ダークマンのクチコミ・レビュー

クチコミ・レビューFilmarks

3.5

観た人
1870

観たい人
1055

投稿者:柴猫 2019年04月16日

サムライミ監督によるダークヒーロー映画。この後に撮られる「スパイダーマン」を思わせる演出などもてんこ盛り。
若い頃のリーアム・ニーソンが見れるのもまた良い。

実はこの映画の段階ではまだヒーローではなく、どちらかというと誕生譚なんだけど、ヒーローにとって素顔やマスクというものが如何に大事かが理解できる。そうした葛藤を経て存在が確立されることも。
特に「仮面を作ると変わった、邪悪になった」という下りは、延々と続いているテーマなんだなとしみじみ思ってしまった。
話の設定や展開やアクションには時代を感じてしまうものの、根底にある部分は今も変わらない。

投稿者:ウーミン 2019年04月14日

ダークヒーロー物の良い映画。
アクションは、普通だけどヒーローの葛藤がよく描けている。
この後スパイダーマンを撮るための下地になっている。
リーアム・ニーソンもそうだけれど、フランシス・マクドーマンドが若くて驚く。
ブルース・キャンベルの出し方が憎い。

投稿者:akirayoshida 2019年04月05日

今日はまた一段と花粉症が酷くてアホみたいにくしゃみ連発で心身ともにダルいので少しでも元気出すためにマイ平成ベストムービーを久々観てた。

昨今のスーパーヒーロー映画はおもしろいものもあるけど 大興奮大感動大満足まで至らなくてそこまで夢中になれないけど ダークマンにはスーパーヒーローに求めるカッコ良さ ダークヒーローの孤独感悲しみ怒りやなんやかんやが全て揃ってる気がするとか、しないとか…。

サムライミ節炸裂の映像に酔いしれて知恵熱出てきた。最高。

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA DISCAS

今、改めて。

投稿者:Yonaka 2018年08月15日

年代相応の、アンチヒーロー。
今時にはこの等身大な力には賛否両論。
弱くあり、強くありの世代でしたね。
もう少し工夫して
リメイクを待ちたい気分。

バッドマンより重たいだーくひー

投稿者:ムービードリンク 2017年03月31日


人工皮膚の研究をしている男が主人公。

弁護士の恋人から仕事での賄賂の話を聞いてしまい、事件に巻き込まれてしまう。

研究していた人工皮膚の完成まで後一歩の所で事件の悪党達にリンチされて研究所を爆破されてしまう。

大火傷をした主人公は自分に人工皮膚を移植し痛みを無くし、別人になり復讐していく。

◯80C点。ダークなヒーローとしてはバッドマン以上!

悲壮感と復讐に燃える天才主人公の復讐劇。

★彡なかなかのホラーテイストを兼ねた元祖ダークヒーロー映画でした。

こんなに面白かったっけ?

投稿者:(●(人)●) 2017年02月20日

かなり昔に観て、超ひさしぶりに拝見したのですが、
いやいやこんなに面白かったですかね。
アメコミチックな表現なんか、当時は斬新しかないですが、
今見ても『うおー!』ってなるほどテンション上がる。

これ見てから96時間を見たいくらい面白かった。

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA

てすと

投稿者:てすと 2014年07月29日

てすと

説明があると理解しやすい

投稿者:風花 2014年06月06日

ダークマンによる説明調の台詞が印象深い。これらの台詞は彼の獣性のあらわれではないか。その獣性は、ヒロインが彼を理解しようとする野心に似た気持ちに一役買ったと感じた。

サム・ライミらしいやね

投稿者:ヘ゜ーハ゜ームーン 2013年12月13日

「スハ゜イタ゛ーマン」よりも、こっちの方がサム・ライミの持ち味が出ていて私は好きである。タ゛ークな世界観に心に闇を抱えた主人公(リーアム・ニーソンがこれまた上手い)。しかし、ヒロインがフランシス・マクト゛ーマント゛というのがちょっといただけない。もうちょっと適任者がいたんじゃないか? とはいえ、面白い作品には変わりないので、是非一度ご覧になってください。

レビューをもっと見る・投稿する