ゼロ・ダーク・サーティのクチコミ・レビュー

クチコミ・レビューFilmarks

3.6

観た人
15782

観たい人
7051

投稿者:碧 2020年08月07日

フィクションって頭ではわかってるんだけれど史実を元にしてるし、本当にこんな女性が居たんじゃないかとすら思ってしまう

投稿者:10000lyfh 2020年08月06日

911 からビン・ラーディン殺害までの CIA 諜報活動の経緯を、CIA 女性エージェント(ジェシカ・チャステイン)の視点から。客観的かつ再現性高く描くのにビグローはベストな監督で、フィクションながら良い記録にもなったと思う。映画の印象としては、10年にわたる長期間の話であり、作中での年月の経過が早く、主人公の周囲の人たちも入れ替わり立ち替わり、走馬灯のよう。クライマックス、殺害決行シーンは、タスクのステルス性を反映し静かで、とても緊迫感がある。2009年初頭まで行われていた捕虜の拷問については、肯定も否定もせずありのままに描き、ビグローら制作陣の個人的見解は盛りこまないという姿勢をとったようだ。女性を主人公に設定した背景の一つには、国家の安全に関わる軍事的活動に携わる女性の姿を描きたいという、ビグローやチャステインのフェミニズム的な思いがあったのではないかと思う。前半では拷問に加担したりもするが、誇りと責任感を持って職務にコミットする姿は魅力的。ラスト、緊張で張り詰めた長期間に渡る責務を全うした後の、ひとりになった時の落涙も印象的だ

投稿者:まめだいふく 2020年08月03日

 ものすごい緊迫感に包まれた作品。いつどこで自爆テロが発生するかわからない状況。安全な場所なんて皆無。そんな中でも逃げずに職務を全うしようとするマヤの執念というか使命感が計り知れない。
 目的を達成して、空虚になってしまったマヤが最後に流した涙は、無意識に流れ出たのかもしれない。

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA DISCAS

日本にあるのか?

投稿者:パンダマン 2020年07月01日

こういう部隊は日本にも必要ですね。

引き込まれる作品

投稿者:MIYAPON 2020年05月07日

キャスリン・ビグロー監督のアカデミー賞受賞作品、「ハート・ロッカー」を先に見ていたのですが、個人的には本作品の方がはるかに面白かった。独特なドキュメンタリータッチの、緊張感のあるストーリー展開に引き込まれて、158分という長さを感じることなく一気に見てしまいました。監督がすごいのか、主演のジェシカ・チャスティンがうまいのか、良く分からないのですが、おそらく両方の相乗効果なのでしょう。ジェシカ・チャスティンは、「女神の見えざる手」での凄絶な演技と重なるところがあるのですが、こういうパラノイア的な執念深い知的美人を演じさせると天下一品ですね。

中国汚染ハリウッド全開とかフェミ臭満載映画でなくてよかった

投稿者:蟹 2019年11月23日

主人公が女性捜査官だったのでフェミ臭いやつだったらやだなとか、中国に汚染されまっくている典型的バカハリウッド系もやだなと思っていたがそうではなかった。
事実と現実的な雰囲気を知りたかったのでこういう映画が見たかった。
軍事情報に詳しくない自分レベルにとってはとてもいい映画だった。
できれば映画館で見たかった。
ハートロッカーも良かったし良い監督だと思う。

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA

秀作

投稿者:Vabene 2016年08月29日

事実に基いたCIAのオサマB殺害までのストーリー設定だが、脚本は、そこまでいきつく過程を女性調査員をヒロインにフォーカスし、自身もテロに遭いながらも、決して諦めずに組織の上層部と戦い続け次第に認めれ、やっとこさミッションの成功に導くというヒューマンドラマである。

10年以上経過し組織内でも風化されつつあるミッションを、高卒上がりのいち調査員にとっては、雲の上のようなエリート上司を相手に、、自分などただのくそったれ(マザーファッカー)に過ぎないと開き直って説得したり、オサマを見つけ出すことしか能がないと言う場面など、ヒロインを通して、組織で働く人間の心の琴線に触れる痺れるような場面の設定が随所に織り込んであり、どんどん引き込まれていく。
シールズによる急襲シーンなども時間をかけ忠実に再現しているのかすごいリアルで迫力ある。
ミッションを成し遂げたヒロインのエンディングのシーンもすごい印象的。 とにかく、すばらしい作品である。

アメリカ版忠臣蔵

投稿者:アッキー 2013年09月03日

襲撃シーンでは、あたかも自分がその場にいるかと思わさせるカメラワークはさすがです。内容が事実に基づくものなので、そこに至る過程を創作できない分、前半の展開はやや重たさを感じました。約20年前の映画、陰謀のセオリーのヘリコプター、パトリオットゲームの上空からの監視カメラなど、既視感のようなシーンはオマージュなのでしょうか?

レビューをもっと見る・投稿する