サボテン・ブラザースのクチコミ・レビュー

クチコミ・レビューFilmarks

3.7

観た人
2007

観たい人
1691

投稿者:スギノイチ 2020年10月27日

楽しいし笑えるけど、「戦ってみたら強かった」ってのはちょっと。
この設定なら、もう一捻り何か欲しい所。

投稿者:YURIKA 2020年10月24日

場違いのウエスタンコメディとして頂点に君臨するのではというほどに面白い作品。名コメディアン俳優三人組が夢の共演、脚本の素晴らしさ。ナチョス食べながらおいしいテキーラとともに流しておきたい傑作映画です。

投稿者:方眼 2020年10月17日

1986年"Three Amigos"。予想を裏切らないレベル。メキシコを舞台に「七人の侍」的なコメディ。細かいギャグで笑えるところある。

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA DISCAS

なんちゃって『 荒野の七人 』

投稿者:ロキュータス 2020年09月10日

( ネタばれあり )
盗賊集団に襲われて困っているメキシコの貧しい村が、用心棒を雇って撃退しようとする・・・ということで、『 荒野の七人 』と同じ設定ですがが、勘違いで雇われたのは映画会社をクビになった俳優3人組「 スリー・アミーゴス」だった・・・というコメディ映画。

 監督は『 アニマルハウス 』『 狼男アメリカン 』『 大逆転 』やマイケル・ジャクソン「 スリラー 」のMTVなどのジョン・ランディス。
 当時『 サボテン・ブラザース 』という邦題になったのは、おそらくジョン・ランディスのヒットした『 ブルース・ブラザース 』にあやかってのものと思われます。
しかし、本作は「 踊る大捜査線 」「 大奥 」をはじめ、とぼけた3人組を指す由来となっているので、今日的には原題の『 I Three Amigos ! 』のままのほうがよかったと思います。
 
 音楽は『 荒野の七人 』も担当、ジョン・ランディス作品も多く担当しているエルマー・バーンスタイン。
 まあ、ナンセンスなくだらなさが十分に笑えますが、あまりにバカバカし過ぎてスベってると思う部分も正直あり、個人的評価では、ジョン・ランディス作品としては中くらいの出来栄え。
 :
 それでも、ダンディズムやヒロイズムを、茶化しながらも感じさせるコメディ作品でした。


少々子供向けかもしれない

投稿者:58 2014年07月27日

キッズ向け西部劇とは日本に輸入してもいいことなさそうなジャンルだが
結構面白いシーンはある。古いのは仕方ない
あまり期待しすぎないで見た方が楽しめるだろう

おもしろい

投稿者:あんば 2013年10月05日

ちょと、げひんだけど

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA

面白い

投稿者:イチゴ@Jam9 2014年06月12日

そして
スッキリ。
オススメです(*≧∀≦*)

笑いたければこれを観ろ!!

投稿者:ヘ゜ーハ゜ームーン 2013年12月13日

主演の三人のうちの一人、チェウ゛ィー・チェイスが本作を失敗作だと言っているらしいが何かの間違いだろう。こんなに笑える映画はそうそう無い。シ゛ョン・ランテ゛ィス監督の作品の中でもヘ゛スト3に入る名作である。三谷幸喜が影響を受けた作品として本作を挙げ、みうらじゅんが「キンク゛・オフ゛・ハ゛カ映画」と絶賛した作品。是非是非借りて観ていただきたい。

私の趣味って・・・。

投稿者:イタミン 2011年10月30日

 この映画で初めてマーティン・ショートという俳優を知り、一目で恋に落ちました。顔は二枚目半というところがまた良い。これがきっかけでしばらくマーティン・ショートがマイ・ブームになり、彼の出演作品をインターネットも無い時代に必死に探しまくりました。たしかメグ・ライアンとも共演(確か「インナー・スペース」というタイトルだったかな、少しおぼろげ。)し、キス・シーンまであったのには興奮しました。
 まぁ、主役にはなれないけど、コメディーには必要不可欠な、ある意味非凡な才能を持っていた俳優だと思います。

レビューをもっと見る・投稿する