デス・トゥ・スムーチーのクチコミ・レビュー

クチコミ・レビューFilmarks

3.4

観た人
659

観たい人
582

投稿者:riekon 2021年06月21日

子供番組のキャラクターたちの
お話なのにブラック
R.ウィリアムズが悪いね〜
サイのスムーチー
E.ノートンがなんだか可愛い
アイスショーは子供楽しかったかな❓
D.デヴィートが監督で出演もしてます。

投稿者:kaz 2021年06月14日

ベタだったけど、普通に傑作で笑ったw
子供と一緒に何年も子供番組見てきて
「出演者は裏でふてくされながらタバコ吸ってんだろうな」とか想像してたけど、その斜め上に行ってくれて気持ちよかったです。

エドワード・ノートンの似非バーニーもイイ感じにイラッとするし、アイルランドマフィアのオバちゃんも良かったし、何よりも「新しいパパ」の歌は歴史に残る傑作じゃないかなー

(どうでもいいけど、アイスダンスの振り付けはオリンピックとかに出てたエルヴィスストイコで得した気分)

投稿者:Alice 2021年06月11日

子供番組の大人気スター「レインボー・ランドルフ」が不祥事で番組を降板
急遽代役として抜擢されたのは売れないタレントでサイの着ぐるみを着た「スムーチー」
あっという間に人気者になった「スムーチー」に、次々と魔の手が忍び寄る…という話

エドワード・ノートンが可愛すぎる!
善人の中の善人で、酒も飲まず食べ物も自然食、お金にも全く興味はなく手にした力は全て慈善事業に活かしたいと本気で思っている男
最後までそのキャラでいてくれたのがとてもよかった
ロビン・ウィリアムズの悪役ももちろんよかったけど、ちょっと中途半端なキャラになっちゃったかなー
別キャラ絡んできたりして話がそれてしまってた感がありましたね

でもアイスショーのシーンとエンディングがとても良かったので満足

精神年齢5歳児ボクサーがいいキャラしてました

レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA DISCAS

最高!

投稿者:みむ 2020年01月09日

エドワード・ノートンのキュートな童顔を活かした最高にキュートなブラックコメディ。
不正により子供番組のスターの座を降ろされたレインボー(ロビン・ウィリアムズ)の代役としてスターになったピュアなスムーチー(エドワード・ノートン)を、レインボーの他、マフィアなど裏社会の面々が、既得権益を巡ってあの手この手で引きずり下ろそうと画策します。果たしてスムーチーは、生き馬の目を抜くテレビ業界で、無事に子供番組を維持できるのか…?

ちょっとやそっとの純粋さではなく、徹底して芯の通った"ホンモノの超イイ人"なスムーチーの人物造形が深い。
可愛い顔だけどダーティな役の多い若きエドワード・ノートンが、本作ではキュートな容姿と歌声を思う存分解禁しててなんだか貴重です。
故ロビン・ウィリアムズの悪役も、時に涙をさそう、人間味溢れる充実した汚れ役っぷりです。

可愛く華やかで絶妙にダサい着ぐるみ、音楽、舞台美術などは、秀逸なまでに、子供番組の肝を押さえていて、裏側のテレビ業界やマフィアとのコントラストが笑えます。

隠れた面白名作。

社会

投稿者:ビンス 2011年12月10日

ノートン目当てでレッツラ鑑賞。
じゃなきゃ観ないよねぇ。
ロビンが苦手だもんねぇ。
前半はまだ面白かったんだけどねぇ。
後半つまずくねぇ。
徹底してほしかったねぇ。
このストーリーとしては長いねぇ。
だけど139分もないねぇ。
100分チョイだねぇ・・・・・

ノートンが着ぐるみ。
でもってニコっとスマイル。
その顔が憎たらカワイイ。
アホっぽい刈り上げヘアーも微笑ましい。
エドワード・ノートンって、善に転んでも悪に転んでも、思いっきりソッチ側に見える。
そういう気持ちよさを与えてくれる。
善のときは心底応援したくなるし。
悪のときは心底憎たらしい。
「世界中~」に続いての、見守りたくなるような歌声も披露。

