ヴァルカンのクチコミ・レビュー

クチコミ・レビューFilmarks

3.1

観た人
3

観たい人
7

投稿者:りょーこ 2019年03月06日

へっぽこネバー・エンディング・ストーリーもどき

ジャケのぼけぼけ感でお分かりの通り、ヘボいです。
役者は大根、脚本も微妙。

が、ヴァルカン(=プテラノドン)はよく出来ていました☆
ウルトラマンに出てくる怪獣みたい!

ウルトラマンは1966年(?)で、これは1998年製作なんですけどね。
クオリティ低過ぎだろ( ´∀`)



フィリピンで火山が噴火。

少年ペドリングは、卵を見つける。
それは、原住民ピグミー族が崇める、火山の神ヴァルカンだった。

とりあえず鳥のエサをやると、即成長!
背中に乗せてもらって村や町の上を飛び回る。

それを見た大人達は、捕獲だ!金儲けだ!とヴァルカンを追い始めて……



ん~超昭和(* ̄∇ ̄)ノ

少年と怪獣と友情。
悪い大人達。
ボロいが味のある怪獣。

空を飛べば主題歌が流れる♪
The Rainbow in my cloud
これがまた素敵な曲なのです!!

そんな超絶ベタな展開を、ボヤボヤのボロカメラで撮影した、本当にレトロな古臭ファンタジー(笑)

原住民 弓矢 vs 悪い大人 銃
とかw
ぴょんぴょん飛ぶ弓矢のへっぽこぶりが、最早微笑ましい!

ですが、どこか懐かしく、優しい気持ちになれる作品でした☆

投稿者:朱塗りの箪笥 2014年08月31日

火を吐くプテラノドンみたいな怪鳥が出て来る。神々しい存在らしいけどそんな感じはしない。ファンタジーな音楽をバックに少年を乗せたチープな作りのソレはぎこちなく飛行し、人間っぽいダミ鳴き声を吐き散らしていた。なんと言うか、こんな作品までちゃんと載っけてるココに驚いた。

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA DISCAS

レビューを書いてみませんか?

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA

レビューを書いてみませんか?

レビューを投稿する