花のあすか組!のクチコミ・レビュー

クチコミ・レビューFilmarks

2.8

観た人
127

観たい人
76

投稿者:ワン 2021年05月16日

199X年、ニュー・カブキ・タウンはドラッグと暴力にあふれ、トキ(石橋保)率いるストリートギャング、HIBARI(美加理)率いる秘密結社、悪徳K官(加藤喜博)率いる治安当局の三者に支配されていた。そんなある日、謎の少女あすか(つみきみほ)が現われ、K官の金とドラッグを盗んだことから、街には混乱が生じ始める。


ギャングやK官たちのコスチュームが安っぽく何かにつけてよく笑う。面白いから笑うのではなく相手を嘲笑する笑い。主人公のあすかがドラッグを盗んだ目的が分からないし、喚いているだけなのでどうしても好きになれない。結局何をしたかったのか最後まで分からなかった。

投稿者:上海十月 2021年02月16日

世界観が小さすぎて、石井聰亙のような荒くれ感もなくおざなり。武田久美子出すなら貝殻ビキニで闘ってほしい。東映ピンキー映画的なら面白そう。

投稿者:csm 2019年07月07日

つみきみほ、武田久美子、松田洋治、美加里、葛城ユキ、角川春樹の潤沢な資金
サティスファクションかかりすぎ。

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA DISCAS

レビューを書いてみませんか?

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA

物足りないかも

投稿者:もりちっち 2016年04月10日

アイドルがアクションか、にしてもさ、物足りなさ感満載だ、色気が付加されてれば少しはカバー出来るかもだが、

「AKIRA」のようなおもむきも

投稿者:HX 2001年02月15日

実写版「AKIRA」のようなおもむきもある、近未来アクションムービー。出演者個々のキャラクターが際立ってるし、ハードなアクションも役者さん本人が体当たりで演じていて、当時、邦画の可能性を感じさせられた作品です。・・・

レビューを投稿する