ダイ・ハード 3のクチコミ・レビュー

クチコミ・レビューFilmarks

3.6

観た人
21540

観たい人
2031

投稿者:うみこ 2020年08月01日

前作の出来が非常によかっただけに今回は物足りなさがあった。
サミュエル・L・ジャクソンはよかったが、マクレーン単独の方がダイハードの醍醐味があっていいのに。
ラストが呆気なかったな

投稿者:なおなお 2020年08月01日

笑った笑ったw
今回はNYの街を動き回るし、
テロリストに振り回されすぎてて気の毒w

空に地下に船に
舞台が幅広すぎて全く飽きなかったし
盛り上がったなあ!笑
ずーっとボヤいてるし、
守る人がいないから最後疲れてるw
そしてめっちゃ殺すしー笑
エレベーターで4対1で勝つとかw

オープニングからぶっ飛ばしてて、
始まったわwってなってからの
ドタバタ感やばいw

サミュエルとのバディで
ふたりの掛け合いもおもしろかった!
いいコンビだよ!

子供を助けに行った警官と、
爆弾解除のために残った警官に
ちょっとウルッときたわ。

ラストがちょーっと弱くて残念。
スカッとやり返してほしかった!

投稿者:ホシ 2020年08月01日

シリーズを重ねる度に増えていくナンバリングとクレイジーさ。
ブルース・ウィリスとサミュエル・L・ジャクソンが街を舞台にした謎解きゲームを楽しむお話。

爆破やアクションの迫力は凄まじいが、人間ドラマや駆け引きの要素が薄まってきているのが個人的には寂しい。

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA DISCAS

私的にはダイ・ハードの範疇です

投稿者:趣味は洋画 2018年01月11日

ダイ・ハード3(1995年アメリカ、カラー129分)

この映画は劇場で観ました。
シリーズものになると、どうしても見比べてしまうんですよね、人情として。
必然のように「1」「2」はダイハードだが、これはダイハードではないとか、前作にくらべてラベル(レベルではなく、本当にラベル)が違うとか...まあ、いろんな意見が登場してまいります。

面白いか、面白くないか、と言われれば、当然「面白い」のであります。
第1作の超高層ビル、第2作の空港に続き、本作はニューヨーク市街の爆破、とでもいいましょうか。
冒頭のニューヨーク5番街のビル爆破シーンからいきなり惹きつけられます。
犯人は国際的なテロリスト、サイモン(ジェレミー・アイアンズ)。・・・細見だが筋肉隆々で羨ましい身体・・・
しかもサイモンは第1作でマクレーン刑事(ブルース・ウィリス)に葬られたハンス・グルーバー(アラン・リックマン演ずる)の兄という設定で登場します。このあたり、第1作監督のジョン・マクティアナンが再びメガホンをとったことのサービスでしょうか(笑)。

てっきり弟の死に対する復讐なのかとも思うのですが、違っていました。

サイモンは地下鉄の車両に爆弾を仕掛け、クイズを出し続けてマクレーン刑事を振り回します。
次にニューヨーク市内の小学校246校のいずれかに爆弾を仕掛けたと通告してきます。
まったく卑怯な手段で、サイモンに対する強烈な憎悪が増します。(観客も同様に思うことは、作り手の当然の狙い)

後半部分はやや急テンポで展開、ご都合主義の感がしないでもありません。脚本が「1」と「2」は大物スティーヴン・E・デ・スーザだったのが、本作は「アルマゲドン」のジョナサン・ヘンズリー氏。
やっぱり「3」から路線が異なっているのは、こういったところの影響なのでしょうか。

このころから何でも顔を出しているサミュエル・L・ジャクソンには、‘ああ、まいど!!’の挨拶で十分ですが、コリーン・キャンプ、スティーヴン・パールマン、ミシャ・ハウッサーマンといった往年の名脇役が出ているのは、脇役にこだわりのある吾輩としては嬉しかった次第。

