餓鬼魂のクチコミ・レビュー

クチコミ・レビューFilmarks

2.9

観た人
42

観たい人
43

投稿者:山村ナイン 2020年08月06日

円谷プロによるスプラッター特撮ホラー!

心霊写真を撮りに来たら餓鬼の魂にとり憑かれてしまうっていうシンプルなストーリー

餓鬼が憑いた人間の体内で成長して産まれ出るシーンがなかなかグロテスク
ミステリアスな人物も登場して「キクロプス」みたいな雰囲気なのが良いですね
この時代のスプラッター映画にしては珍しくDVDが出てるのでいつか買いたいなぁ

投稿者:スギノイチ 2020年08月05日

長塚京三の口から餓鬼が産まれる描写はめちゃくちゃ気持ち悪くて良かったのに、歩き出した途端にショッキラスやドラットの仲間入りをしてしまった。

投稿者:茜 2020年07月09日

人魂を見に行っただけなのに…。
原作は夢枕獏の短編、円谷プロダクションが製作を務めた特撮ホラーで、ジャケ写のブサカワに惹かれて鑑賞。

主人公の記者が人魂目撃情報を元に山奥へ取材に行ったところ、人魂の正体=餓鬼魂に寄生される。
その餓鬼魂っていうのが、まさしくこのジャケ写のブサカワ君なんですけど、コイツが主人公の口を裂いてボトッと産まれてくるシーンがなかなか汚らしくて良かったです。
ただ登場シーンが派手だった割に、意外とお間抜けで強くもないところが餓鬼魂の憎めないところ。
主人公の奥さんに襲いかかるものの撃退され、シャワーで熱湯をかけられ、風呂に沈められ…おまけにスカートの中に潜り込んだりとスケベな一面もあり。
見た目も細くて小っちゃくて頭でっかちだし、歩き方もヘコヘコしてるから「気持ち悪い」どころかジワジワと可愛く見えてくる始末。
餓鬼魂のチープさ自体は好物なので問題ないんだけど、口からグロテスクに産まれてきたり奥さんに襲い掛かったりという見せ場に暗くてハッキリ見えない箇所が多いのは少々残念。

こういう昔の邦画を見てると、今やベテランの俳優さん達がこんなゲテモノ作品にも沢山出て来るから面白い。
主人公は長塚京三だし、黒マスクをした怪しい男は斎藤洋介だし…。
主人公の奥さん役が若き日の松居一代で、ネグリジェ姿でびしょ濡れになったり喘ぎ声をあげたりと所謂お色気要因なんだけど、現在を知ってるから何とも言えない気持ちになるなぁ…綺麗なんだけど。

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA DISCAS

実は、私にも餓鬼魂が取り付いています。

投稿者:とんぼのめがね 2008年09月22日

いや~最近いくら食ってもお腹すくんだよね~。

そんなおいら、夢枕獏先生のこの作品大好きです。
『魔性菩薩』は残念だったけど、この作品はOKです。
作品自体、20年以上も前のものなので、『マペット』や『ギミック』の技術は
今と比べれば非常にちゃっちいですが、それはそれで。

ストーリー的には、前半は原作にほぼ忠実に、後半はオリジナル。
ちょい残念なのが餓鬼魂に取り付かれたものの反応がちょっと原作と違うとこ。
原作では、汗をかきながら『寒い寒い』と震えるという描写。
雪山などで餓死した人の怨念みたいなものが餓鬼魂になるって設定があるので
この描写は欲しかった。

前半だけだったら星4つなんだけど、後半のオリジナルが減点の要因。
最後、餓鬼魂が逃げ込んだところってのがちょっと...。

ってなわけで、

おすすめ度:中(夢枕獏作品大好き人間にオススメ)

ウルトラマンの円谷プロ制作

投稿者:ハット 2008年08月09日

餓鬼魂に取り憑かれた人々の狂気を描いた物語。
1985年当時としては意欲作な感じですが、さすがに今観ると特撮シーンなどがチトつらい。ウルトラマンの円谷プロ制作なので、そういう感じの特撮というか、あまりホラー向きじゃないかも。ストーリーもちょっとシュールで、エンタメ性は低いかな。
しかし出演者が、長塚京三、松居一代、小倉一郎、斎藤洋介となかなか豪華。しかも、みんな若いしね。
円谷プロの特撮が好きで、有名俳優の若い頃を見てみたい人には、上映時間も1時間弱と短くサクッと観れるのでオススメだけど、普通に映画を楽しみたいという人に薦めるのはツライかな。

独偏満足度 40%

面白そうなのに

投稿者:マサユウ 2008年07月20日

ストーリー展開が遅いというか単調というか原作が良いだけにちょっと残念かな。

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA

レビューを書いてみませんか?

レビューを投稿する