スノーホワイト 白雪姫のクチコミ・レビュー

クチコミ・レビューFilmarks

3.3

観た人
332

観たい人
135

投稿者:hiromi 2021年01月08日

懐かしい。
お金かけていない版白雪姫。
薄気味悪い感じも、子供ながらにドキドキしながら観ていたなかぁ。
白雪姫役のクリスティン・クルックが可愛すぎて、ドラマのヤングスーパーマンも観てた。とにかく可愛い。

投稿者:Melko 2020年12月17日

同じ白雪姫テーマ、何故かレビューし忘れていたこちら。
小学生の時、深夜放送分を実家でVHSに録画して。タイトルに惹かれて見たが、同じ白雪姫でもこちらは「世にも恐ろしい」テイストな内容。

導入部分は通常の白雪姫と同じだが、継母のバックボーンが特殊。元々が醜悪な容姿の魔女。自分の敷地に忍び込んだ小人を陶器の置物に変え、コレクションすることが趣味。
そんな魔女の元に、放浪の旅から帰ってきた同じく醜悪な見た目の兄が訪れる。兄はプレゼントとして魔女を美しい姿に変える。美しく生まれ変わった魔女は、妃を亡くしたばかりの国王に近づき、結婚し…
と言うストーリー。

白雪姫に好意を持つ王子を自分のモノにしようとするところ等は先の作品と同じだが、魔女が自分を恐れた王子を熊に変えたり、割れた魔法の鏡の破片が目にささった家来が女王に心酔したり、七人の小人の名前が曜日の名前でそれぞれ七色の衣装だったり、オリジナリティも溢れる。小人は高速移動ができる。(7人が横並びになって虹になる)
CGはたしかにチープめだが、自然や衣装の美しさであまり気にならなかったかな。
ホラーというほど怖くもなく、かと言って歌ったり踊ったり明るいわけでもなく、不思議なテイスト。
嫉妬したり焦ったりと人間味あふれる女王(魔女)と、眩いくらいに美しいが感情表現の乏しい白雪。2人の対決ではなく、白雪が女王に追い詰められる王道展開。

白雪を永遠の眠りから覚ますのは、王子の真実のキス。
女王の顛末は、子どもながらにゾゾっとした…

子どもだったから日本語吹き替えで鑑賞。そのイメージが強い。しかも録画してたのはNHK放送版。なんと白雪の声は安達祐実、国王の声は大和田伸也。特に白雪役のクリスティンクルックは安達祐実に似ていて、もう安達祐実が喋ってるようにしか聞こえなかった…

魔女の兄が最後に再度登場する、まさに「世にも奇妙な」ラスト。兄は、何がしたかったのだろう…目的が見えない後味の悪さ。
久々に見たいなあ…実家にまだあるかな…VHS…

投稿者:Em 2020年05月23日

私の中で白雪姫といったらこの作品を思い浮かべます。
白雪姫役のクリスティンクルークがあまりにも可愛くて美しくて。
物語もダークな感じが好きです。

昔ヤングスーパーマンでヒロインを務めていらっしゃいましたが最近は全然見なくなりました。
子どもの頃観て凄く憧れました。

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA DISCAS

春麗もいいけど白雪姫もね

投稿者:みなさん(退会) 2013年12月09日

TVドラマ『ヤング・スーパーマン』のラナ役でお馴染みのクリスティン・クルックが“白雪姫”を演じたTVムービー。なかなかしっかり作られていて好感が持てる作品だった。

村はずれの貧しい家に赤ん坊が生まれる。彼女は“スノーホワイト”と名付けられる。
しかし、すぐに母親が亡くなってしまう。父親は悲嘆に暮れるひまもなく、スノーホワイトに乳をあげるため、町へと旅立つ。ところが、吹雪に遭い、道半ばで倒れてしまう。
「娘を幸せにする」という妻との約束を守れなかった哀しみから零れた涙が、氷の大地から魔法使いを復活させる。
魔法使いは、父親の望みを聞き入れ、赤ん坊にミルクを与え、父親に王国と后を与えようと約束する。
……というお話し。大胆なアレンジがなされている。それが、悪くない。(笑)
たいてい短絡的な方向に改変したがるものだが、本作品はしっかりと描き、手を抜いていない。だから、違和感がなく、むしろ継母の姿などはこちらの方が理に適っているような気がする。グリム童話の初版では継母ではなく実母という設定だったようなので、納得である。
(監督のキャロライン・トンプソン。ティム・バートン監督作品などで脚本を書いて来た方なので、ファンタジーは十八番なのかも知れない)

