シベリア超特急 3 ~60年目の悪夢~のクチコミ・レビュー

クチコミ・レビューFilmarks

2.8

観た人
95

観たい人
34

投稿者:平野レミゼラブル 2021年05月04日

【時をかけるハルオ!超特急と豪華客船を繋ぐ戦争の悲劇とは(棒)】
遂にこの呪力を高める為のGWシベ超縛りの術式も佳境に入って参りました。虎杖が五条に課せられた呪骸持ちながらの観賞スタイルだった場合、既に顔が無為転変食らった人くらいには変形していると思いますが、頑張っていきたいと思います。

いや、でもね、シリーズも『3』まで進んでくると、色々改善も進んでくるんですよ。魅力的な演技合戦は完全に大御所達に任せて棒読みの水野御大をそこに混ぜない、列車はちゃんと揺れる、パフォーマンスパートに元男役トップの大浦みずきを起用したため普通に見応えがあるなどは明確な成長の証でしょう。普通の映画だったら最初から普通に出来て当たり前とか言わない。

シベ超ならではのお約束も外しておらず、冒頭の長回しなんかも過去最長となっていたりとチャレンジ精神を失っていない姿勢にも好感が持てます。まあ何故かドクター中松が出たり、このシーンにいちゃいけないハズの水野御大が見切れているのは相当な違和感ですが、水野御大に関してはどこで出てきてるかわからないレベルだったんで良いんじゃないでしょうか(ヒッチコックオマージュでわざと見切れたという説もある)。ドクター中松はクソ派手な衣装で2回も画面に出てくるんで悪目立ちしますが、別にそれもいいや。

シベ超シリーズのお約束も外しておらず、水野御大がウォッカを飲んで「ウッ…」となる寸劇、相変わらずブッ込む必要性のないどんでん返し、戦争が生む悲劇といった部分は3作目ともなると、「おっ!お約束が来たな!」ってくらいのテンションで受け入れられます。
そして、完全復帰を遂げたぼんちゃんの佐伯大尉ですが、今回も超特急車外ロープアクションを魅せてくれます。今回はちゃんと超特急に走っている感があるのでしっかりと緊迫感がありますし、1作目では敵に食らわせたトンネル衝突の危機に見舞われる洒落っ気も中々効いていて良し。相変わらず、「そんな危ないことせずに扉を蹴破ればいいだろ!!」ってツッコミどころこそありますが、3作目ともなればツッコむ方が無粋ですよね!!

……その後にぼんちゃん自ら扉を蹴破って部屋に入りさえしなければ。

………………

そんな危ないことせずに扉を蹴破ればいいだろ!!


それはさておき、本作は瀬戸内海の豪華客船内で展開される現在パートと、その現在パートの人物が回想する過去にシベリア超特急で山下閣下が解決した殺人事件が平行して進むプロットとなっています。要は現在パートで巻き起こっている殺人事件は、過去のシベリア超特急の事件をなぞらえて展開しているということでして、過去と現在が混在する仕組みはこれまでにない展開で中々挑戦的です。
基本的に「現在パート→過去パート→現在パート」の構成で進むため、棒読みの水野御大はクライマックスの盛り上がる部分には一切関わらないんですね。これが一番革命的で、要は盛り上がる部分から盛り下がる部分を徹底排除するという選択は『シベリア超特急』全体のクオリティを上げる上での一つの「正解」と言って良いでしょう(「水野御大自体を排除するという選択をすれば良いのでは?」というもっともな疑問に対しては「そんなモノは『シベ超』ではない」と断言して端から考えないこととする)。
三田佳子と宇津井健という大御所2人の演技も冴え渡り、一般的な2時間サスペンスくらいの面白さには跳ね上がっていると言えます。実際、全体的な完成度はシリーズで随一と言って良いと思います。

……ただ、それで高評価になるかと言うとそんなワケはなく、また一般的な2時間サスペンスくらいの面白さと言っても、「そんなに面白くない時の」の枕詞はつけざるを得ないので結果的には微妙です。
相変わらず山下閣下がなんでロクに動き回らない内にそこまでわかったのかのロジックには欠けるし、車掌が殺されるどころかダイナマイトまで爆発した(流石に爆発直前で投げ捨てたけど普通に超特急巻き込まれるレベルの爆発が起きてる)のに問題なく列車は走るし。
過去と現代の交差についても、いつも散々直接的に発している「戦争はこんな悲劇まで起こしてしまう。戦争は絶対にやめなければならん」を巧く捻って伝えたなとは思うもののやっぱり押しつけがましくはありますしね。

何と言うか『シベ超』のお約束も入れつつ一般レベルに面白くしようとしたんだけど、結果として一番『シベ超』っぽくないという皮肉な出来の作品になってしまっている気がします。
なんだかんだ3作も観続けていると、〆は三田佳子と宇津井健の美しいラストじゃなくて、雑だし気が抜けるけど水野御大の棒読み台詞じゃないとな!って気持ちに調教されちゃうんでしょうかね……?なんだか自分の中の価値観が悪い方向に変化している気がしますが、次がラストなんで手遅れではないと信じたい……!!

投稿者:大木茂 2019年10月06日

黄色い服着て『ローリングアクション』と発し
長回しのシーンに映っちゃう
MIKE MIZUNO(ヒッチコックオマージュを地でいってるのだ)
大塚千弘ちゃん可愛すぎる
てか一作目から外国人とかレベル高いんだよな

今回は結構話がしっかりしてたな
同じ場面を別視点、マルチスクリーンで見せるのは普通に面白い

フランスではカッカはウンコって意味らしい

「シベリア超特急6 閣下の恋」めっちゃ観たい

投稿者:ヴレア 2019年08月19日

前2作は馬鹿馬鹿しすぎて逆に面白いというもはやカルト的な人気を誇っているが(たぶん)本作は真面目に良い映画を作ろうとしたに違いない。なんか普通につまらない映画です。

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA DISCAS

シベリア超特急3

投稿者:yosa 2008年09月24日

ストーリーが、よくて楽しめた。

とてもとてもおもしろかった

投稿者:滅私奉公 2005年04月06日

前2作に比べてまとも(おとなしめ?)なつくりになっていて、普通に楽しめます。
初っ端や途中にちらほらと笑えるシーンがあり、劇場で観た人達はここで大ウケしたんだろうな~という事が伺えて羨ましくなったりします。

そしてこのシベ超3。
なんと泣けるんですよ!感動するんです!
これにはビックリしました。
メッセージの伝え方も非常に上手になっていて、すんなりと受け止める事が出来ます。
ここまでマトモな映画になってしまうと逆にもの足りなくなる位ですw

成長を感じます

投稿者:藍 2004年08月21日

過去と現在の2つの話がリンクしながら並行して進んでいく構成ですが、とてもよくできあがっていると思います。

1、2と見ましたが水野さんの監督としての成長を著しく感じます。
マニアック(?)な映画で終わらせてはおしいシリーズです。


レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA

レビューを書いてみませんか?

レビューを投稿する