インナー・スペースのクチコミ・レビュー

クチコミ・レビューFilmarks

3.4

観た人
1145

観たい人
527

投稿者:課長とヒロシ 2021年02月25日

ヒロシ(以下ヒ):80年代を席巻したアンブリン・エンターテイメントの作品のひとつ。この時代は「製作総指揮 スティーブン・スピルバーグ」をホントによく見ました(笑)

課長(以下課):監督が『グレムリン』のジョー・ダンテ、製作には「ゴールデンコンビ」フランク・マーシャル&キャスリーン・ケネディと安定のアンブリン作品だ。このカテゴリーは名作揃いだが、その中でも本作は特に出来が良い部類に入るぞ。

ヒ:腕が良いが命令違反を繰り返して左遷させられた空軍パイロットのタックが、ミクロ化されてウサギの体内に入る実験中、産業スパイに襲われ、脱出した研究者によって、たまたま居合わせた神経衰弱気味の人間ジャックの体内に送り込まれるところから物語が始まります

課:視神経と中耳にモニターを取り付けて、体内から交信できるようにするアイディアが新しいな、ある意味バディムービーとも言えるし、お互い心を通わせ、困難を乗り越えることによって、気が弱く病的だったジャックが成長していく姿を見るのも楽しいぞ

ヒ:主演は『オーロラの彼方に』のデニス・クエイドさん、ヒロインは、80年~90年代を代表する女優である、若き日のメグ・ライアンさんです

課:この二人も、もちろん魅力的だが、この作品はなんと言ってもジャック役のマーティン・ショートだな!全体的にコメディ要素が強い展開において、コメディアンであるショートの快演が重要なアクセントになってるぞ

ヒ:マーティン・ショートさんは人気コメディ番組、『サタデー・ナイト・ライブ』出身、本作の前には『サボテン・ブラザーズ』で映画デビューも果たしています。本作も神経衰弱で気弱な青年ジャックをコメディ要素たっぷりに演じてますね

課:その名前の通り背が低いことを自虐的にイジるネタが多いんだが、この作品に関してはジャッキー・チェンなみの身体能力を見せてくれるからな!80年代っぽいお気楽に笑えて、ちょっとウルっとくるコメディに、スピルバーグお得意のライトなSFを掛け合わせた名作だ。まあ超展開もあるが、あまり気にせずストーリーを楽しんでくれ!

ストーリー 4
キャラクター4
世界観   3
映像・演技 4
音楽    4
研究者逃げすぎだろ!度89

投稿者:方眼 2021年01月30日

1987年”Innerspace”。アンブリン製作「ミクロの決死圏」お笑い版。ドタバタと特撮で面白かった。メグ・ライアンがキュートで良い。

投稿者:myjstyle 2021年01月20日

スピルバーグ監督の製作総指揮とありますが、コメディタッチのSFは珍しい。メグ・ライアンは前年の「トップガン」に次ぐ出演で初ヒロイン。SFといっても、インナーの世界ではなく、アウターの世界中心のアクション作品。今見るとノスタルジックで、たわいなくて楽しい。

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA DISCAS

なんで観たのかわからなかった

投稿者:趣味は洋画 2013年05月03日

なんで観たのかわかりません。 コメディ嫌いの私が... そうか、ケヴィン・マッカーシーが出ているからか。

全体的に楽しめるんだけど、所々に眠気がさした映画

投稿者:BEEFジャーキー 2010年01月04日

* ウサギの体内に入るはずが、なんと、人間の体内に!?…という面白いストーリー♪なかなか笑えるコメディ映画でした♪♪
 でも、所々が和みすぎてて、退屈に感じてしまいました…。
 どちらかというと、もっと体の中のいろんな場所での大冒険が見たかったです。

 ちなみに、ミニチュア化した潜航艇が体の中を移動するのですが…。その移動の仕方というか、行動の仕方が、勝手に想像して、痛くなりました。「人の体の中で何してくれんねん!!」と、突っ込みながら見ました(笑)。

1枚のDVDで3回楽しめました。

投稿者:ゴーレム日記 2009年06月24日

①まず映画そのものが楽しめました。ジョーダンテ自身も音声解説で今回は王道を狙ってみたと言ってますが、王道の娯楽作です。

②吹替え版の野田秀樹のはまり具合が楽しめました。
デニスクエイド・・・上杉祥三
マーチンショート・・野田秀樹
メグライアン・・・・斉藤慶子

③音声解説が楽しめました。グレムリンのも面白かったけどジョーダンテ、おもろい人です。デニスミューレンもいい味出してます。あのおっとりした逃げる科学者がジョンホラだったとは。ジェフリボームが亡くなっていたとは。知りませんでした。合掌

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA

人体の不思議

投稿者:もりちっち 2015年09月25日

手違いと、陰謀で他人の体の中なのですが、人体の神秘とギャグとアクションのてんこ盛りなのです、CGを使って無いかも、悪党さん、中途半端にちっちゃく成った最後が面白かったし、冴えないスーパーの店員が自信を付けちゃってね。

(笑)

投稿者:mrs.jones 2012年01月28日

半分SF半分コメディのような作品。若かりし日のM.ライアンがかわいい!

なんか評価すくないなぁー

投稿者:Takayan 2003年01月10日

面白いのに。

レビューをもっと見る・投稿する