレて、暴走族にリベンジをするという殺伐とした映画です。

低予算ですが、そのシンプルでストレートな展開と主人公への感情移入のしやすさに思わず引き込まれます。
「暴力は解決になりません」
「報復は報復の連鎖になるだけです」・・・
メル・ギブソンはそんな正論に答えます。

「やられたら、やり返すのが男や!」
黒い特装車、黒い皮ツナギ、黒いサングラスのスタイルで暴走族をブッ潰すシーンはカッコイイの一言!

後味は決して良くありませんが、インパクトのある男の映画と言っていいでしょう。

極悪非道の暴走族。

投稿者:りんじゃぶ 2012年04月14日

対するはメル・ギブソン演じる正義感溢れる警察官・・・ではないんだな。

妻子を殺された(あれ?妻はしんでなかったか?まぁいいや。)警官が、暴走族を皆殺しにしちゃうという現在においてはありえないとんでもないストーリーです。

ま、そこは突っ込むところじゃないね・・・これは。

車とバイクド迫力のチェイスシーンを見る限り、やはり名作。
マックスターンはあまりにも有名です。

メルちゃん、若いです。

レビューをもっと見る・投稿する