ランナウェイ/逃亡者のクチコミ・レビュー

クチコミ・レビューFilmarks

3.0

観た人
988

観たい人
648

投稿者:まめだいふく 2021年04月11日

 贅沢極まりないほどの豪華キャスト……にしては思っていたより厚みがなかった。けど、シャイア・ラブーフ演じる新聞記者は良かったな。
 ところで、ジムとイザベル、親子というには年が離れすぎていないか?

投稿者:カズキ 2021年03月28日

渋い!
ロバート・レッドフォードが主演兼監督

本作でウェザーマンについて初めて知りました。 実在した過激派だったとは…

投稿者:マサ 2021年03月27日

ロバート・レッドフォード渋いなぁ。ベトナム戦争の時から続く負の出来事から逃れられるのか!それを暴いてくれる役として記者がいるんだけど、どうもその記者が好きになれないんだよなぁ。ずっと事件を背負って逃げ続けていても、自分の心の底にある情には抗えない。

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA DISCAS

なかなか面白い

投稿者:土方歳二 2020年07月25日

良かったです
老人達が過去を清算しようとするのだけど、まだ現役で頑張っている人もいて
やっぱり過去の人と現役では若さに差が出る
そのあたりもうまく演出されている気がしました。

レッドフォードは老けすぎです

投稿者:mn 2019年06月10日

彼らしいまじめな映画ですが、やはり「年寄りの冷や水」で空回りばかりが目立つ役柄や状況の設定が残念です。助演陣がこれだけ豪華でまじめなのはレッドフォードを慕ってのことと、せめてもの慰め。それにしても「普通の人びと」が監督作品としてのピークだったのでしょうか。

豪華キャストにビックリ仰天!

投稿者:趣味は洋画 2018年01月17日

ランナウェイ 逃亡者(2012年アメリカ、カラー122分)

何が凄いって、まあ豪華共演陣のメンバー、これだけ揃えるのはホント凄いと思います。
恥ずかしながら、映画の中身よりもキャストで作品を選ぶ傾向があるので、どうしても最初に目が行ってしまうのです。
ロバート・レッドフォード主演(監督、製作も)。
ジュリー・クリスティ、ニック・ノルティ、クリス・クーパー、シャイア・ラブーフ、スーザン・サランドン、テレンス・ハワード、スタンリー・トゥッチ、ブレンダン・グリーソン、サム・エリオット、
アナ・ケンドリック、リチャード・ジェンキンス、少なくともこの12名は、顔と名前が即刻一致します。

「ウェザーマン」という名前の組織は聞いたことがありますが、この映画を観るまで具体的なことは知りませんでした。ベトナム戦争に反対を唱えた過激派グループだったのですね。

映画は、2011年10月に元ウェザーマンのメンバーだったシャロン・ソラーズ(スーザン・サランドン)が逮捕されたことから動き出す。彼女の古い友人ビリー(スティーブン・ルート)は、かつて世話になった弁護士ジム・グラント(ロバート・レッドフォード)にシャロンの弁護を依頼するが、ジムは拒否する。ジムもかつてはウェザーマンに所属し、今は弁護士として一人娘と生活している。一方、新聞記者のベン(シャイア・ラブーフ)は、シャロン逮捕によって、元ウェザーマンの面々の動きを察知、元恋人でFBI捜査官のダイアナ(アナ・ケンドリック)の協力を得ながら、ジムや、かつてのジムの恋人でありウェザーマンの同志であったミミ(ジュリー・クリスティ)らに迫っていく...。

これだけ有名俳優が出ると、それぞれの役柄が気になるところですが、さすがにレッドフォード監督、上手く起用しています。特にテレンス・ハワードはFBI特別捜査官役がピッタリでしたし、ブレンダン・グリーソンも元刑事役として、ストーリーの鍵となる立ち位置でした。因みにニック・ノルティはレッドフォードの古くからの親友役。

全般的にはスローな展開で悪くはないんですが、チョット盛り上がりに欠ける感は否めません。
それにしても、カマンベールさんの記されているとおり、この邦題、何とかならなかったのでしょうか。

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA

レビューを書いてみませんか?

レビューをもっと見る・投稿する