夢のチョコレート工場のクチコミ・レビュー

クチコミ・レビューFilmarks

3.7

観た人
1572

観たい人
1049

投稿者:N0SE 2019年03月29日

高校生の頃、深夜映画でやってたから観たけど、例えると「人体切断!」でもそれがマジックなのか、ただガチで切ったのかの判別がつかないみたいな、異様な怖さがあって、胡散臭い工場長の軽薄かつ真意の見えないおどけた演技がまたその怖さを増長させた。

ので、途中で観るのをやめてしまった。

投稿者:すいか 2019年03月26日

奥行きがわかってしまうチョコレート工場のシーンとか、ジョニーデップのチョコレート工場のバリCGとはまた違うよさあった…

投稿者:超空間コベ 2019年03月17日

まごう事無きハッピーエンド!
…だよな?―――YES!!
疑う余地があるとでも言うのか!?
☆(笑)

秘密に閉ざされた工場の特別見学、
さらに一生分のお菓子がもらえる、
ゴールドチケットを手にした5人の子供。

しかし、その入手方法は必ずしも
褒められたものばかりでは無い。
チャーリー以外の4人の親はいずれも
富裕層や権力者で、カネにモノを
言わせてゲットした疑いが濃厚だ。

ワンカに「正直で心優しい子」と
言わしめたチャーリーですら、
拾ったお金で買ったチョコから
ゲットしたもんね。
それって、拾得物横領だからな!(笑)

でもまぁ、どんな汚いお金でも、
善行に使うか悪行に使うかは
手に入れた本人次第。
天の神様が良い子に与えてくれた
チャンスだったのかもね。♪

“ご褒美”になるかどうかは、
この時点ではまだ判らなかったし…。

華かで、しかし怪しげな工場の中。
そこかしこに存在するオブジェは、
全てお菓子で出来ている。
ラリった様にお菓子をむさぼる子供たち。

しかし、それはまた禁断の果実でも
あったのだ…。
そう、これはまさに、あの
『マタンゴ』の世界を彷彿とさせる。☆

一人、また一人と消えてゆく子供。
この辺りは、家モノホラーの様相。
奇人・ワンカは、果たして
神の使者か?悪魔の化身か…!?

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA DISCAS

思い出の作品

投稿者:ノリスケ 2012年09月27日

ティム・バートン監督版は、あれはあれで良いと思いますが、私の中でのチョコレート工場はこちらの映画の方でした。
小学生だった当時、学校の先生が好きだったのか、何度か体育館で本作を見せられたのを覚えています。
シャボン玉と一緒にチャーリーとおじいさんがふわふわ飛んでいき、巨大なファンに近づいていくのはトラウマになっていたようでした。
大人になった今再びこの作品を観て、夢を見る素晴らしさと懐かしさを味わいました。
コメンタリーで当時の子役キャストが全員登場しているのが同窓会のようでした。
製作スタッフ・ジーン・ワイルダー氏・子役だった方達、そして我々も、全員がこの作品を大切に、誇りに思っているのだと思います。

こっちを先に観たほうがよかったかも・・・

投稿者:みむさん 2011年02月27日

ロアルドダールの「チャーリーとチョコレート工場」の最初の映画化版。
2度目の映画化がティムバートン版だそうです。

71年の作品なので、原作者はまだ存命です。
でも、本作は原作にかなり手が加えられている印象。

基本ストーリー
ゴールデンチケットをゲットした5人の子供が大人同伴でチョコ工場を見学、
一人ひとり消えていき・・・・
というところは同じ。

5人の子供に「技術を盗んで来い」とささやく大人がいたり(←結果悪者じゃなかったけど)
工場見学の前に
「事故にあっても自己責任で、工場側は一切責任を負いません」
という誓約書に署名をさせられたり、
ラストでウォンカがチャーリーを試すようなことをしたり・・・
大人のずるさもけっこう描かれてました。

CG技術なしでどうやってあの工場が描かれるのかも興味深々でしたが、
古いなりに(チープですが)ちゃんと描かれてました。
ただ、チョコの滝&川はあまりおいしそうじゃなかったです(爆
泥水みたいで・・・・(汗

あと、ウンパルンパがキモチワルイです。

ってことで、本作を観る前に
原作に近いTバートン版を何度も見てしまったせいで
違いが目に付いて仕方なかったけど、
こっちもなかなか面白いです。
先に観ていればもっと楽しめた気がします。
それが悔やまれます。

原作には続編「チャーリーとガラスのエレベーター」もあったそうで(知らなかった!読んでみたい)。
しかも、映画化する予定だったとか。
にもかかわらず、原作者が本作の出来に不満で実現しなかったそうだ(wikiより)

だとしたら、もし原作者が生きてて、Tバートン版見たら、思いなおしたかもしれないのに。
その点では残念。

でも、71年の映画としては十分面白かったです。




お子さまとご一緒に

投稿者:☆marion☆ 2009年11月01日

コドモのお付き合いでお子ちゃま映画ばかり見ている。
私が操作できないDVDデッキも、
コドモはできるのが口惜しい。
「チャーリーとチョコレート工場」と、同じ内容なんだけど、
アナクロな作りが、なんとなくチャーミングな映画でした。

まだどちらも見ていないなら、
こちらから先に見たほうがいいかもしれない。
ウンパルンパは個人的にこっちのが好きかも。

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA

メルへ〜ン

投稿者:イチゴ@Jam9 2014年06月09日

現代版と設定が若干違ってはいましたが、こちらもかなり楽しめます。
オススメです(*≧∀≦*)

ブラックさとファンタジーの饗宴

投稿者:ぽから 2009年07月18日

綺麗すぎるファンタジーなんてつまらない。キン・ザ・ザもバンデットQも、そしてフォービデン・ゾーンにシュヴァンクマイエルの「アリス」も・・・。もっとメジャーな「グーニーズ」だってそうだし、「スタンド・バイ・ミー」も死体探しっていうシチュエーションがあるから面白いのだ。残酷さとブラックさを兼ね備えたファタジーだからこそ名作になり得るんじゃないだろうか。だって童心自体がそういうもんだから。だからそういう点で、ジョニー・デップ演じる復刻版よりも、今じゃ倫理的に許されぬ演技で悪ふざけをするワンカ社長や、スレスレのメーキャップのウンパルンパが登場する本作の方を俄然オススメしたい。

夢いっぱい☆

投稿者:チエ 2004年11月08日

みんな1度は夢見たことのある、お菓子の国がココにあります!完璧に子供の願いを叶えててスゴイ。観ていてすごく楽しかった☆

レビューをもっと見る・投稿する