そして、
テーマ音楽に53年「第十七捕虜収容所」が使われていること、更に嬉しかった。


こんなに地味だったんですね

投稿者:レビュアー名未入力 2016年05月17日

ダイ・ハードは、とても爽快でワクワクした記憶があります。残念ながら手元には以後のメディアがありません。是非次の「ダイ・ハード2?」を入手して、あのワクワクを思い出したいと思います。因みに私は現在63歳です。こういうシステムがあるのは正に感謝です。大いに期待しています。

みんな頑張っていたなぁ

投稿者:hellosky 2013年02月14日

テレビで放送されているのを懐かしく思って観ました。データ放送とはいえ製作年が探せなかったのでグーグルしてみました。95年なんですね~。ブルース・ウィルスも若いし、マンハッタンやニューヨーカーのファッションもちょっと昔だし80年代後半の感じがしましたが、95年でもまだあんな街並みだったんですね。携帯電話も無くて公衆電話だし...。中学生だった93年にニューヨークへ行きましたが、映像よりはもっと都会的なイメージとして思い出がありました。今のマンハッタンと比べると95年でもまだまだ牧歌的ですね...。あと、ジェレミー・アイアンズのムキムキ度というかムキムキファッションもちょっと今の流行のマッチョとは違うなぁと...時代だなぁと。女性テロリスト役のサム・フィリップスさんはミュージシャンなんですね...。

中高時代に観た映画を今観るのは結構面白いです。俳優さんの中には見覚えのある人とかもいますし...。DVDを借りてまでは観ないだろうけれどやっぱりこの時代の映画は映像的にもストーリー的にも観客をワクワクドキドキさせるように良く出来ていたと思います。パターンはわかっているんですがついつい見てしまいます。勿論、「わが心のボルチモア(90)」「マグノリアの花たち(89)」心に残る名作もたくさんありましたし...。

水曜プレミアムシネマのお陰で「ダイハード/ラストデイ」を劇場で観るべきかなと、まんまとプロモーションの罠にはまりそうです。が、正直映大人券1800円は高い...1000円でもちょっと...600円位ならどんどん観に行くだろうけど。会社帰りとかに気楽に週1-2回映画館に行けたら良いのにな、会社でのイヤな上司のことなんかさっさと忘れて毎日がもっと楽しくなるのになと思います。下手したら週3-4通ってしまうかも...。この15年位地上波で映画は観たことがありませんでしたが、この数週間いくつかなかなか楽しく観れました。今後のラインナップもなかなか良くて楽しみです。でもあまり血がダラダラしたり人を殴ったり蹴ったり殺す映画は見れないです。中学生でダイハード観てたって結構怖いです。ダイハード3でも目を覆いたくなるシーンがありました。

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA

音楽のセンスのみ。

投稿者:たま 2014年10月05日

元祖マクティアナン監督の再登場である。銀行を襲撃する時に《ジョニーが凱旋するとき》が流れて、相変わらず音楽のセンスは素晴らしいなと思ったが、それ以外は観るべきものは無かった。2作目はまさにやりたい放題で、一気にアクション映画の極北まで 行ってしまったものだから、原点回帰は難しかったのかもしれない。終始グダグダな演出で、ラスボスのハンスの兄貴もただの頭の悪い小悪党ぐらいにしか思えなかった。バトンを渡されたのでとりあえず一周回ってみました、ぐらいの作品である。

いきなり、爆発。

投稿者:マティーニはシェイクで 2013年02月14日

地元でも、マクレーンはツイてなかった。今度は普通の人(ゼウス)もツイてない人になったね。2人とも、命がけの戦いを繰り広げていたね。


敵もやることの規模が半端ない。


うーん、同じ時期の007より面白いかも。

まあまあ

投稿者:はたポチ 2012年04月04日

シリーズ4番目におもろい

レビューをもっと見る・投稿する