男はつらいよ 寅次郎かもめ歌 【第26作】のクチコミ・レビュー

クチコミ・レビューFilmarks

3.7

観た人
933

観たい人
131

投稿者:広島カップ 2020年10月25日

紅白にも出たことのある三人組女性アイドルで現役の人気グループといったら誰でしょうか?Perfumeかな?

Perfumeもいいですけど、昭和生まれで当時青春真っ只中だった私としては彼女達など問題にならないくらいキャンディーズのインパクトの方が強い。私よりももっと上の世代の方に言わせると「いや、俺の時代は断然"美空、雪村、江利の三人娘"だ!」となるかもしれません(揃って紅白出てないし)。
世代間格差とはそういうものです。

そんなキャンディーズの解散二年半後の伊藤蘭。さすがに歴代マドンナに比べると女優としての貫禄に見劣りがしてしまいます。
ですが懸命に北海道弁にチャレンジして普通の女の子の期間もそこそこに健気に女優という新しい分野に挑戦している感じがして好感が持てました。
公開当時の同時上映が『土佐の一本釣り』で田中好子の同じく初出演作品というのもファンを泣かせました。

北海道から東京に出てきたランちゃんが夜間学校に通うことになるのですが、寅がそこを気に入ってしまい授業前にクラスの皆んなを前に自身の昔話を披露して生徒の喝采を浴びるシーンがありますが、寅こそ人生の先生になるにふさわしい人物であることを見せてくれたシーンでした。寅よテキヤ稼業を辞めたら是非定時制高校の先生になるべし。
山田洋次の『学校』は本作から13年後の製作です。

奥尻島のスルメイカ工場で働いているおばちゃん役のあき竹城がスルメの様に抜群にいい味出していて彼女が出て来たラストシーンは短い時間でしたが彼女に目を持って行かれてしまいました。渥美清を食ってしまうなんて流石です。

投稿者:あおい 2020年10月13日

俺も学校くらい行っときゃなぁ…

さくらたちがアパートから一軒家にお引っ越し。
寅次郎の部屋まで用意してくれてる優しさ。そして、満男役の人は今作で降板。次かは遂に吉岡秀隆。

寅次郎の生年月日が判明。この時で40歳らしい。定時制の高校に通おうとするものの、中学中退のため認められず。

定時制の学校で授業されてた「便所掃除」っていう詩が印象的でした。

話の大筋は、旅先で出会った女の子をわざわざ葛飾まで連れて行き、定時制高校に入れてあげるというもの。保護者代わりで面接なんかにも行きます。

筆記試験の勉強を博が教えてあげてたのは新鮮。

ヒロインは元キャンディーズの人らしい。アホめな感じのフワッとしたキャラクター。この人の娘がすごい特徴的な顔してる趣里っていう女優さんやったのか。

40にもなってテキヤは本当にイタイなと感じる作品。しかも願書の保護者欄にさくらって書いてて、最悪やろ!ってなった( ^ω^ )しかも母印まで勝手に押してたし!

投稿者:工藤篤志 2020年10月09日

とらやの皆が伊藤蘭演じるマドンナすみれにとにかく優しい。最後に寅さんの入学願書とあき竹城のストリップで畳み掛ける。

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA DISCAS

あまりにも暗い

投稿者:勇光 2014年04月22日

何本も観ているうちに、このシリーズに疑問がわいた。寅次郎のどこがいいのか・・? 
明るく、元気で、クチ八丁で、面白くないことがあっても次の日にはケロリとしていて、周囲の人間に愛情をもって気をつかう・・・っていうあたりが美点なんだろうが、その一方では野蛮人丸出しの面もある。相手を見くだしたときには横柄な態度になり、面白くないとだれかれかまわず相手が嫌がるようなことを言う。自分にとって一大事であれば、無関係の相手にも自分の事情を押しつける。急いでいるときは目の前の人間を平気で突き飛ばす。きちんとした教育を受けていないために教養がなく、いろんなことを誤解している。偉そうなことばかり言っているが、女に対してはまるっきり自信がなく、告白されてもはぐらかして逃げる。自分はカタギの人間ではないからカタギの女を幸せにできないとかなんとか言うが、リリーのような女も受け容れない。たぶん素人童貞である。もしかすると、プロの女性ともやったことがないのかもしれない。山田洋次監督はこの寅次郎を観せて客を笑わそうとするが、観ているうちに可笑しくなくなってしまう。で、最後はいつもわびしい結末と子どもじみた浮かれ騒ぎ。映像の美しさと音楽の余韻でパチパチパチ・・。
2本か3本くらいなら褒めてもいいのだが、何十本もこれをつくったとなると、ちょっと褒めたくなくなる。山田監督もそこがつらかったらしく、晩年の表情はとにかく暗い。
あまりにも暗くて、続けて2本は観られない。
寅次郎は、ホントにいい人間なのだろうか・・? 尊敬に値する人間だろうか・・? チャンスに恵まれていれば成功したであろうか・・?

伊藤蘭?この頃は良いんだが・・・どうしたんだその顔は!!

投稿者:涼風マヨネーズ 2013年08月26日

伊藤蘭さんはこの当時キャンディーズのメンバーという勢いでいろんな作品やTV番組に出演していたんだが、いったん姿を消していたのが最近またTVや映画のCMに出ているね!

そのお顔にはびっくりしたね!!ぼこぼこに殴られた後のような腫れぼったい顔で堂々と現れ、才女(医者)?お母さん?役をやっている。

この作品当時で画面から姿を消して水谷豊さんの下でおとなしく主婦やってた方がエエんちゃうか?出演者でせっかくの作品は台無しだね。

身の程知らずとはこういう女のことを言うんだと呆れているよ~ん。うは~っ!何度見てもびっくりだね!!

意外とマドンナが良い

投稿者:さえぴょん 2013年04月08日

シリーズの中では平均作だが60年代フランス映画のヒロインのような撮られ方をしている伊藤蘭は可愛い。
衣装だけでなく小道具にも赤・ピンクといった暖色系が目立ち、山田洋次の遊び感覚が顔を覗かせている。

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA

レビューを書いてみませんか?

レビューをもっと見る・投稿する