スペシャリストのクチコミ・レビュー

クチコミ・レビューFilmarks

2.9

観た人
2148

観たい人
280

投稿者:サイカツ 2020年09月26日

結構面白いのだが、スタローンとシャロン・ストーンのラブシーンが余計。
無くても良いくらいなのに、全裸にまでなった上に時間も長い。
スタローンがやりたかっただけなのか、これを売りにしたかったのか分からないが、このせいで評価が下がっていると思う。
(興行収入は良かったみたいだが)

そもそもスタローンは「君とは会わない。依頼通り3人殺したらそれでお別れ」と言ってたはずなのに、3人殺した後、シャロンを探し出し「君は美しい」とベッドイン。ろくに知らない相手なのに、これでは単なるスケベオヤジでしかない。

確かにシャロン・ストーンは色気十分だったが、そこをグッと堪えて硬派に振る舞っていれば、このスコアももう少し上がったはずなのだ。

投稿者:tamaemon 2020年08月16日

爆弾のスペシャリスト。
スターローン48歳
シャロンストーン36歳 身長174センチ
あんなに爆発したら、被害も大きそう。

投稿者:ヒロキ 2020年08月06日

スタローンとシャロン・ストーンがちょうどノリにノリまくってる時期の映画だね!

話の内容的には、よくあり気なヒットマン復讐系の話なんだけど

スタローンが爆破請負人だけあって、爆破シーンの迫力となかなか斬新な爆破シーンもあったりして、面白い☺️✌

ジェームズ・ウッズと御大のロッド・スタイガーがいい味出してて、それも魅力的な映画だった‼(#^.^#)

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA DISCAS

凄腕だけどゆるすぎる展開

投稿者:Yohey 2018年11月22日

凄腕の爆弾魔がスタローン。凄腕すぎるのに、女に甘いのがスタローン流か。っていうか、そのせいでゆるすぎる展開に。あそこまで緻密な爆弾魔が女だけにはゆるいとは。また、それがもひとついい女ではないんだな。

爆弾魔のくせに現場にのこのこ現れるのは、やっぱり魅せるのが映画だとわかってるからか、随所にスタローンらしさがありました。爆発は迫力あるし、こういうのは彼の映画らしくてすごいね。

でもやっぱり女がなあ。って思ったら、納得のシャロン・ストーンさんでした。やっばりそうか。

豪華なB級アクション映画

投稿者:みなさん(退会) 2015年06月24日

『大脱出』のシルベスター・スタローンと、『トータル・リコール』のシャロン・ストーンが主演したアクション映画。
ヒットしたのかどうか知らないが、莫大な予算をかけたB級アクション映画のにおいがプンプンする。好きな作品だ。(笑)

S.スタローンは、元CIA。爆弾のスペシャリストってことになっている。けど、そうは見えない。
チマチマ爆弾を作るより、拳で決着をつけるタイプに見える。まぁ、アーノルド・シュワルツェネッガーよりは知的に見えるが……。(笑)

S.ストーンは、本作品で、めでたくラジー賞を受賞している。(拍手!)
彼女は、セクシーな面ばかり取り沙汰されるが、真面目な女優さんだと思う。
本作品でも、乳首の透けたドレスで登場したり、シャワー・シーンや濡れ場もある。けれど、それ以外の場面では、キチンと役柄を演じ、好ましい。熱演だった。
たぶん、普通の女性を演じてもサマになる女優さんだろう。

この2人に、ロジャー・コーマンが製作した『シャークトパス』のエリック・ロバーツが出ている。麻薬王の2代目ドラ息子という役柄。まだ若い。
S.ストーンの仇役、S.スタローンのターゲットというポジション。
この時代の雰囲気を見事に体現していた。(笑)

その父親の麻薬王には、オスカー俳優のロッド・スタイガー。『大脱出』でS.スタローンと初共演を果たしたA.シュワルツェネッガー主演の『エンド・オブ・デイズ』に出ていた。悪魔復活の秘密を知る神父役だった。
もっと、彼に敬意を払った役があると思うのだが……。晩年のフィルモグラフィは、ちょっと寂しかった。

スタローンの真の敵として登場するのは、ジェームズ・ウッズ。
『最“新”絶叫計画』で、インチキな悪魔祓いをするイカレた神父役を怪演していた。インパクトが強かった。
モチロン、他にも良い作品で良い演技を見せているのだが、あの作品を観て以来、思い出せなくなってしまった。(苦笑)
本作品でも、『逃亡者』のトミー・リー・ジョーンズばりの熱演を見せている。

監督は、『アナコンダ』のルイス・ロッサ。
彼は、ロジャー・コーマンの門下生だ。あれから新作を見ていない気がする。好きな監督さんだから、もっと作品を観たいが、ペルーに戻ったのだろうか。ペルーの映画って観たことがないなぁ。
クライマックスで、カニが降って来る演出に、芸の細かさとユーモアが感じられた。

そう言えば、S.スタローンも売れない時に、R.コーマンの『デスレース2000』に出ていたっけ。(笑)

製作には、『ベストキッド』シリーズで儲けたお金がつぎ込まれているので、豪華な出来映えだった。

それには、エンディングで流れるグロリア・エステファンの主題歌が大ヒットしたことも書いておかなければいけない。
旦那のエミリオが、劇中で使われた楽曲を監修したおかげで、バランスもいい。幕が下りるまで雰囲気に統一感があったのは、彼の功績だろう。
そのせいか、ジョン・バリーの音楽は、精彩を欠いていた。

オススメ!

現実離れしたパーフェクトボディ(笑)

投稿者:BEEFジャーキー 2013年06月25日

S・スタローンとS・ストーンの組み合わせ。

それなりに派手で、
それなりのアクション映画。

でも、かなり薄っぺらーい娯楽映画。
見ても見なくてもOKって感じ( ̄▽ ̄;)

**********
ちなみに、二人の半裸のシーン。
ちっとも、エッチに感じないから不思議(笑)

なんでやろー?
現実味の無いボディしてるせい??

筋肉ムッキムキのマッチョなスタローンと、
マネキンのようなナイスバディのストーン…
(どっちも固そうな肉体美…)

ベッドより、リングの方が似合いそう♪
「ファイトッ」みたいな…(笑)

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA

なかなか

投稿者:ヒロ 2012年01月29日

ストーリーもなかなかですしスタローンが好きな人にはいいと思います

ちょっと古い

投稿者:砂くじら 2011年10月11日

シルヴェスター・スタローンよ!!
こんな作品もあったとは
知りませんでした

なかなかでしたよ

シャロンの魅力に乾杯〜!

投稿者:しゅん 2004年05月23日

スタローンとの遣り取りも面白いけど、やっぱりシャロンがイイ〜♪

レビューをもっと見る・投稿する