スマイル、アゲインのクチコミ・レビュー

クチコミ・レビューFilmarks

3.3

観た人
1186

観たい人
650

投稿者:NoMovieNoLife 2019年06月11日

心温まるいいストーリーだった。
主演のジェラルド・バトラーがいい感じ。子役の可愛さもGood!
ほっこりしました(^^)
失って気づく。重要なのは何処じゃなくて、何じゃなくて、【誰だ】ということ。
大事なものを取り戻すストーリーに不可欠なのは執着心か。

投稿者:YasujiOshiba 2019年06月11日

仕事のために見る(その2)

ジェラルド・バトラーがサッカー好きなのはよくわかった。モテるのもかまわない。マドンナ役の元妻がホラーをやらせたら最高のジェカ・ビールというのも悪くはないだろうし、彼を誘惑する人妻に、個人的にはいい味出してると思うジュディ・グリアをはじめ、『パルプ・フィクション』とは違ったケバい色気を出してるユマ・サーマン、豪華絢爛のキャサリン・ゼタ=ジョーンズなんだよね。

しかも、脇を固めるのがデニス・クエイドで、フェラーリを平気で貸し出しちゃう金持ちの嫉妬男を豪快に演じてくれちゃったりすのだから、楽しく見ないと損ではあるのだけれど、それ以上はなにもない。

たしかにアメリカ人はサッカーよりもバスケットなのかもしれないけれど、だからといって、どうしてここまでムズムズ、イライラさせておいて、最後はスカスカにしてしまような作品になってしまったんだろうな?名優たちが楽しそうに演技してるのはわかるけど、みんながみんなイタリア人をやらなくてもいいんじゃない?

星新一が面白くない小説を読んだことがないと言っていたのを思い出す。どんなに面白くなくても、どうやったらダメダメなところがよくなるか、それを考えるのが面白いというのだ。

そんなことを考えながら見れば、最後の最後まで、ほんとうに楽しめる映画かもしれませんな。

投稿者:エアール 2019年06月09日

ええ話やん、笑
いや〜ジェラルド・バトラーの男臭さね!!
誘惑に負けちゃう時は負けちゃうんだけど
それでもここぞという時に
バシッと決めてくれる!!
男として、夫として、父として、
時に迷いながらも
最後は家族のために確かな取捨選択をしていく姿は
ふむ、カッコええな〜、笑


サッカーの元スター選手、ジョージ・ドライヤー。
遠征先の英国で
今をときめくスター選手と恋に落ちた、バージニアからはるばる旅行に来ていたステイシー。
2人はその後結婚し、息子 ルイスが誕生するも、
現役時代は好き勝手し、ほとんど家にもいなかったジョージに
我慢しきれなくなったステイシーは別れることを決意。
ルイスを連れて
ジョージのもとを去ってしまう。

引退後、彼に残されたのは
過去の栄光と遠征先での武勇伝の数々、そして請求書の山だけ
というなんとも寂しい人生を
歩んでいた。

ステイシーと9歳になるルイスが住むバージニアで
もう一度家族の絆を取り戻し、3人一緒に暮らしたいと願っているジョージ。

金欠で生活も厳しく
TVのサッカー解説の職を求めて就活に励むも、
なかなか思うようにはことが運ばず。
ルイスとは週末に時間を作って
定期的に会うことを繰り返しているが、
その時ルイスから
ヨリを戻したいと思っているステイシーには
再婚を考えている恋人の存在がいることを
聞かされる。

もはやこれまでなのか、
いんにゃ諦めるにはまだ早い。
いつしかチャンスは巡ってくるはずと信じ、
サッカーのジュニア・チームに所属し練習に励むルイスの送り迎えや家族サービスに努めて
なるだけ一緒の時間を増やそうと動き出すジョージ。

そんなある日
ひょんなことからルイスのいる少年少女のサッカーチームのコーチを引き受けることになるジョージ。
こどもたちの相手、保護者からのいろんな要求や誘惑、
そしてステイシーとのこと、これからの家族のこと、…

