ナイト ピープル~ジ アート オブ デヴィッド リンチのクチコミ・レビュー

クチコミ・レビューFilmarks

3.4

観た人
32

観たい人
244

投稿者:BON 2021年04月07日

デヴィッド・リンチを追ったドキュメンタリー映画。監督はカルト映画の金字塔『イレイザーヘッド』(1977)以来の共同作業者、友人であるトビー・キラー。

リンチの友人や家族、関係者などのインタビューが収録されており、主にリンチの傑作『ロスト・ハイウェイ』(1997)の制作中の裏側を中心に撮影された作品。

リンチは見た目からキッチリ真面目で礼儀正しく、冗談を言ったり、朗らかな人柄で周りに人が集まるような人たらしだと鑑賞して感じた。そしてすごい前髪。生え際どうなっているんだろう。

悪夢を具現化したようなダークワールドを展開するような人物とはとても思えなかったが、彼が色々なものを手作りをする姿やアリやネズミのエピソード、臨機応変な対応からやはり芸術肌・天才性を感じた。

投稿者:YasuhitoArai 2019年07月14日

「ロスト・ハイウェイ」製作時のデヴィッド・リンチを映したドキュメンタリー。

撮影時のファッションは、下がルーズ目のチノパン、上が黒いシャツ及びジャケット、もちろんシャツは上までボタンを閉める。
吸ってるたばこはアメリカンスピリットだった。
ほんとにアリが好きなんだなーって思った。

メル・ブルックスや死ぬ前のジャック・ナンス、ロスト・ハイウェイ撮影時のロバート・ブレイクのインタビューがあったのが面白かった。ロバート・ブレイクが「今まで自分が出ていた刑事ものなんてクソだ!」って言ってて笑った。

プラハの街をリンチが歩くのをひたすら映した映像がシュールで面白い。

投稿者:MOMO 2019年07月12日

「イレイザーヘッド」の赤ちゃんの
中身がどうだとか、強烈な作品の裏側を淡々と語る姿が何だか可笑しくって
観てて楽しかった ‍

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA DISCAS

アーティストなんだなあ

投稿者:ちか 2010年11月21日

デヴィッド・リンチ。
やはり只者じゃないなあ、と、改めて実感しました。
非凡。根っからのアーティスト。
でも普通のオジサンだというのが良くわかった。彼自身はとっても優しい人なんだと思う。

リンチ作品はどれも好きですが、リンチ自身も同様に好きです。
このドキュメンタリーに出てくる、初期の短編の映像も(さわり程度ですが)心がざわざわするものがあります。
もし私が役者だったら、絶対にリンチ作品に出たい。裕木奈江さん羨ましい。

ロスト・ハイウェイ頃のドキュメンタリーです。最近のリンチも見てみたい。
新作が待ち遠しいなあ。

ナイト・ピープル

投稿者:Yurie 2009年10月05日

デヴィッド・リンチはこんなに普通の人だ。すばらしい。

理解は頭の中の出来事に過ぎない

投稿者:kunkun 2007年06月22日

この映画をみて短編映画があることを知り、見てみたらかなり面白かった!!おすすめ!~想像力、感性、表現力のどれをとっても奇抜。なろうとしてもなれないんだろうな(笑)よく、彼の映画は解らないという人がいるけど最近は想像力が必要ない映画が多すぎる・・映画に全てをゆだねるのではなくて、観客自身も色んな意味で参加してこそ一つの作品が出来上がるんじゃないかしら?理解が映画の目的ではないはず☆でもリンチ自身をチョッピリ理解できた気にさせてくれるドキュメンタリーがこれ!

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA

レビューを書いてみませんか?

レビューを投稿する