三十九夜のクチコミ・レビュー

クチコミ・レビューFilmarks

3.7

観た人
1123

観たい人
726

投稿者:粉雪 2020年09月22日

面白かった!
小説を基にしているそうだが、楽しかった。

ロバート・ドーナットは初めて見たけど、何とも言えない男前。
ググってみたら慢性的な喘息に悩まされていたそうで、出演作は少ないのだとか。

「チップス先生さようなら」でアカデミー主演男優賞を取ったそうなので、観なくては。

ユーモアもあって、なかなか良かった。

投稿者:karmapolice 2020年09月20日

The 39 Steps:アルフレッド・ヒッチコック監督、ロバート・ドーナット、マデリーン・キャロル主演、1935年イギリス作品。ミュージックホールの「ミスター・メモリー」という記憶を巡った巻き込まれ型サスペンス。ヒッチコックのイギリス時代のモノクロ作品。

殺人犯に疑われた主人公ハネイが逃亡しながら謎を解いていく展開が鮮やかで爽快。この時代の賑やかなロンドンと静かな田舎のスコットランドの対比も楽しめる。意外と明るくアッサリとした演出で観易い印象。

アナベラを演じたルーシー・マンハイムもパメラを演じたマデリーン・キャロルも美しいばかり。上品な美貌と活き活きとした演技も観どころだろうか。

投稿者:MAXプロイトン50世 2020年09月16日

あっという間だった。サラッと分厚い聖書で銃弾防ぐシーンを、当たり前のように流さないで笑笑
邦題の「三十九夜」の夜ははどこから来たのよ

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA DISCAS

1935年、ユーモアーとサスペンスの融合はもう始まっていた

投稿者:飛べない魔女 2020年01月15日

1935年といえば、昭和でいうと10年。
既にこのようなユーモアーを共存させたサスペンスが
ヒッチコックの手により作られていたということに
いつもながら感心してしまうほどの面白さ。
ヒッチコック36歳の時の監督作品です。

てっきりヒロインなのかと思いきや謎の女性はさっと殺され
濡れ衣を着せられ逃亡する主人公、リチャード・ハネイ。
濡れ衣を晴らすために、唯一の手掛かりである地図を頼りに
男は列車でスコットランドに向かう。
追っ手が迫る中、農夫の若き妻に助けられたりして
寸でのところで逃げおおせる主人公。
地図の矢印があるところに赴いたら、味方だと思っていた人物は実は。。
とうとう捕まってしまうが、またもや逃げる!
でも手には手錠が!
それも列車の中で出会った密告者である金髪美女と繋がれて二人で逃亡。
繋がれたまま、ホテルにチェックイン。
繋がれたまま、濡れたストッキングを脱ぐ美女。
繋がれたまま、ベッドに横になる二人。
やがて見えてくる真犯人。
そしてアッと言わせる種明かしの瞬間は、おおお!
最初のMR.メモリーのシーンはこの種明かしの伏線だったとは!
と驚きと興奮を覚えました。
83分という短い時間の中でコンパクトに展開するサスペンス。
後の『北北西に進路をとれ』や『知りすぎた男』などの作品の原点に触れた気がしました。
傑作です!

主人公のリチャード・ハネイ演じるロバート・ドーナットが実に魅力的。
『チップス先生さようなら』のチップス先生役でアカデミー主演男優賞をとった俳優さんですね。
あと、原題は『36階段』なのに、何故に邦題は『三十九夜』となったのでしょう?
翻訳者が間違えた?。。。んなバカなですよねぇ(;^_^A

巻き込まれ型

投稿者:Alterego 2019年05月27日

ヒッチコックらしいエンタメ映画。ヒッチコックが好きならガッカリすることはないでしょう。

高品質な

投稿者:たんたかたん 2016年12月01日

高品質なサスペンス映画。
戦前の映画をみるとテンポの遅さが非常に気になるところだけれど、
こちらはめまぐるしくシーンが移り変わるので見やすい。

どんでん返しのハラハラする映画としてよく出来ていて飽きないが、
実際、現代の映画と比べると普通の映画の域は出ない。
80年前の映画でこれだけのことができることに敬意を覚えるが、
個人的には及第点。5点献上。

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA

見なきゃわからん

投稿者:ヒッチコック 2001年03月02日

列車から飛び移るシーンはヒッチ好みのカットだ!追われながら人々に出会うのは、人生そのもののように感じる。始め助けなかった女が男を信じるようになるカットは印象的だ。

レビューをもっと見る・投稿する