恐怖のヤッちゃんのクチコミ・レビュー

クチコミ・レビューFilmarks

2.9

観た人
55

観たい人
24

投稿者:方眼 2021年02月20日

1987年、東映のおまけ映画。三宅裕司のラジオが元ネタなので、ちょい出演してる。金子監督、怪獣の着ぐるみ出して鬱憤はらしてるぞ。

投稿者:キャプテンパニック 2017年12月09日

所謂ヤクザ者をコミカルに描いた80年代の空気を存分に孕んだドタバタコメディ。ロケ地は神戸〜京都。「これどこやろう?」とか言いながら数人でワイワイ呑みながら観た。

投稿者:シネマドリンク 2017年09月19日

恐怖のヤッちゃん

とある新興住宅地(兵庫県の日生中央)


新興住宅地に住む青年が主人公。
そして2人の仲間。


★彡冒頭からヤクザに背中に火をつけられ空にぶっ飛び、しずかちゃんよろしくバリに女性が入浴中の浴室に落ちる!(開始1分でこの感じは暗雲たちこめるな〜でもおパイが観れたのでオッケー)



新興住宅地で幅を効かせたいヤクザの陣内組。着ぐるみで子供達を喜ばせ、文化企業として役所の許可をもらい事務所を借りる。


しかし!その文化企業はヤクザ企業だった!



★彡もう開始10分でこの昭和感や街の雰囲気、音楽や演出にハマりました(笑)

昔「夏体験物語」と言うちょいエッチドラマ知ってます?そのテイストが凄く心地良い。

また初めて知りましたがヒロイン役の土田由美さんが凄く可愛いい!この映画が女優と歌手でデビュー!(★彡スゲー超ラッキーガールじゃん!頑張ってね)

◉調べました。
恐怖のヤッちゃん 〜愛と抗争の日々 (1987年6月15日、「土田由美 with ヤッちゃんズ」

(★彡発売後即廃盤!って可哀想すぎじゃない?このレコード持ってたら超レアだったらしいです。しかし2012年にアイドル黄金時代と言うアルバムを買えば聴けるらしいです!
是非みなさん買ってあげましょうね。

またセカンドシングル出す直前で販売中止になったそうです。もう悲しすぎるね)




さてあらすじのつづきでしたね(笑)
街にはびこるヤクザ達。訳ありの転校生を好きになる主人公や街の運命は‼︎
ツッコミだらけのコメディーです。( ゚д゚)



◉41B点! なんか凄いものを観たかもしれない。逆に面白い!



◉ラジオの企画

そもそも三宅裕司のラジオのコーナーから映画化されたのでコント的なコメディーでけしてヤクザ映画ではありません!ご注意が必要ですね。



◉悪ふざけなストーリー

★彡悪ふざけもここまで行くと、文句は出な気持ちになりました。
あえて観る人は是非チャレンジしてみて下さい。ツッコミだらけの迷作か?



◉脚本家は一色伸幸さん。

★彡この後私をスキーに連れてって映画を撮っていました。この映画はかなり好きにですね。



レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA DISCAS

ツッコミだらけのヤクザコメディー!

投稿者:ムービードリンク 2017年09月19日

恐怖のヤッちゃん

とある新興住宅地(兵庫県の日生中央)


新興住宅地に住む青年が主人公。
そして2人の仲間。


★彡冒頭からヤクザに背中に火をつけられ空にぶっ飛び、しずかちゃんよろしくバリに女性が入浴中の浴室に落ちる!(開始1分でこの感じは暗雲たちこめるな~でもおパイが観れたのでオッケー)



新興住宅地で幅を効かせたいヤクザの陣内組。着ぐるみで子供達を喜ばせ、文化企業として役所の許可をもらい事務所を借りる。


しかし!その文化企業はヤクザ企業だった!



★彡もう開始10分でこの昭和感や街の雰囲気、音楽や演出にハマりました(笑)

昔「夏体験物語」と言うちょいエッチドラマ知ってます?そのテイストが凄く心地良い。

また初めて知りましたがヒロイン役の土田由美さんが凄く可愛いい!この映画が女優と歌手でデビュー!(★彡スゲー超ラッキーガールじゃん!頑張ってね♡)

◎調べました。
恐怖のヤッちゃん ~愛と抗争の日々 (1987年6月15日、「土田由美 with ヤッちゃんズ」

(★彡発売後即廃盤!って可哀想すぎじゃない?このレコード持ってたら超レアだったらしいです。しかし2012年にアイドル黄金時代と言うアルバムを買えば聴けるらしいです!
是非みなさん買ってあげましょうね。

またセカンドシングル出す直前で販売中止になったそうです。もう悲しすぎるね)




さてあらすじのつづきでしたね(笑)
街にはびこるヤクザ達。訳ありの転校生を好きになる主人公や街の運命は‼
ツッコミだらけのコメディーです。( ゚д゚)



◎41B点! なんか凄いものを観たかもしれない。逆に面白い!



◎ラジオの企画

そもそも三宅裕司のラジオのコーナーから映画化されたのでコント的なコメディーでけしてヤクザ映画ではありません!ご注意が必要ですね。



◎悪ふざけなストーリー

★彡悪ふざけもここまで行くと、文句は出な気持ちになりました。
あえて観る人は是非チャレンジしてみて下さい。ツッコミだらけの迷作か?



◎脚本家は一色伸幸さん。

★彡この後私をスキーに連れてって映画を撮っていました。この映画はかなり好きにですね。



◎ネタバレ保管記憶用

ヤクザの親分の娘を好きになってしまった主人公は抗争に巻き込まれ、救急車で運ばれる。

数日後、陣内組は大阪に戻る為、電車に乗る。ヒロインもホームで別れを決意する。

電車が行った後、線路に入り追いかける主人公だったがヒロインは電車に乗っていなかった。爽やかハッピーエンド!

若頭はヤクザを辞め主人公の高校に入学予定‼★彡意味わからん(泣)

恐怖のヤッチャン

投稿者:レビュアー名未入力 2009年05月30日

昔文化放送でやってた面白いねたを映画にしたのかなと思い借りましたが、最初の掴みだけで、後は安い三流映画を見てる感じで又見たいと言う映画では無かったです。あまりにもつまらなくて、レビューしました。

やはり傑作

投稿者:こっしー 2008年06月10日

リアルタイムの頃、傑作だと友人たちに触れ回っていたらバカにされました。あらためて再見して、間違いないと確信しました。
怖がって、嫌ってるはずなのに、いつの間にか仲良くやっている。ここのへんの描き方がマンガチックなのに自然でなんだか素敵です。

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA

レビューを書いてみませんか?

レビューを投稿する