これはひとりの男が
人生の再起をかけて
自分と家族のために奮闘しちゃうお話、と。。


なにが凄いって
子供たちのサッカーの試合に応援に来た保護者たちが座るベンチには
ジェシカ・ビールがいて、
デニス・クエイド & ユマ・サーマン夫妻がいて、
ジュディ・グリアもいれば、
キャサリン・ゼタ=ジョーンズの姿も、笑

いやいや、試合に集中できないでしょ、こんなん!!
さらに他応援に来られてる方も
みなさんお綺麗な方々ばかりで、笑
どうなってるんだか。。

ほいでその保護者のみなさん、特に女性陣ですが
ジョージが独身で、しかも顔がイケてる男なもんだから
こどもを口実にしたり、あの手この手を使って
近づいては迫ってくるんですね〜
そこんとこの駆け引きみたいなもんも
キャラごとに様々ありまして、
そこもひとつ見どころでしょうね!!
個人の意見になりますが
ユマ・サーマンのボディには目が釘付けでしたね、笑

それから
父子間で気持ちを通わせるのに
”サッカー”というのが
ひとつ大きな役割を果たしている本作。
こういう心の通わせ方もいいな〜と
素直に思えました。

家族ドラマでもありながら、クスリと笑える展開もちょこちょこあったりして。
程よくバランスが取れてる観やすい作品だと思いますので
気になった方は是非。

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA DISCAS

格好良かったら勝ちなんだよ。

投稿者:Yohey 2018年07月01日

ジェラルド・バトラーが格好良くてそれだけの作品です。もてまくるけど、別れた妻に未練タラタラ。うーーん、現実的じゃないないなあ。ですんでサッカー題材にしたロマンチックコメディ、それも男女ともに設定が甘々なやつ。

別れた妻がそこまでいい女に見えないのがダメです。子供のために、という展開なら分からんでもないですが、主人公の設定は子供よりも嫁さんっぽいかならなあ。なんだかな。親子の部分の愛なのかな、と思っていたんだけど、ちょっと違うのが残念です。

アメリカなのにサッカーなんだ?

投稿者:Bikke兄 2015年04月12日

主演ジェラルド・バトラーが、元欧州サッカーのスター選手だったという設定。ん?
まあそこそこリフティングも上手。
ただ所属していたのが、スコットランドのセルティック。あの中村俊輔選手が所属して活躍したチームです。
セルティックFC、スコットランドでは超有名ですが、欧州全体ではそんなにスーパーなチームではありません。
なんでも、バトラー自身がスコットランド出身でセルティックのサポーターだとか、だから?
そして現在の設定がアメリカ。
よくセリフで出てくる名前「L.A.ギャラクシーのベッカム」は確かにアメリカ。でもそれしかない。
これ、絶対にヒットしなかったと思う…だって野球でしょ、アメリカって。

でも、個人的には少年サッカーを素材に選んでいたので入りやすかったです。
自分の子供をレギュラーにしたい親とかいろいろあって、ああ分かるとか。

一度壊れた家族関係。理由は元スーパースター選手のモテモテダメ親父。
そばかすだらけだけど可愛い息子がサッカーをやっていて…
元奥様には新しいフィアンセがいて…
ダメ親父は、まだ元奥様に未練タラタラで…
結末は?
題名が『スマイル、アゲイン』ですから(^^)

共演者が、何で!?と思うほどに豪華!!
デニス・クエイド、キャサリン・ゼタ・ジョーンズ、ユマ・サーマンとか、そんな役で出るんだ。
たいして内容のある作品でも無いですが、出演陣が豪華絢爛です。

子供が絡むと弱いので、なぜかウルってしまう私。
暇つぶしで鑑賞もアリですかな。

普通です

投稿者:スヌーピー 2014年07月20日

出演者が豪華で驚きました。もっとシリアスなのかなと思っていたらコメディタッチで驚きました。ただどうしても主役の彼に感情移入出来なくてどうしてそんなに女性にモテるのか分かりませんでした。でも、父子関係は素敵でした。子供の心をつかまえようと奮闘する姿は素敵でした。
ラストは良かったと思います。

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA

レビューを書いてみませんか?

レビューをもっと見る・投稿する