あぶない刑事 リターンズのクチコミ・レビュー

クチコミ・レビューFilmarks

3.3

観た人
992

観たい人
171

投稿者:kazu1961 2021年07月09日

▪️JPTitle :「あぶない刑事リターンズ」
ORTitle: ※※※
▪️First Release Year : 1996
▪️JP Release Date : 1996/09/14
▪️Production Country : 日本
Main Awards : ※※※
▪️Appreciation Record : 2022-384 再鑑賞
Running Time : 108分
▪️Director : 村川透
▪️Writer : 柏原寛司、大川俊道
▪️MusicD : Fuji-Yama、OSNY MELO、大野雄二
▪️Cast : 舘ひろし、柴田恭兵、浅野温子、仲村トオル、木の実ナナ、小林稔侍

▪️Review •••••••••••••••••••••••••••••••••
7年前の前作は村川透監督良かったんですけどね。。。7年間充電してスケールアップを狙ったんでしょうけど、シリアス&ノワールな前作の良さは全く消え失せて、スケールアップ=悪ノリの度合いが大きくなったように思います。残念ながら、公開当時観に行って肩透かしを食らったのを覚えています。。。エンディングのロシア製のミサイルはやりすぎですね。

本作、前作『もっともあぶない刑事』以来7年振りに製作された劇場版第4作。1994年に逝去した近藤課長役の中条静夫に代わり、本作より新たに新任課長・深町役として小林稔侍がキャスティングされました。この新課長とのやり取りも中条静夫の存在感と安心感の前には。。。

まあその中でも舘ひろしと柴田恭兵二人のアクションとトーク、そしてタカさんのバイク上からのスタント無しのガンショットも健在。脇を固める浅野温子、木の実ナナ、ベンガルといった芸達者も健在。何も考えずに観るのには十分かもしれません。

物語は。。。
横浜繁華街にあるクラブがフロアごと爆破されました。 その手口からユージは、5年前に逮捕したことのある爆弾マニアの唐木にターゲットを絞ります。唐木を尋問したユージは、パソコンに入力されていた犯罪プランを発見することに。それは、横浜銀行協会を襲い、頭取たちを人質に取ろうというものでした。タカとユージの活躍で人質は保護されたものの、身代金として用意された10億円は持ち去られてしまいました。やがて事件の背後に犯罪集団ブレーメンの存在が浮かび上がります。彼らは更なる恐るべき計画を企てていたのです。。。

▪️Overview (映画. comより)
横浜・港署の名物コンビ、タカとユージの“あぶない刑事”の活躍を描いた、遊び心いっぱいの痛快ポリス・アクション。89年の「もっとあぶない刑事」以来、7年ぶりに復活したシリーズ第4作で、今回は国際テロリストを相手に大立ち回りを展開する。監督は「ニューヨークUコップ」の村川透。脚本は「ルパン三世 DEAD_OR_ALIVE」の柏原寛司と「四姉妹物語」の大川俊道の共同。撮影を「のぞき屋」の仙元誠三が担当している。主演は「免許がない!」の舘ひろしと「集団左遷」の柴田恭兵の名コンビ。そのほかのレギュラー陣も、94年に急逝した近藤課長役の中条静夫を除き、浅野温子、仲村トオル、木の実ナナらオリジナルメンバーがずらりと勢ぞろいした。中条に代わる新課長として登場したのは「岸和田少年愚連隊」の小林稔侍。敵のテロリストに「ガメラ 大怪獣空中決戦」の伊原剛志。

投稿者:Yosuke14 2021年06月24日

やっぱりタカ&ユージといえばこっちでしょ!
最近ドラマ【ネメシス】で勝地涼さんと中村蒼さんが演じた刑事役でタカ&ユージだったので本家が観たくなりました笑
内容は爆弾テロや宗教的な団体による大規模な事件をタカ&ユージが体を張って事件を解決!っていう今だったらコンプライアンスでアウトなりそうなシーンもありましたが80年代90年代のドラマシリーズってお金掛かっててド派手で面白いもの多かった気がします。もちろんあぶない刑事は再放送です笑
こんなハチャメチャな警察官実際にいたら大問題だろうな。
銃はすぐ撃つし警察のルール守らないしスタイリッシュでお洒落なスーツにサングラスってのに憧れて子どもの頃の夢は警察官でした笑

投稿者:TaikiFushimi 2021年05月01日

なんとなーく、ふいに見た笑

この映画で気付かされたのは、
上司とか俺の親世代が、俺ぐらいの歳の時にこんなカッコいいの指針になる人達がギラッギラしてたら、真似たくなるよな〜と。

昔は良かったとか大人は言うけど、シーンの所々に今だったら炎上してるシーンがちらほらあって
確実に窮屈な世の中になってるんだろうなと気がついた。

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA DISCAS

愛着の問題ではありますが、少なくとも『リターンズ』ではないです!

