泥棒野郎のクチコミ・レビュー

クチコミ・レビューFilmarks

3.7

観た人
405

観たい人
506

投稿者:カルカンまぐろ 2021年04月20日

ナレーションベースなのがほんと勿体ないなー。アレの最中に女性に自分の眼鏡かけさすのウッディアレン自身の癖でしょ多分。

投稿者:半兵衛 2021年03月28日

公式での監督デビュー作(本当はこの前に作った日本の国際秘密警察シリーズを勝手に編集した映画が監督デビュー作品)だが、「フフッ」と微笑しながら見れるスタイルや、自分へのコンプレックスからの他人に変身したい願望、奥底にあるユダヤ人であることへの悩み、フェイク・ドキュメンタリーへのこだわりと既にウディ・アレンの特徴を持ち合わせていることに驚かされる。

話の内容はある泥棒をはじめ銀行強盗、詐欺などをやらかす犯罪者の一代記を追うフェイク・ドキュメンタリースタイルの映画で、やってることは犯罪や脱獄など酷いのにウディ・アレンの全身からにじみ出る悲しいユーモア感が憎めないキャラクターに昇華させているのがポイント。そのため笑いはもちろん、共感と慈しみをもって見ていられる。

全体的に見るとやや緩めな気もするが、笑いどころは押さえているので飽きない。個人的にはパレードにチェロで強引に参加するくだりに爆笑した、あと刑務所で足を複数の鎖でつながれた「ムカデ競走」スタイルで脱獄するところも。それからデビュー作からヒロインがめっちゃ美人なのもウディ・アレンらしい。

投稿者:明石です 2021年03月27日

何をやってもうまくいかない小物犯罪者のお話。
ウディアレンの初監督作。中古DVDがAmazonで6,000円くらいで売ってました。

お馬鹿な強盗の役生涯を追う話ですが、ウディアレンはこういううだつの上がらない小物役を演じればピカイチですねえ。脚本はドタバタコメディって感じでツッコミどころは無限にありますが、ウディはこの頃から演技上手なよう。のちの『おいしい生活』の元になっていそうなお話でした。楽しめた。とくに終わり方が洒落てて好き。にっこりしちゃう。

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA DISCAS

あんな夫ヤダ

投稿者:ムーンライト 2009年09月16日

ウッディ・アレンの初監督作。
すっごい期待してみちゃったから、ちょっと拍子抜け。
バージル(ウッディ・アレン)は、犯罪を重ね25歳で指名手配されるが大悪党というイメージにはほど遠い。
周囲の人々のインタビューでは、「奇行癖のある男」「間の抜けた男」と言われる。
何をやってもヘマばかりで成功するのは肉やパンを得る時だけ。
「麻薬王になる」とか「銀行強盗を襲いメキシコへ逃げる」とか大口をたたくが、銀行で別の強盗と遭遇してしまったり、ターゲットにした男が私服警官だったりして、やっぱりうまくいかない。
皆さん書いてるけど小ネタがドリフっぽいの。
5人で脱獄して足かせでつながれたまま5人6足で逃走したり。
あれだけのアイデアと、あれだけ器用に物を作れたらいい仕事ができるのに 残念。
喜劇としては大成功なんだろうけど^^v

ドリフターズや志村けんの笑いの原点

投稿者:woody 2007年09月14日

  ウッディアレンの笑いの原点であるばかりでなく、日本の大阪以外の笑いにも大きな影響を与えていることが良く分かる作品です。特にドリフターズや志村けんの笑いとの類似性はとても多く、この映画に影響を受けていることが良く分かります。(これは物まねだとして馬鹿にしているのではありません。その逆です)
  ドリフや志村けんはさらに進化しているので、その笑いに慣れた我々には多少物足りなく、また古臭く感じてしまいますが、その偉大さは十分伝わってきます。
  最近のウッディアレン作品にある、見る者を選別するような分かりにくさも皆無でとても分かり易いシンプルな内容です。
  ウッディアレン初心者にはお勧めしませんが(他にもっと先に観るべき作品がある)、10作品目くらいに観るには良いと思います。ほのぼのするし。

ウディ・アレン>志村けん≒ローワン・アトキンソン・・・?

投稿者:とり 2005年07月28日

こちらは、1969年、彼が33歳の時の作品です。
とても初期のもので、彼のギャグが満載のわりにはストーリーにまとまりがあり、かなり笑えて満足でした。

この種の笑いは、日本人なら志村けん、イギリス人ならローワン・アトキンソンに通ずるところがあるように思いますが、彼だとなぜこんなにもおかしいのでしょう。
彼に対する私の贔屓目のせいでしょうか?
それとも、似た笑いでも質が高いのでしょうか?
でもやはり一番の理由は、彼の持ち前のキャラクターのせいでしょうね!

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA

笑える

投稿者:大人アレルキ゛ー 2013年11月13日

ウテ゛ィ作品の中でも特に笑える作品だと思う。

小難しくなく単純明快なコメテ゛ィですよ。

レビューをもっと見る・投稿する