脱走山脈のクチコミ・レビュー

クチコミ・レビューFilmarks

3.9

観た人
39

観たい人
72

投稿者:三鷹 2020年09月24日

紀元前、ローマ軍と戦い象を率いてアルプス越えをしたハンニバル将軍の逸話を少々ベースにした戦争映画。
主人公のイギリス兵、オリバー・リードと脱走兵のアメリカ人、マイケル・J・ポラード率いるレジスタンスだかパルチザン(どちらだったろう)との係わり合いが全編にわたって楽しい。笑いあり、ドキドキありの名作。私の戦争映画No. 1

投稿者:青い人 2020年05月28日

クレイジーキャッツイギリス版 みたいな終わり方、コメディっぽい所はそんな感じ
父が幼い頃に見た思い出の映画らしい
家族でみれる。

投稿者:スギノイチ 2020年05月19日

俺はマイケル・ウィナーという監督を誤解していたかもしれない。
嫌な描写ばっかりの冷酷な暴力映画の監督だと。
もしかして、この『脱走山脈』にヒューマニズムを置いてきちゃったんじゃないか。

主役がよりによって武骨なオリヴァー・リードというのが、かえって嘘っぽくない。
脱走仲間のマイケル・J・ポラードも不敵な魅力。
飄々と戦場を楽しんでいて、味方でも底が見えない。
イタズラ好きの妖怪みたいな感じ。

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA DISCAS

何度見てもいい作品

投稿者:tomy-T 2013年01月22日

子供の頃(小学校の4・5年の頃?)に見て以来の、この作品のファン
…もっとも今現在までで4回くらいしか見てないけど

ドイツ軍の捕虜になった英軍兵が
ひょんな事から象を連れて疎開すると言う
ある意味で荒唐無稽な内容だけど
話が進むにつれて、そういうのはどうでもよくなって
「この先どうなるんだ?」と思わせる展開が楽しめる作品

昨今のドロドロとした戦争映画とは違い
(とはいえ戦闘シーンもあるし、死者が出るシーンもあるが)
ヨーロッパの片田舎の牧歌的な風景もあるし
「戦闘、戦争」を前面に押し出した作品ではないので
割と万人向けかな?と思える


オリバーリードの代表作だと思います。

投稿者:nayuta 2012年04月01日

後のマイケルウィナー監督はバイオレンスものを多く撮りましたが、この頃の作品は人間への優しさが勝ってますね。
捕虜が象を疎開させるなんて設定も面白いところですが、その旅のシーンで流れるフランシスレイの映画音楽は秀逸。
戦争映画ながら牧歌的シーンも盛り込まれていて、子供が観賞することも出来る作品です。
ロープウェイシーンやドイツ検問を突破するクライマックスでの象の活躍シーンなど感動ものです。是非お勧めです。
随分昔に観た映画を探して、家族が中古ビデオを買ってプレゼントしてくれました。

脱走山脈

投稿者:レビュアー名未入力 2011年12月31日

象を連れてドイツからスイスへ逃れる発想がおもしろく、途中のオ-ストリアの風景がすばらしい。
最後に象の力でドイツ兵の監視所を破壊するのも痛快。ひさしぶりに見る愉快なアクション映画。

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA

レビューを書いてみませんか?

レビューをもっと見る・投稿する