完全犯罪クラブのクチコミ・レビュー

クチコミ・レビューFilmarks

2.9

観た人
1770

観たい人
517

投稿者:鋼鉄神 2021年05月06日

多分4回目視聴。整理中なため所持コレクションを再視聴中。

毎回思うが、もっと緊張感が欲しい。この手のジャンルはヒリヒリする緊張感が必須だと思う。

サンドラ・ブロック、ライアン・ゴズリング共に『若っ』。

学生が起こす完全犯罪。その完全犯罪を暴いていくサスペンス。よって、犯人が最初からわかっていて、それを追っていくストーリー構成。

先述した『緊張感』は、こうした構成では難しいが、青春ムービーではないので、やりようもあったのではと思う

あくまでもマニア向けかな⁉️

投稿者:むぎ 2021年04月27日

手持ちDVDより鑑賞!
久しぶりに観たらあんまりだった...
当時はオチにびっくりした記憶

ライアン・ゴズリング若いー!

投稿者:Sworter18 2021年03月11日

若き日の、このライアン・ゴズリングを見る限り大成するとは思えず、ある意味危うくサンドラ・ブロックにキャリアを潰されるところだったのではとすら思う。
どこかになにかを見出だしたいが、絞っても絞っても何も見つからない2時間ドラマでした。

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA DISCAS

地味だけど、しっかり描かれた<ある殺人事件>

投稿者:BEEFジャーキー 2014年09月15日

犯人達もハナから解ってるし…
地味なサスペンスなんだけど…

意外と、面白かった♪♪

大まかな事は解っていても、細かい事は解らない。
事件の真相は、最後の最後♪♪

特に、終盤、
女刑事(S・ブロック)VS 犯人達…
なかなか見応えある対決でした(o^ ^o)

辻ちゃんと加護ちゃん、どっちがイニシアチブを握っていたのだろう?

投稿者:伝衛門 2012年11月15日

クラブといっても二人だけです。(*^.^*)
まぁ、”放課後電磁波クラブ”も二人だけだったし、”クラブ”をつけるのは良しとしましょう。
”完全犯罪”も”レオポルドとローブ事件”がモチーフとなっているのでありでしょう。

”何か問題でも?”

うーん、問題は無いんだけど。。。
何ていうか、完全犯罪というには杜撰過ぎるし、そもそも面白くない?

コロンボ方式で完全犯罪を切り崩すポイントが刑事の勘というのは弱すぎます。
まだ名取裕子の”主婦の勘”の方が観ていて心地よいです。
サンドラ・ブロック演じる刑事のトラウマも何だかなぁ~。

『完全犯罪クラブ』というタイトルが恰好良すぎるのでしょうね。
サンドラ・ブロック主演だし、期待してしまいますもん。。。

2時間ドラマ感覚で観るなら十分通用するレベルだとは思うのですが、やっぱりなぁ~。。。(・・。)ゞ

完全犯罪ごっこはダメよ! という教訓

投稿者:レビュアー名未入力 2012年04月16日

クラブってタイトルだけど、たった二人なのね(笑 ゲーム感覚で選んだ女性を惨殺し、知人にその罪を
擦り付けて、この事件の真相が解けるはずはない!! と自信満々の高校生リチャード&ジャスティン君。
最初から犯人が分っているので、見所はサンドラ・ブロック演じるキャッシー刑事が、犯人を追い詰めていく
推理展開です。さすが女の勘は鋭いですね~ 一目でコイツらだと確信するキャッシー刑事!!(笑
金持ちリチャードの父からは捜査妨害ありーの、上司とぶつかりーの、ふてぶてしいガキんちょの嘘
等など紆余曲折を経て真相を突き止め、最期の対決へ・・・そして意外な事実が明らかに・・・
酷評の方もおられますが、私は楽しめました。ヒマ潰しにサクっと見るには申し分ない作品です。
もう少しグロシーンが多ければ良かったんですが(笑 ただキャッシーの暗い過去はいらなかったかも。
エピソードに織り込むならもっと、映像も含めて丁寧に説明するべきでしたね。

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA

サンドラ・ブロック制作総指揮による

投稿者:orange 2005年05月29日

サンドラ・ブロックの過去のトラウマが一番の焦点になってる映画。彼女のファンなら心に残る映画になるはず。

よかった♪

投稿者:まみぃ 2003年09月28日

犯してしまった罪はもう戻すことはできないということも伝わる作品。犯人役の2人は役に見事にはまってました。みているうちに段々目が離せなくなりました!

くらいサンドラ・ブロック

投稿者:あおちゃん 2003年06月13日

皆が言うほど「ヒドイ映画じゃなかった」って気がしました。サンドラ・ブロックが過去の事件を引きずって生きてる、どうしようもない自分の宿命を背負っている女性を好演しています。新任の同僚刑事のアドバイスや、犯人の男の子を説得していくうちに、自分の過去にも果敢に向き直って、克服しようとするラストに感動しました。まあまあじゃないでしょうか。

レビューをもっと見る・投稿する