ウォーム・ボディーズのクチコミ・レビュー

クチコミ・レビューFilmarks

3.6

観た人
21968

観たい人
7750

投稿者:hinasg0719 2020年08月04日

想像以上に面白かった!
だんだんRが人間っぽくなっていくのがいい!イケメンだし、ジュリーは美人だし

投稿者:kawasumi 2020年08月04日

人の温もりを感じたくなる映画でした。

ゾンビ映画だけど、映像は綺麗だし音楽もポップだから苦手な人でも楽しめそう。時間が経つにつれて主人公がよりイケメンに、ヒロインがより可愛く見えた。

投稿者:ちひろ 2020年08月03日

恋愛カテゴリーのゾンビ映画という異質な感じ。なかなか感動したし良かったと思う。B級であることに違いはなさそうだけど…

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA DISCAS

2回も見たよw3回目もあるね

投稿者:ルヴ 2020年06月15日

一般的なゾンビ物は嫌いで、むしろ様々なゾンビ物が世に出ているのを目にするたびに、「何がそんなにいいんだ?ただの死体やん」と冷めた目で見ていたほどなのに、この映画にはどハマりしちゃいました。

その理由は、個人的に人間と非人間のラブストーリーが大好物だったこと、ゾンビのRと人間のジュリーが理想どおりの美男美女だったこと、そしてこの映画のゾンビには人間性があり、それがコミカルに愛らしく描かれていたからだろう。

ゾンビとなった者に人間らしい思考と意識が残っているという設定は、画期的且つ独創的!自分のことを「ノロマで猫背で・・・」と評し、親友がいてアイコンタクトと呻き声でコミュニケーションを取り、人間の脳みそを食べる理由の一つがゾンビ化しないようにという気遣いであったこと。面白いw

終盤、人間がゾンビをあっけなく受け入れることに対して、視ている人の中には違和感を覚える方もいるかもしれない。
でも、人類滅亡の瀬戸際に生きていると、ゾンビを憎む気持ちよりも、この世界を何とかしたい、希望があるなら縋りたい・信じたいという気持ちの方が勝るのだろう。

ただ、一点自分の中でなんとか納得しようと努めているのが、ジュリーがRを好きになった過程。
いくら自分のことを食べないから・守ってくれるからといっても、捕食者であるゾンビを恋愛対象として見ることにはかなりの葛藤があると思うのだが、それをすんなり越えられたのは、いわゆる「吊り橋効果」なのかなー。もしくは、監禁された被害者が辛い現実から逃避するため、及び生き残るために加害者に気に入られようとする心理なのかな。
そういう錯覚から始まり、Rの人間還りが進むにつれ、本物の愛になったということにしておきましょうか。笑

これは異色の…

投稿者:Jigsawkiller 2019年08月15日


…秀作でした。
「ゾンビが地球を救う」というコピーやストーリーを見た限りでは完全にくだらないコメディかと思いきや、意外にしっかりと作られた切ないラブストーリーでありヒューマンストーリー。

ストーリーの流れも巧み。無駄な第三者的要素はほとんどなく、オープニングからいきなりRの心の声。
それを通じてRが何なのか、何をしているのかなど、さりげなく視聴者に伝えてくれます。
通常、無感情で恐怖の対象でしかないゾンビの胸の内や視点が解るのもユニークで面白かった。
考えたら数え切れない程のゾンビを観てきたが、そういう風に捉えた事はなかったなあと。

そしてゾンビの中で異色の存在R。ちゃんと人間らしい感情と思考を持ちつつ、ゾンビとしての本性も兼ね備えています。
最初は不気味な存在だった彼に、いつしか同情し感情移入し、愛しさまで覚えてしまいます。

そして偶然出会った人間の女性ジュリーに一目惚れ。
その辺りの表情も上手い。
そこからはもう、ジュリー祭となり、彼女の傍に居たい、護りたいのみのR。色々と切ない描写が溢れます。
当のジュリーも最初は怯えるだけ(そりゃそうだろなー)だった中で、次第にRを受け入れて理解していき、互いに絶対的存在と化していきます。

徐々に人間の心を乗り戻していくR。それに伴い朽ちていくはずだった肉体までもが人間へと戻っていく。
互いに想いあい、必要とし、同様に変化していく仲間のゾンビ達と共に人間と共闘する姿は興味深かった。

ストーリーやコピーに惑わされず、是非観て下さい。



期待以上!

投稿者:ぷてら 2019年03月26日

ゾンビと人間の恋とても好きです。!!
感動もあるし、ホラーではないけどちょっと怖い。怖いのが嫌いな私にはぴったりのゾンビ映画でした!!!

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA

良かった

投稿者:シー様 2017年06月25日

ゾンビジャンルの中ではトップクラス

愛は正義!!

投稿者:緝 2017年05月14日

ゾンビ映画を求めていたけど、少女マンガを見て育った私にとって、懐かしい胸きゅんを感じました。ゾンビたちが変化していく様子や音楽とマッチしたRとジュディの非日常が丁寧に描かれています。補食シーンが少ないのでゾンビが苦手な女性でも安心して見られるので、純粋に恋愛映画としてカップルで楽しめると思いました

キュンとする。

投稿者:猫おばさん 2015年05月08日

R頑張れって応援したくなる。

レビューをもっと見る・投稿する