マイ・ガールのクチコミ・レビュー

クチコミ・レビューFilmarks

3.8

観た人
15561

観たい人
14486

投稿者:Funazo 2021年05月11日

少年マコーレー・カルキンの甘酸っぱくも成就することのない初恋の話かと思いきや、女の子の方が主役だったのに戸惑ってしまった。11歳の少女のストレートな純粋さと大人と子供の間で揺れ動く複雑な感情の描き方が丁寧な作品だった。

投稿者:みっつん 2021年05月11日

ひたすら泣いた
こんなにも主人公に対して切ない気持ちを持たせるのかっていうくらい
でも誰しもがわかる痛みみたいな感じで
痛みを背負った人間は強く優しく愛がある

投稿者:陽茉莉 2021年05月10日

私がもっと、いろんなことをちゃんと感じられるようになったら、改めて観たい。
感じきれなかった自分がもったいない映画でした。
泣いたのにスッキリ前向きになれる不思議で素敵な物語。

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA DISCAS

トーキングアバウト、マイガール

投稿者:ykk1976 2013年09月05日

映画の目線は、ベータ(アンナ・クラムスキー)という11歳の少女。
彼女は、同じ年頃の女の子と遊ばず、毎日トーマス・J(マコーレ・カルキン)という少年と自転車で街を駆け回っています。
しかし、彼女には、人にはわかってもらえない悩みがあるのです。
家が葬儀屋という「死」と向かい合わせの家業であり、実は自分は死病にかかっていて、死が襲い掛かってくる妄想にかられているのです。
そんな病院通いにもつきあってくれる、トーマス・J。アレルギーをたくさん持つ、ちょっぴりひ弱な男の子ですが、
彼女の大切な親友なのです。

主人公はベータという少女であるにもかかわらず、タイトルは英語でもマイ・ガール。
ベータのやもめの父ハリー(ダン・エイクロイド)にとってもマイガール、お互い思春期の入り口にさしかかるトーマス・Jにとってもマイガール、
映画を作った監督のハワード・ジーフも公開時にはすでに60歳を超えていましたが、彼にとってもこのベータという少女はマイガールなんでしょう。
みんながそう思うのも仕方がないくらい、アンナ・クラムスキーが演じるベータは魅力的です。

少女から大人への階段をまさに登り始めたベータ。この夏、彼女が経験する初めてのことはすべて、かけがいのない人生の思い出となるはずです。
その瑞々しい映像にまさに魅了されました。
自分が少女時代にもこの映画を観ましたが、今回の方が眩しかったです。目がくらむくらい、美しい映画だと思います。
テンプテーションズ『My Girl』をはじめ、音楽もとてもステキでした。

上手な子役

投稿者:不思議な年寄 2013年06月08日

何処にでも、演技の上手な子供はいるもんだな~。
 泣くほどことはないが、まあ、みてまずまずよっかった。

最初は単調

投稿者:spa 2013年03月24日

最初は単調で主人公があんまり好きになれなかったけど、多感な時期だったのね。最後は涙が出てました。

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA

最悪だ

投稿者:DVD派 2021年03月16日

エンドロール入った瞬間「は!?ふざけんなし!」と叫んでしまった。
トーマスj作品内で退場させる必要あった?!
親父が悲しむ娘に「めそめそするな」って、お前20年亡き妻引き摺ってたやん!
新しい彼女が登場しなければ、まだ引き摺るだろ。
ヒロインのベーダは、やんちゃというより悪ガキ。下級生からカネ騙しとるは、他人のヘソクリ盗むは…
親友亡くして、女の子の友達がすぐ出来て…
トーマスjの片想いで終わり、召された。
何故にこれ2作目作ったのか?
親父もなかなか最低。婆さんの面倒、娘に押し付け、自分はイチャイチャするか、仕事してるか。
誰にとってのマイガール?
そもそも、ベーダがマイガールに値するのかも疑問点。
子供の純愛なら、イットのほうがずっとピュアだったよ。
トーマスjはベーダのことよく見てるし、理解してるし。召さないで2に続いたほうが、青春として成り立った気がする。

悲しい

投稿者:りね 2012年02月20日

たまたま手にとった映画がこんなに良い映画で、嬉しかった。 自分にとって大事な人は、日頃から感謝しなきゃダメだね。

絶対泣くよぉ〜(>_<)

投稿者:釈迦兎 2005年03月22日

ホントに好きだったり大切な人って
本当はいつでも・いつもそばに居てくれた人で、でもそれってその人が居なくなった時にハジメテわかる事なんだね。。

レビューをもっと見る・投稿する