ロビンがキッズのアイドル。
でもってニコっとスマイル。
その顔が・・・殴ったろかい。
ロビン・ウィリアムズって、善に転んでも悪に転んでも、思いっきり悪側に見える。
そういう気持ちよさを与えてくれる(笑)
悪のときは心底憎たらしいし。
善のときは実はもっと憎たらしい。
苦手なんです。
だから出てるなら悪役がベストです。
悪役の方がイイ仕事してると思います。

旨味に感づくのが一番早いのはワルである。
もうず~っと変わることのない定理なんですかね。
華やかな世界の裏側は・・
最近世間でも問題になっておりますが・・・
でもこれって人間なら、誰しもが経験してくること。
学習させられること。
こんな社会の仕組みは、小学校、中学、高校と目の当たりにしてきてる。
それがまた繰り返されているのが社会。
規模はどんどん大きくなるばかり。

地味な不思議映画(キャストは豪華)

投稿者:vanilla coke 2011年11月17日

おすすめ度★★☆☆☆

いまさらレビューです。

初めて観た時から何だか不思議な感覚のあるこの作品、
ジャンルは何かと言われたらサスペンス・コメディーになるのかな?
シニカル&ブラックだけど、痛烈にスパイスがあるわけでもなく、
サスペンスって言っても人がただ殺されるだけ、コメディーとしても素直に笑えるところは見当たらず・・・。
強烈だったのは当時ストーカーキャラが板につき始めていたロビン・ウィリアムスの卑猥なセリフを含めた怪演くらい。

でも悪口ではないんです。
ビデオスルーっていうのはもったいないくらいの作品なので。

でもこういう映画って人を選ぶというか、一般的に観づらい代物だと思うんです。
まるで、流行らない個人の飲食店みたいに壁じゅう短冊メニューがぎっしり貼ってあって、
何が売りたいのかよく分かんない、それで敬遠されてますますダメになるという感じ?
 
キャストは超豪華で、
コメディの大御所、ダニー・デヴィート、
良い人か変人かの境目がこの頃あいまいになりつつあったロビン・ウィリアムス、
ハードあるいはほっこり系のエドワード・ノートン・・・。

んんー、やっぱり何屋さん??って感じの映画だな(・_・;)

ダニー・デヴィートをちょっと持て余しちゃってるような気がする。
ブラックコメディとしていまひとつなのはそのせいかも。

でもあらすじ見ずに観てみると一体なんだ?って感じで楽しめると思います。
決してつまらない映画ではないです。

ミュージカル映画にストーカー、ハードボイルド、サスペンス、コメディ、青春ドラマを少しずつ足したような感じかな。
観てソンはないと思います~。


レビューをもっと見る・投稿する

クチコミ・レビューTSUTAYA

期待はずれ

投稿者:ヒロ 2011年09月13日

ロビンウィリアムズ目当てで見ましたがおもしろくなかったです。

Some Days Are Better Than Others

投稿者:Cafe Europa 2005年02月01日

ノートンとキャスリーン・キーナーのシーンは結構楽しめた。台詞の構成とか彼女のこの作品への貢献度とかを見ているという印象だった(“いるといないとでは”的)。

シュールだなー

投稿者:いーぶる1 2004年02月11日

いつ出るかいつ出るかと待ち望んでいました。エドワード・ノートンファンとしては、まぁ満足かな。こういう映画やっちゃうところが好き。案外かぶりものが似合うのです(笑)内容はブラックですが、それがまた良い。

サラっとエゲつない

投稿者:うらりょん 2004年02月08日

登場するキャラクターそれぞれの意味がハッキリしているので、最後まで安定感はある。E.ノートンは「世界中がアイ・ラブ・ユー」以来の底抜けに好青年なキャラ...、ん〜、好青年というよりも善良なキャラといった方がいいのかな。R.ウィリアムズは人間クサいキャラ。完全なる悪ではない。明るいテレビショーの場面と裏で繰り広げられる生々しい会話がブラックな部分を巧く引き立ててくれている。ジャンルとしてはブラック/サスペンス・コメディだけど、ちょっとそれだけには収まらないかも。

レビューを投稿する