映画 デジモンアドベンチャー ぼくらのウォーゲーム!のクチコミ・レビュー

クチコミ・レビューFilmarks

4.0

観た人
5753

観たい人
854

投稿者:su 2019年07月19日

自分がデジモン世代というのもあるけど、細田監督の映画の中で、一番好きな作品の一つ。40分の中に最高がぎゅっと詰まっている。
サマーウォーズ好きな人、これから観る人、どうかどうかこっちも観てくれ〜!!

投稿者:ななこ 2019年07月17日

細田守の世界すぎて。あっぱれ◎
サマーウォーズを先に観ちゃってたから、初めて観るのに先がわかる。わかりすぎた。

投稿者:Eryyy678 2019年07月15日

小さい頃に観に行ったんですけど、これ細田守監督だったんですね。

サマーウォーズと比較されることも多いこの作品。ネットの世界を荒らし、果ては世界を危機に陥れるデジモンとの戦い。

無数の「究極体」に囲まれるシーンは、私の中ではデジモン史上最悪の絶望感。

オメガモンが超カッコいい。まさに絶望を破壊する希望の化身。

この映画、ワンピースとの同時上映で数十分ぐらいだったんですけど、緊張感のあるスピーディな展開で、なかなか面白かったです。

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA DISCAS

僕らのスプリングウォーズ

投稿者:なゆ(21)デンゲリ 2018年08月08日

『デジモンアドベンチャー』の劇場版。

 緊迫した内容なんですけど、登場人物の活躍が限られているんです。その制限がまたいいんですが。


 なんにしても、当時は最先端だったISDNとかが懐かしい。
 当時の処理能力とか、そういうのが垣間見れていいですね。


 あのスペックで頑張ったんだよ……。

 そんな懐かしさも感じながら、物語の熱さを堪能して欲しい。

「島根だって、パソコンくらいあるでしょう!」

投稿者:ぴよさん 2013年06月11日


 映画作家がその初期作品で、既にその作風や表現したいことの核心を見せているというのは
ありきたりな話だろう。ヒッチコックの『暗殺者の家』のシチュエーションが、その後何度も
顔を出してきたり、北野武作品のリズムや編集の妙が既に『3-4x10月』でほぼ完成してしまっ
ているように。
『サマーウォーズ』の細田守のスタイルも、この『デジモン』でほぼ出来上がっていると言える。

○劇場版『デジモンアドベンチャー ぼくらのウォーゲーム!』(2000)/40分
○劇場版『デジモンアドベンチャー』 (1999)/20分

 東映アニメフェアで公開された『デジモン』の劇場版の初期二本。なにしろ30分足らずの
上映時間の中で出来ることはわずかだったろう。それだけに、細田エッセンスの凝縮が見える。
 
 20分の短編の方はTVシリーズの前日譚。子供向け作品にも関わらず、流れる音楽は『ボレロ』のみ。
太一とヒカリが初めてデジモンと出会いコミニュケートし、そして成長したデジモン同士の闘いを
目撃するというだけの20分。(太一とヒカリのデジモンに対する視点の違いは『ミツバチのささやき』
のイザベラとアナへのオマージュだという。ほんとかな)
最後の戦いの場を、夜の練馬・光が丘団地に持ってきた、そのサイズ感といい雰囲気といい、絶妙な
チョイスだ。デジモンの闘いを目撃するのが子供だけというのは、大友克洋の『童夢』を想起する。

 40分の『ぼくらのウォーゲーム』は、もうそのまま『サマーウォーズ』の原型だ。デジタル世界の
闘いと現実世界のリンク。子供だけが何が起こっているかを理解し、戦える。その戦い方のおもしろさ。
 ちゃんと少年向けアニメでありながら、大人の鑑賞にも耐える。原恵一の『オトナ帝国』並みと
言っては言い過ぎだろうが。
条件が限られているだけ、スピリッツでは『サマーウォーズ』を上回っていると言っていいかもしれない。

 対象年齢の絞りきれなさと、ゲームの出来などから、ポケモンの後塵を拝したデジモンだが、その縛りの
ゆるさゆえこのような佳作も生み出した。比べる意味も無いが、この短編の存在だけでは、ポケモンを
上回ったといえるんじゃないかな。






40分間の傑作!

投稿者:ZERO_tortoise 2013年03月02日

その後ブレイクする細田守のエッセンスが凝縮された二作。
1作目はわずか20分の前日譚として完璧な構成。
2作めも40分の傑作。細田式の「白い電子世界」はもうこの時出現していた!
時かけ、サマーウォーズに続く、細田守の早すぎた傑作、観るべき!
(この世界観で「ハウル」はやっぱ無理だったろうね(^^)

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA

なんだかんだで子供の時に見るのが一番

投稿者:モッチャン 2012年10月15日

小学生の時に劇場に見に行きました。大学生になって久しぶりに見てみました。
アニメーションとしてレベル高いです。CGもうまく使えてます。絵の雰囲気も個性的でいいと思います。
デジモンアドベンチャーの劇場用作品なのにメインキャラの一部だけが活躍するというのは子供向けアニメっぽくない感じです。
ただ小学生が恋愛ごっこみたいのしてるっていうのは「こういう描写は子供が見てておもしろいのかなあ」と思いました。
小学生の時の僕はその辺の描写は何も印象に残ってないみたいです。
久しぶりに見て「デジモンっておませなアニメだったんだな」と思いました。そういうのあんまり好きじゃないで☆三つで。

良作

投稿者:ヒロ 2011年08月31日

短いですがアニメ版が好きな人なら楽しめる作品です。オメガモン誕生のシーンはかなりいいシーンですね

いま観るとヒ゛ックリ!!(;゜Д゜)

投稿者:アキハ゛大魔王 2010年03月27日

ぼくらのウォーケ゛ームの内容は、勝てそうなときにフリース゛したりする小ネタまでサマーウォース゛とそっくりで、逆にいえば、この10年前から最新のサマーウォース゛まで、進歩がないともいえます。むしろ、みんなからの応援メールのシーンで、「みんな…たのむからもうメールを送らないで!!」とコウシロウが叫ぶシーンの緊張感や、そのメールのおかげでオメカ゛モンが誕生するシーンの感動は、こっちの方が勝っています。また、上映時間が短いにもかかわらず、同じネタが使えていることから、こっちの方がまとまりが良いように思えます。キャラ設定がTVと共用している事に助けられているところもあり、単発では意味不明な所もあり、サマーウォース゛でそこが改善されなかったのは残念でした。

レビューをもっと見る・投稿する