ゲームのクチコミ・レビュー

クチコミ・レビューFilmarks

3.7

観た人
14100

観たい人
8728

投稿者:みほみほ 2020年01月17日

2020年18本目

一体 何が何で何なんだ!!!

最後まで予測出来なくて、振り回されて、脳内 ????で迎えるあの結末…私は好きになれなかった。

最初の方のショーン・ペン、明らかにおかしくて怪しい奴を演じてるのに、最後の方にいきなりいつものかっこいいショーン・ペンになって、この人振り幅あるなぁって驚いた。(アイ・アム・サムとミスティック・リバーくらい違う)

今回のマイケル・ダグラスはあまり魅力的ではなかったが、彼はいつも怒ってるなぁというイメージが出来てきたので、他も観るのが楽しみ。

今のところ氷の微笑のダグラスがトップ!

投稿者:kachu 2020年01月13日

流石デヴィッド・フィンチャーって感じ
ゲームと現実の区別がつかなくなるし、ただただoh…ニコラスってなった
最後はしっかり騙された、とても面白かった

投稿者:俗悪亭ヴィレモンテ穴レンガリ 2020年01月13日

いたるところに既視感が漂ってるなァーと思いつつ最後までみてたらオチだけくっきり完璧に思い出して大人になる前に観たことあることに気づいた、それでもツッコミどころとメッセージ性があって面白い。

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA DISCAS

騙されること、これ満足!

投稿者:趣味は洋画 2019年07月06日

ゲーム(1997年・アメリカ、カラー、129分)

デヴィッド・フィンチャーは既に95年「セブン」で一躍、有名監督となっていましたから、‘その次’の作品としての本作はかなり注目されていた筈です。しかし全米での反応は今ひとつで、日本でも「セブン」ほどの反響は起きませんでした。

実際、作品を観た人の感想はどうだったのでしょう。
昔からの悪友Y氏の評価は二重丸だったうえ、へそ曲がりで ‘ああ云えばこう云う’ 凡友も、珍しく真面目な顔で、この映画について語ってくれました。(勿論ネタバレなしでですが)

作品の輪郭は少し分かっていたので、‘まな板の鯉’ よろしく、騙され方を十分楽しもう...そう思い、いつもの鑑賞の準備に取り掛かりました。
自室のカーテンを閉め、薄暗い灯りの状態、テーブルにはウィスキーの小瓶とオンザロックのグラス、多めの氷、そしてブラック・チョコ(板チョコです)。これでOKです。
駄作で眠くなった場合は、いつでも隣のベッドに横たわることもできます。

結果、ベッドを使うことは1度もなく、中盤からはグラスの氷が溶けて、ぬるい水になっていました。
いやあ~~、心地よく騙されました。満足感に浸れる騙され方でした。

サンフランシスコで投資家として暮らすニコラス(マイケル・ダグラス)は48歳。父親の莫大な資産を受け継ぎ、妻とも別れて大邸宅に住んでいる。ある日、弟のコンラッド(ショーン・ペン)から誕生日のプレゼントと称して、「CRS]なる会社の紹介状を渡される。半信半疑ながらも「CRS]を訪れたニコラスは、重役のジム(ジェームス・レブホーン)から ‘CRSの商品はゲームです’ と云われる。その後、ニコラスは奇妙な出来事に遭遇するばかりか、乗ったタクシーが海に転落、命からがら脱出し警察に助けを求めるはめに。更にCRSの事務所に行くと、そこはもぬけの殻だった...。

後半、ニコラスがCRSに復讐を誓うあたりから、ストーリーは俄然盛り上がります。
ラストには ‘二重のどんでん返し’ が用意されていますから、これでデヴィッド・フィンチャーの真骨頂を堪能できる手筈となっております。(笑)
しかし、万人受けする内容か否かと問われれば、正直なところ自信はありません。

そして、既にご覧になられた方からすれば、‘まわりくどい説明はやめろ’ と御叱りを頂戴するかもしれません。

脚本はジョン・ブランカトーとマイケル・フェリスで、「ターミネーター3」、「ターミネーター4」、「ザ・インターネット」の脚本も手掛けた両名です。
特筆すべきは、56年「ベビイドール」で名を馳せたキャロル・ベイカーが出演していること。出演時は66歳ですから、今は88歳でご存命のはずです。

そして名優ブライアン・デネヒーの娘、エリザベス・デネヒーも出てますね。



ラストですべてが台無しです。

投稿者:きりゅうちゃん 2016年05月12日

ラスト直前までは結構楽しめました。
いくら映画でフィクションといってもご都合主義の限度を超えています。
死人が出てもおかしくない状況に、ゲームでしたと言われても納得できません。
夢オチのほうがまだマシでした。

すごくおもしろい!

投稿者:レビュアー名未入力 2014年10月13日

だいぶ昔に観たことがあって印象に残っていた作品。ムズムズともう一度観たくなって借りたら、やっぱりおもしろかった!結末を覚えてなかったからおもしろかったのかもしれないけど。
結末を忘れた頃にもう一度観よっと。

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA

超高額ドッキリカメラ

投稿者:たま 2014年07月29日

ホッとはするが、何かしっくりこない。観終わった後そう思った。仕掛けた側から考えれば、兄貴が完璧にシナリオをトレースしてもらえなければゲームは成立しない。つまり、メイン会場に降り立った兄貴は100対0の完璧な敗者だ。いくら兄弟でも100%行動パターンが読まれて、なおかつそれを人目に晒される屈辱をプレゼントとして受け取ることが出来るのだろうか?しかも、もっとしっくりこないのは、前作の『セブン』への先入観を利用したようなラスト。本当に根の暗いやつだ、この監督は。まあ、面白かったけど。

ゲーム開始です

投稿者:かおり 2012年03月18日

とてもおもしろいです!この映画を初めて見る人には、最後に、忘れられない快感が押し寄せると思います。うらやましいです。私も、この映画を見て、世界が一変するような衝撃を味わえました。話は単純なのに、すごい!

おもしろい

投稿者:ヒロ 2011年12月18日

何がホントで何が嘘なのか人間不信になっていく様子がおもしろいです。ラストもいいです

レビューをもっと見る・投稿する