ラウンダーズのクチコミ・レビュー

クチコミ・レビューFilmarks

3.5

観た人
3152

観たい人
1540

投稿者:JJ 2021年05月15日

ポーカーにハマった男たちのお話。

マット・デイモンとエドワード・ノートンの競演が見ものです。逆に言うと、それ以外が地味で。
もう少し話の盛り上げ方とか、撮り方とかで面白くなった気もするのですが。。。なんか惜しい感じです。

グレッチェン・モルが細くてしなやかなボディラインをしてるので、ファムケ・ヤンセンのガタイの良さが際立って見えます。。。

投稿者:Shinyah 2021年05月13日

大好きな映画。
ワームがクソ過ぎて最高。
若かりしマットデイモンのフレッシュな演技もとても良いです。
ポーカー好きなら絶対に一度は見て欲しい。

投稿者:LIZZY 2021年05月08日

ポーカープレーヤーにとっては茶番劇だけど、マット・デイモン他の役者陣のおかげで映画としては秀作と思う

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA DISCAS

ストーリーもポーカーもパッとしない

投稿者:オッドジョブ 2019年10月15日

各シーンの演出にだけ全力注いでキャラクター作りし、その結果全体の仕上がりにまで手が回らなかったかのような映画。

エドワード・ノートンなんかが顕著だけど、せっかく作り上げた人物が全然生かされていないストーリーが残念すぎる。各キャラクターも単純な「引っ掻き回し係」や「人生語り係」程度で終わってしまった。

ギャンブルや裏社会の描写もあっさり過ぎだし、何より肝心のポーカー描写が大したことないのが残念。内容はもっとリアルでももっとド派手でもいいと思うし、何と言っても「緊迫感」が出せていない時点でギャンブル主題としては失敗。

ラブラブ部と人生部はいらなかったと思うけど、製作側はそっちメインのつもりだった?

なんでヒットしなかったのかわからない。

投稿者:勇光 2016年11月20日

かなり面白かった。ノートンやマルコビッチがいい味を出していた。
場面設定もよかった。大学教授や判事などが集まってポーカーしてるシーンもよかったし、警察官が集まってポーカーやってるシーンもよかったし、場末の地下カジノみたいなところでポーカーをやるところにクライマックスをもってくるところなど、かなりいい雰囲気だった。
けっこう古い映画なのに古さは感じなかった。

どこまでお人よしなんだ!

投稿者:趣味は洋画 2016年11月10日

学生でありながら天才的なポーカーの才能をもつマイク(マット・デイモン)と、彼の親友でありながらまったく正反対の性格をもつイカサマ師ワーム(エドワード・ノートン)の生きざまをクールに描く。

「それにしてもマット・デイモン君! どこまでお人よしなんだ!」
これが映画を観ての第一の感想で、お人よしにもほどがある、まるでバカ丸出し...と言いたくなるような展開。
しかし、それがなければただのつまらない映画になっているかもしれない。

配役が実に絶妙で、M・デイモン君は上述のとおりだが、E・ノートンの情けない男ぶりも、彼ならではの演技だろう。
ロシア・マフィアのポーカーの名手を演じたジョン・マルコヴィッチが相変わらずのキレっぷりで、いい味を出している。(服のセンスだけは何とかしてほしいが...)
そしてジョン・タートゥーロ。静かな雰囲気で登場するポーカーのプロ役だが、彼がプレイする場面は一度も出てこない。デイモン君をしっかりと支える脇役に徹していた。
さらに、大学教授役でマーチン・ランドー、高利貸役でマイケル・リスポリと、個性派が顔を並べている。
女優陣はデイモン君の恋人に扮したグレッチェン・モルや、デイモン君の通うポーカールームのマネージャー役、ファムケ・ヤンセンの面々。

監督はジョン・ダール。
彼の作品は89年「もういちど殺して」、93年「レッド・ロック/裏切りの銃弾」を観ている。

もう18年前の作品となるが、出演時はデイモン君28歳、E・ノートン29歳。
2人は同じマサチューセッツ州ボストンの出身で1歳違いなのです。

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA

面白いよ

投稿者:コルレオーネ 2011年06月25日

見た方がいいよ

ポーカーをするマット・デイモンかっこいい!

投稿者:かめ太郎 2006年01月02日

ゲームのルールはよくわからないけれど、とにかくハラハラしました。俳優も豪華だし、ストーリーも目が離せません。ギャンブルはよくないけど、ポーカーをする男の人達はなぜか皆かっこよかったー。こんな世界もあるんですねぇ。

ん〜・・・

投稿者:komamai 2004年07月05日

やっぱギャンブルはよくわかりません・・・彼女とも別れ、学も捨て。。。結局、才能ある道に進むべし!ってことなのかなぁ。

レビューをもっと見る・投稿する