王子と踊り子のクチコミ・レビュー

クチコミ・レビューFilmarks

3.4

観た人
288

観たい人
369

投稿者:のん 2020年06月02日

正直、退屈だった…。

オリヴィエは、コメディも上手いなって思ったし、マリリンモンローはそりゃ可愛いけど…。なんか、地で、一筋縄じゃない英国人と飾らない米国人の化学反応みたいなことやってる気がして、しかもそれが居心地悪かった。

投稿者:Yukiel 2020年05月31日

マリリン・モンローの作品で前から気になっていました✨
大公殿下と踊り子の恋愛のストーリーで(何故、タイトルが王子なのかは不明)映像がとても綺麗でした✨
話は政治絡みのところは難しくてちょっとわかりにくい感じですが、頑固で愛を知らなかった大公殿下が本当の愛を知るところは良かったです!
舞踏会のシーンや大使館の建物がとても豪華でした(^^)
マリリンはやはり、キレイで可愛らしかったです

投稿者:Misaki 2020年05月12日

マリリンがきゃんわいい
おちゃめで
きょとんとした表情もキャハハって表情もかわいい
声、身のこなし、全部がチャーミングだねえ

ただただ、マリリンがかわいい映画

じじいがくそだな!むなくそわりい!
このエルシーちゃんの役もだいぶ素っ頓狂だが

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA DISCAS

マリリン3日間の出来事

投稿者:ミルクチョコ 2013年06月30日

「マリリン 7日間の恋」を見て、ずっと見たいと思っていましたが、やっと見れました。
舞台は、ロンドン。1911年6月21日から23日までの3日間の物語です。
ジョージ5世(「英国王のスピーチ」のジョージ6世のお父さん)の戴冠式に招かれたカルパチア王国の大公殿下(ローレンス・オリヴィエ)は、その夜鑑賞した一座の踊子エルシー・マリーナ(マリリン・モンロー)にいたく心を奪われ、二人きりの晩餐に彼女を招待します。

まず驚いたのが、マリリンの表情がくるくる変わり、カットが変わるごとに、まるで別人のようでした。
マリリン・モンロー演じるエルシーがとにかく可愛い!白いドレス姿もステージ衣装姿も魅力的です。
「マリリン~」でも描かれていた部屋で練習をするダンスシーンの何とキュートなこと!
見る前にイメージしていた軽薄な感じより、もっと天真爛漫で、冷え切っている父子の仲を取り持ったりと、温かさを感じさせます。
エルシーが帰ろうとする度に、それを許さない展開も面白いです。

「マリリン 7日間の恋」を見ているので、どうしても本作のマリリン・モンローと彼女を演じたミシェル・ウィリアムズを比較してしまいます。
「マリリン~」によって楽屋裏を知ってしまったので、どうしてもマリリンが監督のローレンス・オリヴィエと仲が悪かったことを考えてしまいます。ゆえに、悪影響を探そうとしましたが、カメラが回っていないところであれだけの葛藤があったとしたら、本作のマリリンはそれを微塵も感じさせません。凄い女優魂ですね。
対照的にオリヴィエが不機嫌なのは役柄だけじゃなさそうです。
モンローに振り回された悪影響は、オリヴィエのほうに出ているのかもしれません。
名優ローレンス・オリヴィエを前に引けをとらないマリリンは、やっぱり凄いですよ。

身分違いの恋、父子の確執、不安定な国勢などなど盛り込み、踊り子エルシーと堅物殿下がウォッカで酔って、互いに引き込まれていく様子と、行方があいまいなラストの切なさがこの映画の見せ場でしょうか?
実は戴冠式を目的に皆集まっているのに、肝心の戴冠式を見せないのです。カメラは たまたま参加することになった、マリリンのほわんとした表情ばかりを追いかけています。やっぱり彼女を美しく撮っている映画なんでしょうか?

とにかくキュート!

投稿者:CHieeee 2013年05月12日

7日間の恋を観るよりも先に観てみた。
とにかくマリリン・モンローがキュート。
踊り子シーン以外は、たった1着のみの衣装ですが、お色直しをしなくても見続けていられる美しさでした。
決して痩せてるわけではないのに、スタイルいいっ!って思える人って少なくないですか?
お話は王道な内容なんですけど、約2時間、マリリンの美しさで引き込まれました。

ってか、あまりにもキュートすぎるので、7日間の恋はがっかりしちゃうかもな~なんて思えましたが。。。
ローレンス・オリヴィエってイケズそうな顔をしてますが、この役はなかなかそのお顔にピッタリでした★

「マリリン7日間の恋」で描かれていた作品

投稿者:poti 2012年09月25日

ローレンス・オリビエとマリリンの共演というだけではなく、マリリンの演技がフランスとイタリアで認められて、各国の主演女優賞を獲得した作品。マリリンが嫌っていたハリウッドで、マリリンがいかに冷遇されていたかがわかるという、皮肉なエピソードです。
この作品のマリリンは、本当に素晴らしい演技です。
ローレンス・オリビエとマリリンは、この映画の製作中は最悪の関係でしたが、後年オリビエは、マリリンの才能を賛美しています。
マリリンのファンの方なら、絶対にはずせない映画です。

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA

素敵な作品

投稿者:まあ 2012年04月13日

何度となく観ても、面白いです。マリリン大好きです。

輝いてる

投稿者:R2 2000年09月07日

地位の壁を越えて結ばれるって素敵ですね。一夜だけのはずが永遠になる。

レビューをもっと見る・投稿する