ガタカのクチコミ・レビュー

クチコミ・レビューFilmarks

4.0

観た人
55366

観たい人
39432

投稿者:とど 2021年02月25日

うわあああ。いい映画を見てしまったな、スタイリッシュなデザイン、世界観、夢のため宿命に抗おうとする強い信念、恋愛シーンもただのコマじゃない、崇高な映画だった、、
あとすごいヒロアカっぽさある。  

投稿者:SOTA 2021年02月24日

久しぶりにログインできたので好きな映画をレビュー!!
自然分娩で生まれた子は不適性者
遺伝子操作で優勢な遺伝子を持って産まれた人が適性者という世界で不適合者の主人公が適性者にすり替わり夢を叶えるために適性者と共に奮闘するというストーリー

「神が曲げたものを誰が直し得よう?」(伝道の書)
「自然は人間の挑戦を望んでいる」(ウィラード・ゲイリン)
この言葉を映画を見終わった後にもう一度考える。
科学の進歩は人間にとって本当に幸せなのか?と立ち止まり考えさせられる映画でした。

投稿者:pompom 2021年02月23日

医療・科学技術の進歩が進み、ついに「命の選別」がより現実的な問題となっている。
「肌の色ではなくて科学が差別を作り出す世界」

たしかに秀逸な設定とストーリー展開。
ちょっとツッコミたくなるところもあるけれど、当時のSFとしては限らなく近未来に近く恐怖すら感じる〜

たまに登場人物がややこしくなって、「アレ、この人とこの人お互いの顔知らないんだっけ?」と混乱した

ユマ・サーマンの美しさはマジで遺伝子操作されてると疑いたくなる完璧さ
イーサン・ホークの浮気モーん

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA DISCAS

近い未来を予測している

投稿者:ラストシアター 2020年09月29日

遺伝子操作で生まれた“適性者”が管理する近未来

自然出産で誕生した者は"不適正者”として

差別される社会

優れた遺伝子を優先するために、

人を選別する未来社会の恐怖を警鐘している

近い未来に本当に起こり得ると思える

リアリティがある


現実味を帯びてきた

投稿者:マーチン 2020年08月30日

公開当初観た時はSFとして素直に観ることができたが
現在では完全なSFとは言い難く現実味を帯びてきた。
とにかくストーリーとしては最高の作品の一つ。

都合いいね!

投稿者:iha 2020年05月10日

イーサン・ホークとユマ・サーマン、結婚のきっかけ。
民間のDNA検査を受けたタイミングで見たこの映画。
検査自体は結果が曖昧であったせいか、
あまり打たれるものではなかったけれども。
出生前検査を行えばほとんどの障害を排することができるのだろう。
選別は障碍者団体に抗議はされてはいるが、
何を抗議しているのかわからない。しかし、
選別を許せば、選別はエスカレートしていくだろう。
選別に兄弟のライバル感をプラスし、根性努力は好かれる要素。
しかしなにか都合の良いラストには違和感。
アメリカ映画はどうもハッピーエンド過ぎて味わいがない。
都合がよすぎて喜んではいなかったけれども。

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA

工作も手段

投稿者:うっちぃ 2013年03月01日

遺伝子操作で生まれる子供はデザインされたものだが、可能性や環境や内なるものまではデザイン出来ない。夢を実現するため他人に成り代り、また、存在を生かすために己を焼き葬った。
映像は余計な飾り付けが無く、無機質な世界観を出している。兄弟の展開もひと味出している。
搭乗チェックの粋な計らいは、多くの夢を乗せていった。

仮骨延長法?

投稿者:アッキー 2012年08月12日

本作品から15年後の今なら、もっと科学進歩した内容で展開されたのか?それはノーであるかと思います。この映画で描かれている精神は変わることがないでしょう。らせん階段を登場させたり、映像的なアピールもあります。主人公が不足していた身長を伸ばすのに使用していた器具(技術)は、仮骨延長という外科方法だったのかな?

覚悟

投稿者:たま 2012年03月16日

何事も努力が肝心、っていう映画ではない。 何事も【覚悟】が肝心っていう映画だと思う。 身の丈を変えるのも然り、変わりに命を投げ出すのも然り。 目標が大きければ大きいほど、差し出す犠牲は大きくなる。そのへんがしっかり描かれているのに好感が持てる。

レビューをもっと見る・投稿する