トゥルー・ロマンスのクチコミ・レビュー

クチコミ・レビューTSUTAYA DISCAS

ラヴ・トルネード カンクン行き

投稿者:ビンス 2019年10月07日

タランティーノ脚本による
アブない愛の逃避行ロマンスムービー
あの木琴だかなんだかわからないけど
打楽器のほんわかして柔らかくて
あたたかいメロディが聴こえると
一瞬で「トゥルーロマンス!」となるほど
ハンス・ジマーの作ったテーマ曲が耳に残る作品。
若い男女が運命的に惹かれ合い
無計画且つ能天気な都合のいい展開を夢見
その展開がミラクルでラヴリーなトルネードを巻き起こし
メキシコはカンクンまで
運命を吹っ飛ばすぶっ飛びロマンス
浅はかな考えしかない男と
浅はかな考えしかない女が
決して折れない曲がらない離れない愛だけを盾に
そして矛にして
ラヴとラブが合体したら
1+1は1憶万でしょう!と
愛の素晴らしさを証明する物語
愛に愛されたキングとクイーンの
ハチャメチャラヴバイオレンス&ラヴロマンスを楽しみましょう

どうしようもないけどいい奴で
B級映画など、映画に詳しい主人公にクリスチャン・スレイター
この主人公は間違いなく
レンタルビデオ店でバイトしながら
映画を見まくり、脚本を書いていた
タランティーノ本人の投影でしょう。
主人公の好きな俳優はサニー・千葉
モロです(笑)
お相手はパトリシア・アークエット
こちらも「いい女~~~!」な素晴らしい女性を好演
クリスチャン、そしてパトリシア共に
この作品のこの役がキャリアハイな気がします。


しかしこの作品
改めて凄い面子が揃ってる
前記したクリスチャン・スレイターに
パトリシア・アークエット
ここにデニス・ホッパー
ゲイリー・オールドマン
クリストファー・ウォーケン
サミュエル・L・ジャクソン
ブラッド・ピット
ヴァル・キルマー(探すの楽しいかもです)
さらにクリス・ペン
トム・サイズモア
ジェームズ・ガンドルフィーニと
豪華が過ぎるでしょ!とツッコミたくなるほど
タランティーノ監督での
このキャストの作品も観てみたいと思わせるラインナップです。
皆さん出番の多少はあれど
誰もが印象的
その中でもはやりデニス・ホッパーですね。
これは沁みます。


デニス・ホッパーの味

投稿者:Yohey 2017年03月03日

タランティーノ脚本ということで、もう彼らしい言い回しやストーリー展開がバンバン出てきまして「いつものやつやなぁ。」と思いながら観ました。ただ、そんなに悪くない作品ですね。豪華俳優を適当に豪華に使っておりまして、そういう部分でも楽しめるかも。

まぁ、そんななかでもデニス・ホッパーはいいね。しがない親父役なんだけど、それなりの矜持があって、タランティーノらしい口上を述べます。らしさがあって良かったなぁ。主人公二人は青さがあってその青さが良かったのかも。思わせぶりなエルビスはもうちょっと前面に出てほしかったな・・・

つうかい

投稿者:ビッフィー 2016年12月25日

誕生日プレゼントにコールガールを差し向けられるくらいの冴えない男が、愛し合う女性を得て大胆になっていく、おまけに成り行きで大金になる麻薬まで手に入れて、さらに大胆になっていく。
主人公2人がラブラブでノリノリイケイケでいるうちに周りでは雪だるま式に事がどんどん大きくなっていく...。
タランティーノの映画は、現実ではありえない事を映画の中では思いっきりやってくれる!という痛快さがあります。
暴力も映画の中のエンターテインメントという感じがします。
監督の希望でエンディングを書き換えたとウィキペディアにはありましたが、元の台本の方が題名通りのトゥルーロマンスだったんだろうな...と。

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA

シドアンドナンシー

投稿者:jin 2013年10月02日

面白かった!脚本タランティーノ

まずはキャスト!

クリスチャンスレイター
ブラピ
Gオールドマン
デニスホッパー
サミュエルLジャクソン
他。

このブラピ良かった。笑いました。

シドアンドナンシーをキュートで小奇麗にしたような二人。
成り行きの結末など、なんかタケシの映画と共通項がありそうな感じ。
ずっと見たかったのでやっと見れて嬉しい!

You're so COOL!!!!

投稿者:さささ 2010年06月09日

バイオレンス、ガンアクション、ソニー千葉、エルヴィス・プレスリー…。タランティーノが自分の好きなもをちりばめて映画にしちゃったという感じの作品です。
が、それが面白い!シリアスになり過ぎない脚本といい、アクションの見せ場のバランスといい、演者の迫力ある演技といい、本当に素晴らしい作品だと思います。
好きなシーンは主人公の親父役であるデニス・ホッパーとクリストファー・ウォーケンの名優同士の対決シーン。あと、最後の銃撃戦のカタルシスが半端なくクール!!!!
ハンス・ジマーのテーマ曲が冒頭とラストに流れるのですが、観終わった後の爽やかな気持ちにピッタリです。
今気づいたんですけど主演の二人、シド&ナンシーに似てますね。

深津絵里も絶賛の超過激恋愛映画

投稿者:やまちゃん 2005年03月31日

ブラッド・ピットがちょい役で出てたりします でもやはり見所はデニス・ホッパーとクリストファー・ウォーケンの対決シーンだと思います

レビューをもっと見る・投稿する