傾物語のクチコミ・レビュー

クチコミ・レビューTSUTAYA DISCAS

SF要素も入った物語シリーズ中、5指に入る面白さの傾物語!!

投稿者:ひゅう助 2015年11月11日

もうタイムトラベルが入っちゃったら完璧でしょ、と言いたくもなる傾(カブキと読む)物語。

暦と忍野忍(旧キスショット)が、忍の能力で「八九寺まよいが死なない世界を作ろう」と決意するところからこの傾物語は始まります。

この過去に行ってからまず会うのが、11年前の羽川翼。もうこの場面は爆笑ものです。暦がロリ羽川に、いつも八九寺にしてるように変態行為をしようとしますが、我慢する。そして血の涙を流す(大爆笑)。そんな真剣な顔して笑わせんなや(笑)!!


そして過去に行く目的である「八九寺を助ける」を完遂し、無事暦たちは現代に戻る・・・・はずだったのだが、戻った現代は人々がゾンビ化した崩壊した世界だった、というのがこの傾物語の肝。

タイムパラドックスを扱うことでさらに面白くなりましたね。ただ、この「間違った未来」を「暦たちが知る元の世界」に戻そうとする3,4話は真剣な話なので、ちょっと笑いが少なくなりましたが。

この傾物語はあまりテーマ性が少ないアニメでしたね。これまでに比べて。まあ一応、「運命に抗うことはできない」というある種深遠なテーマがありますが。

なるようにしかならない。それを無理に変えようとしたらしっぺ返しを喰らう。とかね。


物語シリーズの中では5指に入る面白さですが、テーマ性は薄いです。このアニメだけを見ても面白い、と言いたいところですが、やっぱり前シリーズすべてを見ていないと面白さはわからないでしょうね。途中乗車はできませんアニメです。

残念ながら全部見てください、と言うしかない。でも面白いですよ。猫物語(黒)以外は(笑)。

☆5つ!

八九字ではなく、阿良々木と忍の迷い旅?

投稿者:BEEFジャーキー 2014年07月29日

*****傾物語 全4話みての感想*****
八九字が話の中心にいながらも、
ほとんど阿良々木と忍で、物語は進んでいく…

時間軸的には、猫物語(白)より前。

今回は、なんだかSFっぽい感じ♪



*****以下ネタバレ*****


タイムトラベルに、パラレルワールドに…

阿良々木と忍が、とんでもない世界に迷い込む。


幼い羽川や、幼い阿良々木…
そして、成長した八九字……
なかなか貴重な姿を見れて、嬉しかったかも♪

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA

パラドックス

投稿者:もりちっち 2013年09月08日

統べては自業自得か、果たして世界を救えたたのか暦君、滅ぼすきっかけを作ったんだけど、間抜けな話で、自業自得なんだけどね。

レビューをもっと見る・投稿する