チャンスのクチコミ・レビュー

クチコミ・レビューFilmarks

3.7

観た人
1122

観たい人
1501

投稿者:ねぎお 2020年03月30日

ハル・アシュビー監督作品

movie plusにて小堺さんのエイガタリを拝見。明石家さんまさんゲストの回がめちゃくちゃ面白かったのですが、そこでこの映画の話が出てきたんです。
曰く「フォレスト・ガンプ」の元ネタで、ピーター・セラーズの「ピンクパンサー」ネタは「心はロンリー気持ちは・・・」でずっと使いたかったんや・・と。
とーっても気になったので観たんです。

********
アカデミー受賞作品を観よう142(1979年第52回助演男優賞メルヴィン・ダグラス)
********

主演のピーター・セラーズはノミネートどまりでした。
彼は知的障害がありずっと庭師として生活のすべてをお世話になっていた男の役。主人が亡くなり、ただ部屋でテレビを見て過ごすだけだった”チャンス”は、初めて外に出ることに・・。


「ツァラトゥストラかく語りき」のファンクverのような音楽に乗ってチャンスが世界に触れていく様子が流れます。
〈中略〉
まあまあ偶然が重なり、そして彼のナチュラルな反応に、皆一様に驚きながら深読みをしてくれる話。庭のことを話すと暗喩として受け止められるのが面白い!!

ラストは神秘的な、キリストの引用だそうで。
《もう一つのエンディング》がありまして、拝見しましたが、まったく意味合いが違ってくるものでした。これは面白いなあ。
プロビデンスの目まで出て来てまあビックリです。

・・・ラストのNGシーンはなかったほうが良かったように思うんですけどねー。どーかなー。

投稿者:Makiko 2020年03月27日

「ツァラトゥストラはかく語りき」がベースになっているそうで。主人公と周りの人々の話が噛み合ってないのに、あまりに真面目に静か〜に物語が進むので、目が離せない。見入ってしまう。

投稿者:なすび 2020年03月24日

すんげーへんな映画で、見終わった後も「うーんうーん」しか思えなかったけど町山さんの解説きいて「ほーほー」になった!いろいろふに落ちたしこの解説のおかげでめちゃくちゃおもしろい映画だってことがわかった!

主人公のチャンスさんのことを「いい人だった〜、やっぱ知識とか必要ないよね」みたいに全面的に信用できなかったのは監督自身もメッセージを一貫させてないというのがあったからだったのか!(ドストエフスキーがよく使ったマルチボイスという手法らしい)

フランクキャプラの『群衆』がこの話の原点だというので見ねば!

ピーターセラーズずっと誰かに似てるなーニヒルな口もととか、って思ってたのナイツの塙さんって解決してスッキリした〜!

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA DISCAS

ハラハラしながら観る作品

投稿者:Yohey 2018年08月20日

コメディらしいのですが、なんだろう、もどかしい感じになりながら観ていく作品です。いつ主人公の素性がばれてしまうのか、ばれそうな気もするのだがばれない。そこが面白いのではなく、ハラハラしてしまうんですね。コメディじゃないやん。

この手のは、バカを題材にして、世の中をバカにするという感じに描くのですが、相手が誰も疑わない、というありえない設定でいくので、つっこみがなく、笑いにならないんですね。なかなか難しいなぁ。

面白い作品だとは思いますが、ちょっと長いかな。最後のシーンは良かったんだけど、そのあとすぐにNGシーンがでるのは余韻がなくなってしまう。おそらく、これはコメディなんだ、ということを強調したかったんでしょうが・・・であるなら、あのラストシーンはなんなんだって思ってしまいます。

チャンスは神様か

投稿者:daichan 2016年07月10日

主人公のチャンスは、ガーデニングは上手にできるけど、他のことは何もできない(たぶん)
しかし彼に会う人はみな、不思議な安らぎを覚える
彼は地上に降りてきた神様として描かれているのでしょう
神様は読み書きなんかできないのでしょう(たぶん)

悪くはないが良くも無い

投稿者:hiro 2015年06月09日

ジャージ・コジンスキーの原作はニーチェの『ツァラトゥストラはかく語りき』を下敷きにしたものだそうな。だから見たんだけど。
最後の湖水の上を歩いて去るというくだりは、彼が超人となったことを意味しているのだろうけど、周囲の誤解で祭り上げられていくという展開なので、ストーリー的に違和感を感じた。
確かに、純粋な心の持ち主だけど、それは知的障害故の純粋さに見えるし、ニーチェの原作とは全く別の話でした。

悪くは無いけど良くも無い。

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA

毛布のような温もり、体温、心を包む

投稿者:simile 2011年11月14日

思っていたよりもずっとハートフルな内容でした。これ、コメディじゃありません!笑える箇所ひとっつもありませんもん!だからこそ最後はNGシーン入れて欲しくなかったな〜最後の最後まで余韻に浸りたかった。コメディじゃないのにここだけ笑いをちりばめられてもちょっと。さめてしまいます。何も知らないからこそ言えるチャンスの言葉や、温かみ、死を間近に控えたベンの言葉も重く、色々考えさせられました。優しい気持ちになれます。チャンスの笑顔も優しい。。じんわり染みる系です。この世界観、好き。ほんとに大人のおとぎ話。

おもしろかった

投稿者:ラバネッリ 2004年10月05日

普段は字幕で見る事が多いですが、これは吹き替えの方がイイと思います。昔見て、笑い感動しました。

不思議な映画です

投稿者:マサ 2004年04月11日

もの事は簡単に考えればうまく行くんだ!と思わせてくれる映画です。この頃後に残らない映画多い中、この映画は淡々と静かに流れていきますが、生きる勇気が沸いてくるような不思議な映画です。ちなみに全然コメディーではありません。ジャンル変更した方が良いのでは?

レビューをもっと見る・投稿する