フレイルティー 妄執のクチコミ・レビュー

クチコミ・レビューFilmarks

3.5

観た人
546

観たい人
788

投稿者:まめだいふく 2021年03月06日

 ある男が、信じ難い話をしに警察にやってきた。
 神の名のもとに殺人を犯す父親。父親曰く「人の姿をした悪魔を退治するよう神の啓示を受けた」そうな。そのことを兄は疑い、弟は信じる。その兄弟のすれ違いが、更なる悲劇を生む。果たして父親はおかしくなってしまっただけのか、それともすべて真実なのか……。そして、その話をしに警察にやってきた男は何と……。
 これは引き込まれた。嫌な気分にはなるけど、先の展開が気になって仕方がない。スティーヴン・キングも絶賛している。

 父親役のビル・パクストンが監督も兼ねている。もっと活躍をしてほしかった俳優さん。もうこの世にいないなんて、残念で仕方がない。

投稿者:てつこてつ 2021年02月20日

こういったオカルト心理サスペンスといった分野では、この作品は傑作だと思う。これが俳優ビル・パクストンの初監督作品だとは、とても思えない。

連続殺人の犯人は自分の弟だと、突然FBI捜査官の元を訪れた一人の男。男の話は少年時代に遡る。父と息子二人の三人家族。父はとても優しく頼もしい存在であった。だが、そんな父がある日突然、神の啓示を受けたと兄弟に話し、悪魔が取り憑いた人間を自分たちの手で斧を使い、一人一人手に掛けていかねばならないのだと言う。幼い弟は父の言うがまま連続殺人の手伝いをするが、思春期に差し掛かろうとする兄には道徳的観念から抵抗感を覚えずにいられず・・・。

これは、最初から最後まで目が話せないほどストーリー展開が見事で、最後のオチには唸ってしまった。

役者陣の演技も見事で、父親役を演じたビル・パクストンもさながら、大人になった「兄」役のマシュー・マコノヒーは、アクションや恋愛映画のイメージをひっくり返すような素晴らしい演技。子供時代の兄弟を演じた二人の子役も上手い。

血は全く描写されないのに、スティーブン・キングに「最も恐ろしい映画」と言わしめた評判の偽りなし。

投稿者:りょーこ 2021年01月27日

故ビル・パクストン監督作品

あのビルパクがホラーを撮るとはねぇ~

私のイメージは『コマンドー』か『トゥルーライズ』のへっぽこ男だったので意外(笑)

が、きちんとゾワゾワ恐ろしくて面白かったです♪



"神の手殺人事件"を担当するFBI捜査官ウェズリー。

そこへフェントン(マシュー・マコノヒー)と名乗る男がやって来て、弟アダムが犯人だと告げる。
そして経緯を語り始めた。

彼等兄弟が幼い頃、父親(ビル・パクストン)は神から使命を与えられたらしい。

それは、人間に紛れた悪魔を退治しろというもので……



完全なる善意。

こういうのが一番タチが悪いですよね。
しかも命令してるのは神という。

ん~恐ろしや。。。

マシューの平凡ながら闇が覗く佇まいや、ビルパクの優しい父からの変貌など、キャストが上手くて緊張感も続く!

ネタバレになるのであれこれ書けないけど、こういうオチもまた良しだなぁ~

子役時代の兄弟も可愛かったです(*´ω`*)

サスペンスではなく、あくまでホラーとしてドキドキする、そんな作品でした☆

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA DISCAS

なるほどね

投稿者:ファンファン 2016年10月19日

見終わって、「妄執」ってタイトルになるほどと思いました。まさに 囚われた心、ですね。お父さん、マジ怖かった…。兄のフェントンが可哀想でした。

今見ても面白かった♪

投稿者:ゆーな 2015年04月23日

これ昔にテレビか何かでやってましたかね?
うっすら子供の頃に見た記憶が…オチ前のFBIの人も悪魔なんじゃない?まで覚えてました(笑)
実は弟の方じゃないの?とか他にも色々覚えていたけど、何度観ても面白かった♪

最近のホラーの衝撃映像に物足りなさを感じていましたが(もっと衝撃映像を下さいーーってなってましたw)が、これを見て目が覚めました…衝撃映像がなくったて面白いじゃない!!(●´ω`●)
この作品衝撃的な映像はほとんど無いです。殺す所は斧が振り下ろされる瞬間に場面が変わったり、ナイフの所は洗濯物のシーツの向こうだったり、でも逆にそれが効果的だと感じました。
面白さは「どれだけ引きつけて楽しませてくれるか。」なのかな~!?って思いました。
個人的にはオススメな映画です♪

意外性

投稿者:カプチーノ 2012年12月07日

勝手な思い込みは、捨てなきゃいけないと、本作を観て思いました。
人間心理を上手く突いた作品で、その意外なストーリィ展開が楽しめます。
何の予備知識も持たずに観たのですが、途中までは素直に、
サイコを扱ったドラマなのかなあと思っていたら、とんでもない。意外な方向に物語が展開します。
しかし、そういうことはなく、最初に考えていたことが正しいのだろうと、
やっぱりサイコドラマかなと思っていたら、えっ、サイコではなくて、サイ●●●???
とある人物については、アナタもそんな事をしていたのか!と、映画の登場人物に少し怒りまで覚えてしまいます。
人は見かけによらないと、唖然。書いていると、だんだんネタバレになりそうな気配。
邦題も、間違った方向に考えてしまう原因にもなっています。
この映画の制作者から「何事も先入観を持って見てはいけません。先入観は捨てなさい。」と言われているような。
意外な展開で終わるのですが、観終わった後も、さらにもっと真相には奥があるような、
いろいろ考えてしまう面白いサスペンス映画でした。

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA

どこにあるの

投稿者:homin 2004年02月18日

名古屋市内では どの店でレンタルdvd
があるのでしょうか
さがしてますが みつかりません

ビル・パクストンが頑張った。

投稿者:亮ちゃん 2003年12月10日

『ユージュアル・サスペクツ』みたいです。ホラーのところに置いてあるけど、サスペンスです。何て事ないストーリーですが、演出が上手いです。

レビューをもっと見る・投稿する