投稿者:伝衛門 2017年12月01日

本編終了後のテロップ
”to the memory of 中条静夫”や本編内でも飛び交う”近藤課長”のセリフに
関係者一丸の愛情・敬意を感じ、シリーズ復活を喜びたいところではありますが、
やはり本作品では寂しさは埋まりません。

リターンズではなく、また新たに誕生したといったところでしょうか。
何か新しいものを取り入れていかねば、マンネリ化の一途をたどることは目に見えていますが、
7年ぶりのシリーズ復活作品としてなら、あえて踏襲してほしかったかな。

舘ひろしさんの”冷たい太陽”もNEW BLOOD VERSIONでない方が断然良かったのに…

ちゃんとちゃんとの「あぶの素」

投稿者:ビンス 2011年02月07日

大好きなシリーズ。
久々に観てみました。
このリターンズは、あぶ刑事ファンがランキング付けすれば最下位にランクされる作品ではないでしょうか。
ボク個人で言えば、完全に最下位です。
面白いことは面白いんですが、いつものクオリティーには達していないと思う。
その原因は・・・
一番の原因は・・・
これはどうしようもないことであり・・・
だからこそとても悲しいことなんですが・・・・
近藤課長の不在です。
中条さんが亡くなってしまったために、物語上は近藤課長は定年退職となり、新たに小林さん演じる深町課長が港署課長として新登場したこと。
この穴は痛い・・
小林さんがいくら頑張ったところで、あぶ刑事ファンからすればどうしても中条さんを求めてしまう。
違和感が拭えません。
タカとユージを怒鳴りちらしながらも、愛情たっぷりに彼らを見守る。
責任は全て取る。
気苦労が絶えなくて「瞳ちゃん、お茶」・・・
その全てが懐かしい。
もう二度と「新しい絡み」が見れないということがとても悲しい。

そしてもうひとつの原因。
これははらわた煮えくり返る原因。
それは・・・
虎井。
関口宏の息子演じるこのキャラ。
必要なし。
全くもって必要なし。
百害あって一利なし。
あぶ刑事の空気を壊してる。
眉毛つながってるよ。
イライラします。
そういう声が多数寄せられたんでしょうか。
次作からは一切出てきません。
そりゃそーだ。
めでたしめでたし。

荒唐無稽で軽いノリ。
これはシリーズの中でも一番顕著かも。
ミサイルのくだりとかとんでもないです(笑)
しかし一番とんでもないのは「ふんどしベイベー」の伊原さん。
彼に一体何があったのか(笑)
宮沢りえじゃないんだから・・
勇気と無謀は紙一重。

いつものノリとお約束はちゃんと満載。
お馴染みのメンバーだけのシーンはなんとも心地良い。
走るユージのBGMは「ランニングショット」
いつも都合よくあるバイクにまたがってショットガン連射のタカ。
やっぱりドジで憎めないトオル。
タカはダンディに。
ユージはセクシーに。
トオルはプリティーに。
カオルはブロークン。
この4人さえいれば、とりあえずなんとかなる。
ちゃんとちゃんとの「あぶの素」。

大好きなシリーズ

投稿者:六右衛門 2007年12月04日

大好きなシリーズです。
年をとらない二人に敬礼^^

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA

あぶない部下とプッツン上司

投稿者:もりちっち 2014年02月07日

銃撃戦とギャグ、格好いい音楽、ミサイルまでギャグしてるし、日本にしては珍しいんですけどね。二度と製作されないだろうね。

お久しぶり!

投稿者:タカ! 2001年09月30日

7年ぶりの映画という事もあり、メンバーが少し変わっていて新鮮だった。車も日産から三菱に変わっていたし。ただ、もう少し迫力が欲しかったです。でも、面白かった!

レビューを投稿する