やさしいライオン リニューアルのクチコミ・レビュー

クチコミ・レビューFilmarks

3.8

観た人
39

観たい人
41

投稿者:MilleNotti 2020年11月22日

母と息子(犬とライオン)
優しい息子。
女と男。

『チリンの鈴』
父と息子。

でも
父と娘〈男と女〉でもあるかな?
世代交代、再生産


『やさしいライオン』の方が
古い作品。

投稿者:108 2020年08月23日

やなせたかし原作・演出 手塚治虫製作なんて作品があるとは知りませんでした。

もう50年も前の短編アニメですが、今のEテレで放映したらめちゃくちゃ評価高そうです。

親子の愛に加え、見た目や偏見、差別、そして人間という生き物の身勝手さ。。。

子どもには子どものための、そして大人には大人のためのメッセージが強く込められていて、一度見れば忘れることのないストーリーそして音楽に引き込まれます。

投稿者:mitakosama 2020年04月10日

やなせたかしの絵本を手塚治虫が映像化。
ハッキリ言う。泣ける。

親のいないライオンの子供、ブルブル震えていたのでブルブル。
子供を亡くしたばかりの母犬、ムクムクとふっくらしているからムクムク。
この二匹が動物園で親子として暮らすと言う話。

まず、やなせたかしの絵柄の再現が凄い。簡素な絵柄に見えて丁寧なアニメーションをしてるんだよ。
物語は、母親と子供の会話がナレーションになっている。絵本を読み聞かせるような演出で、最初は野暮ったく感じるが、話が進むにつれ、つい内容に引き摺り込まれる。

更にボニージャックスがムード歌謡っぽい歌でミュージカルの様に状況説明をしてくれる。

ライオンは成長し母犬は老化。立髪が立派なライオンは自分の姿の恐ろしさに畏怖するが、母犬は暖かく許容するんだよ。
形が違ってても親子だと諭す母犬にライオンは涙。うぅ〜、見てるこっちもついホロリ。

離れ離れになる運命の二匹だが、サーカスに売られたライオンは母犬の元へ…

やなせたかしはチリンの鈴で羊と狼の親子を描いたが、こちらはもっと純粋な物語やね。
優しさとは何か、幾つになっても忘れないでいたい大切な想いが詰まってる。オススメ。

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA DISCAS

子を持つ親は必見。

投稿者:ksk 2007年07月19日

やなせたかし先生といえば、「アンパンマン」ですが、
そこに一貫して「生」というテーマがあるということをご存知の方も多いはず。
この作品は、もっともっとそのテーマを深く、重く、そしてストレートに表現した、ある意味貴重な作品に思えます。

原作の絵本をご覧になった方は、このDVDも是非。
やなせ先生じきじきに監修もなさっているようなので、絵本のイメージそのままです。

絵本のまんま

投稿者:はとこ 2006年08月02日

絵本を持っていたので映像でも見たいと思い借りました。
物悲しくせつないお話です。
子供から大人まで見て欲しいです。
踊ってるシーンはかわいい

ほのぼの

投稿者:レビュアー名未入力 2004年01月19日

いま二歳半になるこどもがいてその子のためにかりてみた感じですが,子供には,もうちと大きくなってかれでももう一回かりてみたい作品です。
 展開や配色がほのぼのしてていているけど それなりにかなしいこともあって自分に置き換えてみて私だったらどうかなって考えてしまいました。

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA

レビューを書いてみませんか?

レビューを投稿する