その継母/王女を演じたのは、ミランダ・リチャードソン。映画とTVドラマにバランス良く出演している。賢い方なのだろう。本作品では、醜い魔女から王女までを熱演している。

スノーホワイト=白雪姫を演じたC.クルックは、撮影当時はまだ十代。キレイな顔立ちが黒髪に映えて美しい。『ヤング・スーパーマン』のラナ役で忘れ得ぬ女優さんとなり、『ストリート・ファイター/レジェンド・オブ・チュンリー』の春麗役で胸をときめかせてくれた。本作品を観て、あらためてアルカイック・スマイルの魅力を再認識した。(大袈裟だな)

魔法使い役は、クランシー・ブラウン。ロジャー・スポティスウッド監督の『影なき男』の出演が印象深い。幾つものヒット作に顔を出しているので、ファンも多いだろう。本作品でも、説得力をあげるのにひと役買っている。

七人の小人の1人にロン・ハワード監督の『ウィロー』でウィロー役で出演したワーウィック・ディヴィスを見つけることが出来る。小人症の方の中では最も成功した俳優さんではなかろうか。幾つもの大作に出演している。

基本的にファンタジー映画なのでCGやVFXは欠かせない。テレビ映画と認識していたのでハードルを下げていたが、そんな必要はなかった。キチンと仕上げているし、リアルさを追い求めずに分かり易さを重視した使い方もいい。
女性監督の、よい意味での女性のきめ細かさが作品に反映されている。

ラスト近く、小人の1人が「あー、終わっちまった」とこぼす場面がある。仲間が「あともう少し」と宥める。何故だかグッと来た。
コレって、台本にはなかったような気がする。きっと楽しかった撮影現場を惜しむ役者さんのアドリブだったに違いない。それほど、ほのぼのした雰囲気が伝わって来る出来映えだった。もう一度観てみようか、という気になったのは久しぶりだ。

ところどころ挿し込まれる美しい風景も満足度が高い。

オススメ!

お気に入り

投稿者:レビュアー名未入力 2009年12月28日

白雪姫の実写版がないかと探していたところに
これが 見つかりました。

4歳の娘も じっくり見入ってます☆
予想以上に 衣装やら俳優さんやら 景色やら綺麗な仕上がりで 映画の中身もわかりやすく良かったです。
私的には ツタヤ ひさびさの ヒットでした。

こんな美人 な白雪姫になりた~い

スノーホワイト/白雪姫

投稿者:レビュアー名未入力 2009年10月02日

昔慣れ親しんだ絵本のそれとは違ったもっと膨らませた作品でとても素敵に大人でも楽しめる作品でした。

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA

可愛い

投稿者:ヒロ 2012年01月05日

白雪姫の子が本当に可愛いです!白雪姫を知らない人は是非見てください

究極の映像美

投稿者:メカノイド 2003年11月15日

ディズニーのよりこっちの方が断然面白い。主演の女の子も美人だし映像もとてもハイビジョンで綺麗。魔王などのディズニー作品とはかけ離れたキャラも登場するから映画として、ファンタジーとしてとても見応えがある。『本物のファンタジー』を探している人はこれを見ると良いと思う。
ただ普通の白雪姫とはちょっと話が違ってくるのでそこはご了承を。

良くも悪くも期待通り

投稿者:ケニヤ 2002年09月04日

白雪姫役の女の子がめちゃかわいい!でも、内容はまあ予想通りの展開。白雪姫ってどんな話だっけと思ったらとりあえず見ておいてもいいかも!?

レビューを投稿する